レーイトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

レーイトス古希: Λήϊτος, Lēïtos)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してレイトスとも表記される。アレクトリュオーン[1]、あるいはアレクトールの子[2]、あるいはイトーノスの子エーレクトリュオーンの子[3]、あるいはラクレトスとクレオブーレーの子で、クロニオスと兄弟ともいわれる[4]。一説にレーイトスはスパルトイであるという[5]アルゴナウタイの1人で[2]ヘレネーの求婚者の1人[6]

トロイア戦争では、ペーネレオース、アルケシラーオス、プロトエーノール、クロニオスとともにギリシア軍におけるボイオーティア地方の武将の1人で[7]、12隻の軍勢を率いた[4]。レーイトスはピュラコスを討ったが、ゼウストロイアの味方をしてアイギスを振りかざしたとき、ヘクトールに手首を傷つけられて戦場から退いた[1]。戦後、レーイトスはボイオーティアの武将として唯一生き残り[8]、帰国後、持ち帰ったアルケシラーオスの遺骨をヘルキュナ河畔に葬った[9]。レーイトス自身の墓はテーバイにあったという[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『イーリアス』17巻。
  2. ^ a b アポロドーロス、1巻9・16。
  3. ^ シケリアのディオドロス、4巻67・7。
  4. ^ a b ヒュギーヌス、97話。
  5. ^ エウリーピデースアウリスのイーピゲネイア』。
  6. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  7. ^ 『イーリアス』2巻・494行-495行。
  8. ^ a b パウサニアス、9巻4・3。
  9. ^ パウサニアス、9巻39・3。

参考文献[編集]