レンドール・ムンロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レンドール・ムンロー
基本情報
本名 レンドール・ムンロー
通称 The Binman(清掃員)
2 Tone
階級 スーパーフェザー級
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1980-06-01) 1980年6月1日(38歳)
出身地 レスター
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 27
KO勝ち 11
敗け 4
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

レンドール・ムンローRendall Munroe1980年6月1日 - )は、イギリスの元プロボクサーレスター出身。元BBBofC英国フェザー級王者。元BBBofCイングランドスーパーバンタム級王者。元EBU欧州スーパーバンタム級王者。元WBAインターナショナルスーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

2010年10月24日、両国国技館で、WBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃と対戦し、7回に右頬から出血するなどしつつ12回の最終回までストップに持ち込ませなかったが、ジャッジは3者ともに119-109であり王者西岡の圧勝に終わった[1]

2012年11月24日、マンチェスター・アリーナで前回負傷引き分けで勝負が着かなかったスコット・クィッグとダイレクトリマッチ、6回2分37秒のTKO負けで王座獲得はならなかった[2]

2014年4月19日、ジョシュ・ウォリントンの持つコモンウェルスイギリス連邦フェザー級王座に挑戦するがムンローの7回終了時棄権により王座獲得に失敗、試合後に2度目となる引退宣言をした[3]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西岡文句なしのV5 最強の刺客に圧勝 WBC世界S・バンタム級戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年10月24日
  2. ^ キグとマーレイが快勝 英国の2暫定決定戦 ボクシングニュース「Box-on!」 2012年11月27日
  3. ^ Boxing: Tearful Rendall Munroe decides to retire after defeat at Manchester Arena”. Leicester Mercury (2014年4月21日). 2014年4月21日閲覧。

関連項目[編集]