レンブラント光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

夏のレンブラント光線
のレンブラント光線

レンブラント光線(れんぶらんとこうせん)とは、レンブラント(Rembrandt Harmensz. van Rijn 1606年7月15日-1669年10月4日)が好んで描いたの切れ間から落ちる光芒が地上放射状に降り注ぐ太陽光線のこと。その結果、絵画表現上においては、コントラストが強くなり、の当たる部分との部分との対比を強調され非日常的な雰囲気や宗教的な神々しさを表現することに成功した。

目次

発生条件

積層雲層雲乱層雲巻積雲高積雲積乱雲などの雲の発生が必須。

季節

特に空気の澄んだ、からにかけ見られることも多いが、条件が整えば季節を問わず見ることができる。

時間

太陽の角度が低くなる早朝および夕方に多く見られる。

その他

  • ヤコブの梯子天使の梯子など、さまざまな呼称がある。
  • 晩年の開高健が、しばしばテレビなどで好んでこの言葉を口にした。

ギャラリー


ウィキメディア・コモンズ

話題の記事9時更新

今日は何の日(4月24日

もっと見る

「レンブラント光線」のQ&A