レーザーディスクプレーヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レーザーディスクプレーヤーは、レーザーディスクを再生するための光学式ビデオディスクプレーヤーである。

目次

機種一覧[編集]

パイオニア(現:オンキヨー&パイオニア)製[編集]

LD専用機[編集]

1世代 ヘリウムネオンガスレーザーを使用した初期のプレーヤー。

  • LD-1000 1981年10月発売、初代LDP第1号機。定価:228000円。本体表記はLASER DISC PLAYER。
  • LD-200 1981年11月発売、LD-1000ベースの教育用LDPリモコンケーブル式、接続端子:映像:アナログコンポジット映像出力1系統(RCA1系統) 音声:アナログステレオ音声出力1系統(RCA1系統) RF出力(F型コネクタ) RF入力(F型コネクタ)
  • LD-600 1982年9月発売、LD-1000の下位モデル。映像出力がRCA端子ではなくF型コネクタである。LD-1000からオートリジェクト、ランダムアクセス、オートマチックピクチャーストップ機能とワイアレスリモコンを省いた機種。定価:149800円。本体表記はVIDEO DISC PLAYER。

2世代 ヘリウムネオンガスレーザーから半導体レーザーに変更された。

  • LD-7000 1983年5月発売 レーザーディスクプレーヤーの三代目、初の半導体レーザーディスクプレーヤー。初のフロントローディングプレーヤー。MSX(ER-101を取り付けたMSXまたは、Palcom PX-7,PX-V7,PX-V60)と接続してレーザーディスクゲームを使用することが可能。定価199,800円。CMキャラクターは羽賀研二。本体表記はVIDEO DISC PLAYER。
  • LD-V500 1984年1月発売 LD-7000をベースにした教育等モデル。
  • LD-7000(BK) 1984年4月発売 LD-7000のブラックモデル。
  • LD-5000 1984年6月発売 定価:169800円

3世代 デジタル音声付ディスクに対応。 この世代からVHDとの差別化を図るため本体表記がLASER VISION PLAYERとなった。

  • LD-7100 1985年7月発売、定価:149800円
  • LD-5100 1985年8月発売、定価:119800円
  • LD-8100 1985年9月発売、定価:159800円
  • LD-X710 1985年10月発売 横幅360mmのコンパクトサイズ。
  • LD-9200D 1986年5月発売、定価:129800円 デジタルサウンドプロセッサーを内蔵・
  • LD-7200 1986年10月発売、定価:99800円
  • LD-8200D 1986年11月発売、定価:119800円

4世代 デジタルメモリを搭載し、CLVディスクでもコマ送りが可能になった。

  • LD-S1 1986年11月発売。当時の最高級機でありフルアナログ処理のLDPとしての最高級機でもある。フルフローティングディスクドライブメカニズムや、ツイントランス、AV独立電源などを採用。CLVコマ送り用デジタルメモリ初搭載、LDのデジタルオーディオを4倍オーバーサンプリングしてD/A変換出力する。接続端子:映像:アナログコンポジット映像出力2系統(RCA2系統) 音声:アナログステレオ音声出力2系統(RCA2系統)定価25万円
  • LD-7700S 1987年11月発売、標準価格:138,000円。高画質8ビットデジタルメモリー、リファレンスシフトTBCサーボ、ジョグ&シャトルダイヤルを搭載し多彩なトリックプレイを実現。
  • LD-W1 1988年4月発売 定価22万円。世界で唯一LD2枚4面連続再生可能なLDプレーヤー。本体表記はLD PLAYER。

5世代 デジタルビデオプロセッシングシステムを搭載。

  • LD-K5 標準価格119,800円。レーザーカラオケプレーヤー。本体表記はLD PLAYER。
  • LD-X1 1989年12月発売 当時の最高級機。LD-S1のフルアナログ処理に対しLD-X1は、フルデジタル処理。映像S/N52dB水平解像度425本ニューアキュアフォーカスシステム搭載、デジタルビデオプロセッシングシステム、デジタルTBC、デジタルY/C分離、デジタルカラーノイズリダクションシステム、リニアモーターDD.方式高速ピックアップ駆動メカニズム、ダイレクトコンポジット出力非搭載。 1989年発売、定価:400000円

6世代 デジタルビデオプロセッシングシステムが3D化されより高度な補正が可能となった。

  • LD-S9 1996年発売。最後のLD専用機。HR3次元デジタルメモリ。定価180,000円。

業務機

  • LD-V10
  • LD-V16
  • LD-V17
  • LD-V18T
  • LD-V800
  • LD-V520
  • LD-V540
  • LD-V1003
  • LD-V1010

海外モデル

  • LD-1100 1983年5月発売 LD-1000の海外向けモデル。当初西ドイツで販売された。
  • LD-660 LD-600の海外向けモデルでありLD-1100の下位モデルでもある。映像出力がRCA端子ではなくF型コネクタである。
  • LD-700 LD-7000の海外向けモデル

Hi-Vision LD,LDコンパチブル機[編集]

  • HLD-1000
  • HLD-X0 1989年発売。ボディーを2重の密閉構造とした最高級機、4×3ディメンション・ビデオ・プロセッシングシステム、670スーパーアキュフォーカス、オーディオ・クロック・リファレンス、サイレントクーリング、3次元YNR、3次元CNR、3次元VNR他●Y/C分離回路:3次元(総合16Mビット)●接続端子:コンポジット映像出力2系統(RCA1系統、BNC1系統)、S映像出力2系統、デジタル音声出力3系統(STリンク/トスリンク/同軸)、アナログ音声出力2系統、AC-3RF出力1系統、MUSE出力2系統●寸法/質量W460×H217×D479mm/36kg定価80万円
  • HLD-X9定価35万円

CD,LDコンパチブル機[編集]

1世代

  • CLD-9000 1984年9月発売、初のCD,LDコンパチブル機デジタルオーディオ初搭載当時の高級機。接続端子:映像:アナログコンポジット映像出力1系統(RCA1系統) 音声:アナログステレオ音声出力2系統(D/A変換済みデジタルオーディオ併用金メッキRCA1系統、アナログ専用RCA1系統) RF出力(F型コネクタ) RF入力(F型コネクタ) 重量16Kg定価:249800円
  • CLD-7 1986年1月発売、定価:158000円 パイオニアの機種ではじめて水平解像度400本に達し、その高画質が宣伝された。
  • CLD-70 1987年2月発売、定価:148000円 1987年6月CDVに対応。

2世代 デジタルメモリを搭載しコマ送りが可能に、1つのピックアップでCDとLDを再生可能になった。

  • CLD-99S 1987年10月発売 4倍オーバーサンプリングデジタルフィルター搭載 定価:158,000円
  • CLD-77 1987年11月発売、CLD-99Sからデジタルメモリーとジョグシャトルダイヤルを省いた機種。標準価格:129800円。当時発売されていた8cmCDを使用するためにはアダプターJB-CLD1(500円)が必要だった。また、レーザービジョンマルチプレックスアダプターSRF-2(19,800円)を使用することにより音声多重テレビでアナログ音声をRF端子経由でステレオ再生可能。

3世代 αターンメカを搭載し両面再生が可能になった。

  • CLD-970 1988年10月発売、両面再生機。幅420mm 高さ130mm 奥行き477mm 重量11.4kg、定価:173,800円(188,000 円)、CLD-770の上位モデル。
  • CLD-770 両面再生機。定価:158,000円、1988年発売、幅約430mm、奥行460mm、CLD-970の下位モデル
  • CLD-100 1989年5月発売 とんねるずのCMで有名なLDP。16Bit・4倍オーバーサンプリングDAC搭載。定価:79,800円

4世代 デジタルTBCを搭載した。

  • CLD-909 1989年10月発売、両面再生機。開閉式パネルが故障しやすいことで有名。幅450mm 高さ130mm 奥行き425mm 重量13.5kg、定価:168,000円CLD-9シリーズ
  • CLD-303 両面再生機。
  • CLD-500 CLVディスクでのトリックプレイに対応させたデジタルビデオメモリーを搭載。リモコンと本体にジョグ/シャトル装備。定価:125,000円
  • CLD-110 CLD-100の後継機。1Bit・ΣΔ型D/Aコンバーター搭載、S出力端子、および光デジタル出力端子を装備。幅420mm 高さ122mm 奥行き436mm 重量8.1kg、定価:69,800円
  • CLD-X919 レーザーシステム「WAVE 919」を構成するコンパチブルプレーヤー。

5世代

  • CLD-313 1990年10月発売 αターンメカを採用した両面再生機としての廉価機。1Bit・ΣΔ型D/Aコンバーター搭載、リモコンにシャトル装備。定価:90,000円
  • CLD-616 1990年11月発売、上記のCLD-313を基本にCLVディスクでのトリックプレイに対応させたデジタルビデオメモリーを追加した中堅クラスの両面再生機。リモコンにジョグ/シャトル装備。幅456mm 高さ132mm 奥行き439mm 重量11.8kg、定価:118,000円
  • CLD-919 1990年11月発売、両面再生機としてのフラグシップ機。バーブラウン社製20Bit・8倍オーバーサンプリングD/Aコンバーター搭載、 デジタルNR付き、デジタルTBC搭載機、ダイレクトコンポジット非搭載、幅456mm 高さ148mm 奥行き439mm 重量14.0kg、定価:188,000円 CLD-9シリーズ

6世代

  • CLD-939 1991年11月発売 標準価格240,000円 959の下位モデル。しかしDACの性能は、959を上回る。フィリップス製1BitD/Aコンバーター「DAC7(TDA1547)」搭載、レガートリンク非搭載、幅440mm 高さ170mm 奥行き440mm 重量16.3kg CLD-9シリーズ
  • CLD-737 1991年発売、ハイスピードαターンテーブルメカ両面再生機。自社開発のオリジナル1BitD/Aコンバーター「ハイスピード・パルスフロー」搭載。基本的にCLD-616の後継機であるがセンターメカニズムは採用されていない。幅440mm 高さ137mm 奥行き434mm 重量9.2kg、定価:125,000円
  • CLD-535 1991年発売 標準価格95,000円 両面再生機。基本的にCLD-313の後継機であるがこちらもセンターメカニズムは採用されていない。
  • CLD-01 1992年5月発売定価:69,800円

7世代

  • CLD-959 1992年9月発売、両面再生機。高級機アルミダイキャストアンダーシャーシー総アルミ仕上げ、ダイレクトコンポジット出力搭載、8bitデジタルビデオメモリー搭載、レガートリンクコンバージョン搭載、DAC部分に左右独立フィリップス1BitD/Aコンバーター採用、αターン方式両面再生機能、A面、B面連続のプログラム再生、デジタルTBC、NEWアドバンスドフルデジタルプロセッシングシステム定価25万円、大きさ、幅44.0cm 高さ17.3cm 奥行き45.2cm重さ:16.5㎏、CLD-9シリーズ
  • CLD-757 1992年9月発売 両面再生機。疑似的に約40kHzまでの高調波成分をデジタル処理で生成し、再生時に音声に付加させるレガート・リンク・コンバージョン、および1bit「ハイスピード・パルスフロー」D/Aコンバーター搭載。8.8kg、定価:137,000円
  • CLD-555 1992年9月発売 1bit「ハイスピード・パルスフロー」D/Aコンバーター搭載、CDV対応、半導体レーザー(波長780nm)、消費電力:約30W、S映像出力×1系統(S端子)、ビデオ出力×2系統(黄色ピン)、音声出力×2系統(赤白ピン)、寸法(約):(幅)420x(奥行)435x(高さ)135mm重量:約8.6kg
  • CLD-A100 1993年8月発売。定価89,800円。レーザーアクティブ
  • CLD-07G 1993年9月発売 両面再生 デジタルメモリー機能搭載 ダイレクトCDトレイ装備W440XH140XD434mm 重量8.7kg定価:150,000円
  • CLD-05 1993年9月発売
  • CLD-02 1993年9月発売 W420×H390×D122mm 7.1kg

8世代以降

  • CLD-HF9G 1994年9月発売、CLDシリーズ最後の高級機、D.V.P.システムによるフルデジタル・プロセッシング技術、レガート・リンク・コンバージョン、3次元Y/C分離回路搭載。デジタル音声特性 周波数特性4Hz~20KHz(再生可聴周波数帯域4Hz~40KHz)、S/N117dBダイナミックレンジ99dBワウ・フラッター±0.001%W・PEAK(測定限界以下)映像映像S/N52dB水平解像度425本入出力端子、映像出力端子ピンジャック:金メッキ(2系統)1Vp-p(75Ω負荷時、同期負)S映像出力端子ミニDIN4ピン:金メッキ(2系統)Y:1Vp-p(75Ω)C:286mVp-p(75Ω)音声出力端子ピンジャック:金メッキ(2系統)200mVrms(1kHz、40%)デジタル出力端子光伝送・同軸200mVrms(1kHz、-20dB)AC-3・RF出力 ピンジャック消費電力36W幅440mm 高さ144mm 奥行き432mm 重量10.2kg定価:170,000円
  • CLD-HF7G 1994年9月発売、両面再生機。CLD-HF9Gの下位モデル。CD-G LD-G対応、幅420mm 高さ140mm 奥行き432mm 重量8.7kg、定価:110,000円
  • CLD-C1 1994年9月発売
  • CLD-Z1 1994年10月発売 定価39,800円
  • CLD-R6G 1996年発売、両面再生機。幅440mm 奥行き132mm 高さ405mm 重量6.7kg、定価:72,000円
  • CLD-R5 1996年9月発売、両面再生機。最低級機ダイレクトコンポジット非搭載、■ドルビーデジタル(AC-3)対応の豊富なAV出力端子装備。最新映画館の迫力音響システムを手軽にエンジョイ。■ ε(イプシロン)ターンメカ採用のハイスピード画面連続再生モデル。■ ワイド画面でもクッキリ映像のファインワイドを搭載。 ■ 2モードのつづき再生が可能。■ システムアップに便利なAV出力2系統、S端子2系統を装備。幅420mm 奥行き132mm 高さ405mm 重量6.4kg 2009年まで生産が継続され、最後に生産されたLD再生機器のひとつ。2017年まで修理部品をメーカーが保有し、以降は部品在庫限りで修理対応がなされた。
  • CLD-R4 1995年発売、両面再生機。幅420mm 奥行き132mm 高さ405mm
  • CLD-R7G 1997年発売、LD/CDコンパチブルプレーヤー CD/シングルCD/CDV/VSD/LD(30cm)/LD(20cm)/LDシングル(20cm)対応、幅420mm 奥行き138mm 高さ402mm 重量6.9kg、定価:85,000円

その他

  • CLD-995 幅420mm 奥行き430mm 高さ110mm、AC 100Volts、50/60Hz、42Watts
  • CLD-360 標準価格110,700円(税別)全幅360mmのミニコンサイズ。
  • CLD-C3
  • CLD-C5G
  • CLD-F7 標準価格118,000円
  • CLD-F1 標準価格79,800円
  • CLD-200 標準価格69,800円
  • CLD-P2
  • CLD-E200
  • CLD-E140
  • CLD-E110
  • CLD-V1008
  • CLD-AK700
  • CL-7700S

レーザーカラオケ対応機

  • CLD-K88G
  • CLD-K700
  • CLD-K77G
  • CLD-K1100
  • CLD-K8 標準価格168,000円
  • CLD-K600
  • CLD-K80
  • CLD-K800
  • CLD-K22G
  • CLD-K55G
  • CLD-K1000
  • CLD-K50
  • CLD-K99V

CD,LDコンパチブル機搭載ミニコンポ[編集]

WAVE

  • WAVE 700 1987年発売 標準価格279,800円 コンパチブルプレーヤー、デッキ、アンプ、チューナー、スピーカー、リモコンがセットとなったミニコンポ。
  • WAVE 700TV 1987年発売 標準価格339,800円 WAVE700に15型テレビをセットしたミニコンポ。
  • CL-X70 1988年発売 標準価格186,000円 チューナー、アンプ、デッキ、コンパチブルプレーヤー、プログラマブルリモコンがセットとなったミニコンポ「WAVE S70」
  • CL-X90 1988年発売 標準価格245,000円 チューナー、アンプ、デッキ、コンパチブルプレーヤー、プログラマブルリモコンがセットとなったミニコンポ「WAVE S90」

private

  • X-L7  1991年発売 標準価格193,000円 チューナーコントロールアンプ、パワーアンプ、デッキ、コンパチブルレーザーディスクプレーヤー、スピーカーシステム、リモコンがセットとなったミニコンポ「private L7」
  • X-L1 1991年発売 標準価格118,000円 デッキアンプ、CLDチューナー、スピーカーシステム、リモコンがセットとなったミニコンポ「private L1」
  • X-L50 デッキアンプ、CLDチューナー、スピーカー、リモコンがセットとなったミニコンポ「private L50」
  • X-AV7 1994年発売 サウンドフィールドプロセッサー、チューナーアンプ、デッキ、コンパチブルプレーヤー、スピーカー、リモコンがセットとなったミニコンポ「private AV7」
  • X-AV3 1994年発売 標準価格108,000円 CLDデッキレシーバー、スピーカー、リモコンがセットとなったミニコンポ「private mini」
  • X-AV70 1995年発売 標準価格188,000円 両面再生対応コンパチブルプレーヤーがセットとなったミニコンポ「private AV70」

DVD兼用機[編集]

  • DVL-9 1996年発売。初のDVD再生兼用機で、初のDVDプレーヤーと同時期の製品。
  • DVL-909
  • DVL-919 1998年発売。DVD、LD、LD-G、ビデオCD、CDV、CDに対応。2009年まで生産され、レーザーディスクの再生機器として最後まで生産された機種のひとつ。2017年まで修理部品をメーカーが保有し、以降は部品在庫限りで修理対応がなされた。
  • DVL-H9 1998年発売。DVD兼用の高級機。

レーザーカラオケ対応機

  • DVK-900 1998年発売。DVD、LD、LD-G、ビデオCD、CD対応。アンプとスピーカーを搭載し、レーザーカラオケ向けに多様な音声出力機能を搭載。2009年まで生産された最後のレーザーディスク再生機器のひとつ。2017年まで修理部品をメーカーが保有し、以降は部品在庫限りで修理対応がなされた。
  • DVL-K88 1998年発売。DVD、LD、LD-G、ビデオCD、CD、CD-G対応。エンターテイメント性に富み、各種メディアのカラオケに対応した歌唱採点機能などを搭載している。2009年まで生産された最後のレーザーディスク再生機器のひとつ。2017年まで修理部品をメーカーが保有し、以降は部品在庫限りで修理対応がなされた。

ソニー[編集]

LD専用機[編集]

  • LDP-150 ソニー初のLDプレーヤー。愛称はLasermax。PIONEER LD-7100のOEM機。
  • LDP-505 ソニー初の自社製プレーヤー。標準価格159.800円 1985年グッドデザイン賞
  • LDP-515 標準価格145.000円。デジタルサウンド対応のデジタルターミナル搭載。デジタルサウンドプロセッサーDSP-501の接続が可能。LDP-505からカラオケ機能を省いた機種。
  • LDP-525
  • LDP-550
  • LDP-900
  • LDP-750

Laser1シリーズ

  • LDP-730 標準価格139.800円
  • LDP-530 標準価格119.800円
  • LDP-330 標準価格 96,000円
  • LDP-330LC 標準価格 96,000円 別売のCDプレーヤーCDP-330(標準価格51,800円)のD/AコンバーターをLDのデジタル音声再生に活用するシステム。愛称は「レーザーコンポ330」

Hi-Vision LD,LDコンパチブル機[編集]

  • HIL-C1 標準価格600,000円 1993年グッドデザイン賞
  • HIL-C2EX 1994年11月発売。標準価格298,000円 HIL-C1になかったフレームメモリー搭載によるCLVディスクの静止画機能および両面自動再生機能を搭載。さらにNTSC方式でも3次元Y/C分離機能を搭載。
  • HIL-1000

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LDP-250CD 標準価格249,800円 パイオニアCLD-9000のOEM
  • MDP-V70G
  • MDP-A10
  • MDP-111 標準価格88,000円
  • MDP-K1
  • MDP-601 映像:アナログコンポジット映像出力1系統(金メッキRCA2系統) 音声:アナログステレオ音声出力2系統(金メッキD/A変換済みデジタルオーディオ、アナログオーディオ併用) RF出力(F型コネクタ) RF入力(F型コネクタ)

Laser1シリーズ

  • MDP-201 1987年発売。CDV再生対応
  • MDP-801 1987年発売。CDV再生対応
  • MDP-AV1 1987年発売。CDV再生対応
  • MDP-9 標準価格149,800円 LDトレイとCDトレイが別々に搭載され、LDとCDの同時再生が可能。愛称はLaser1 CD&LV
  • MDP-11 1988年発売。標準価格129,800円
  • MDP-K3 標準価格108.000円 1991年グッドデザイン賞
  • MDP-290
  • MDP-605
  • MDP-405
  • MDP-555F
  • MDP-455 標準価格69,800円
  • MDP-455SA 標準価格79,800円
  • MDP-555SA 標準価格95,000円
  • MDP-911 1988年発売。標準価格220,000円。MDP-999の1世代前の機種。3ライン型ダイナミックくし形フィルター搭載。
  • MDP-711 1988年発売。標準価格145,000円
  • MDP-601 1988年発売。
  • MDP-U3 標準価格89,800円
  • MDP-K15 標準価格155,000円
  • MDP-K5 標準価格99,800円
  • MDK-77P/77A
  • MDP-999 1990年2月21日発売。事実上のソニー製最高級LDP。MDP-911をベースに強化した機種。2重構造シャーシ(大型モノコック”Gシャーシ”と10kgにも及ぶ、4重構造のアンダーシャーシ)真鍮削り出し大型インシュレーター(モーター直下を含む5箇所)(LD、CDそれぞれに特化したモーターを採用)デジタル回路、ビデオ回路、オーディオ回路を独立、大型のオーディオ専用トランス、350kHz以上のオーバーサンプリング機能、45bit演算処理ノイズシェーディングデジタルフィルター、重量30kg。定価280,000円
  • MDP-A1 1993年発売。標準価格89.800円 1993年グッドデザイン賞
  • MDP-RS10 1994年1月発売。標準価格69,800円 Cクイック・リバースによる高速反転機能搭載。
  • MDP-RC20 1994年5月発売。標準価格89,800円 クローズド・キャプション・デコーダー内蔵。
  • MDP-A2 1994年3月発売。標準価格89,800円 デジタルメモリーによる早見機能搭載。
  • MDP-333
  • MDP-U50G 標準価格99,800円

CD,LDコンパチブル機搭載ミニコンポ[編集]

  • LBT-V1000MD 標準価格198,000円 マルチディスクプレーヤー、AVアンプ、タイマーチューナー、Wカセットデッキ、学習機能付きリモコンがセットとなったミニコンポ「Liberty LAV(LASER AUDIO VIDEO)」

ヤマハ(当時:日本楽器製造)製[編集]

LD専用機[編集]

  • LV-X1 1985年発売。レーザーディスクプレーヤーとしてはじめて水平解像度400本台に達した。定価98,000円
  • LV-X1 DIGITAL 1986年発売。LV-X1にデジタルオーディオ搭載した機種。
  • LV-1000D

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • CLV-1 定価138,000円
  • CDV-1000 1987年発売。定価119,800円
  • CDV-1600 1988年11月発売。
  • CDV-2000 1988年12月発売。標準価格203,000円
  • CDV-100 標準価格89,800円

NECホームエレクトロニクス製[編集]

LD専用機[編集]

LaserVision

  • VP-L800 1985年発売。標準価格159,800円
  • VP-LS100

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • VP-L910CD
  • VP-L960CV
  • VP-L970CV 標準価格146,000円 両面自動再生機能、ジョグダイヤル搭載機。
  • VP-LK3 標準価格99,800円
  • VP-LS300 1994年発売。標準価格39,800円。つづき再生機能&あらすじ再生機能搭載。
  • PCE-LD1 1993年12月発売。定価89,800円。レーザーアクティブ PIONEER CLD-A100のOEM機。別売のPCエンジンパック(標準価格39,000円)とのセット(LD-ROM2システム)でも発売されていた。

東芝[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • XR-L8D
  • XR-L20D 1994年発売。標準価格39,800円 PIONEER CLD-Z1のOEM機。
  • XR-LW77 標準価格168,000円

レーザーカラオケ対応機

  • XR-LK5 1989年発売。オーレックスブランドより発売されたCD、CDV、LDコンパチブルプレーヤー。通常再生モードの他、専用のカラオケモードを搭載。標準価格 税別125,000円
  • XR-LK60

TV一体型CD,LDコンパチブル機[編集]

  • WIDE BAZOOKA 24WL20 1994年発売。標準価格220,000円 1994年グッドデザイン賞

パナソニック(当時:松下電器産業)製[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LX-200 標準価格49,800円
  • LX-300 1988年8月発売。標準価格150,000円 初のS端子搭載機
  • LX-1000 1990年8月発売。標準価格170,000円
  • LX-X1000 1990年9月発売。標準価格190,000円 AV特販専売機
  • LX-101 1991年4月発売。標準価格69,800円
  • LX-900 1992年8月発売。標準価格135,000円
  • LX-600 1993年3月発売。
  • LX-H170 1994年7月発売。標準価格49,800円
  • LX-H670 1994年9月発売。標準価格74,800円
  • LX-H180 1995年9月発売。

三洋電機[編集]

LD専用機[編集]

  • SLV-J1 1988年8月発売。標準価格138,000円。世界初の両面再生機構「JET TURN」搭載。愛称は「Levin」
  • SLV-J2 標準価格118,000円。SLV-J1からデジタルビデオメモリーを省略し、カラオケ機能を追加した機種。SLV-J1同様に世界初の両面再生機構「JET TURN」搭載。愛称は「Levin」

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • SLV-M1 JET TURN搭載 1988年グッドデザイン賞
  • SLV-M2 標準価格110,000円

CD,LDコンパチブル機搭載ミニコンポ[編集]

  • WO15LV

AIWA[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LV-X310 1994年11月発売。標準価格38,800円。思い切った低価格を実現したCD/LDコンパチブルプレーヤー。再生途中で止めても、簡単に続きのシーンが見られるラストメモリー、マルチイントロスキャン機能などを搭載。音声部のD/A変換方式は1ビットタイプ。

ティアック[編集]

愛称はLASER MATE

LD専用機[編集]

  • LV-1000
  • LV-1200
  • LV-1700DS

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LV-2000 標準価格79,800円
  • LV-2200K 標準価格99,800円
  • LV-2300
  • LV-2500
  • LV-2600
  • LV-9000 標準価格168,000円
  • LV-5000DS
  • LV-5000W
  • LV-5700DS
  • LV-3000V
  • LV-7000V
  • LV-8000V 1988年10月発売。標準価格158,000円

SHARP[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LD-V950
  • MV-D50
  • MV-D100 標準価格150,000円。業界初のCDマルチプレイ機能。CD3枚を同時にセットしオートチェンジャーとして動作した。

日立製作所[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • VIP-30C パイオニアCLD-9000のOEM機。
  • VIP-X5 標準価格79,800円
  • VIP-KX10 標準価格99,800円
  • VIP-RX3 1994年11月発売。標準価格39,800円 
  • VIP-RX8 「ダイレクトCDトレイ」方式採用マルチディスクプレーヤー
  • VIP-RZ9 標準価格79,800円。新デジタル映像信号処理LSIの搭載と両面再生メカで、高画質な映像と簡単操作を実現。

LASERS

  • VIP-SX55 標準価格119,800円

DENON[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LA-1600C 標準価格146,100円。別売のCOLUMBIA製カラーテレビT-214Lとのセットで「AV SYSTEM DENOX」
  • LA-300C 標準価格79,800円
  • LA-3500G 1993年2月発売。標準価格175,000円
  • LA-100C
  • LA-500C
  • LA-1000K
  • LA-1300K(松下OEM)

KENWOOD[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LVD-07 高級ミニコンポ ESPACE VX9を構成するコンパチブルプレヤー。
  • LVD-05 標準価格89,800円 高級ミニコンポ ESPACE 8(ウィット)を構成するコンパチブルプレヤー。
  • LVD-9E 標準価格120,000円 ミニコンポ ROXY DG66LDを構成するコンパチブルプレヤー。
  • LVD-700 1990年発売 標準価格99,800円
  • LVD-300 1990年発売 標準価格69,000円
  • LVD-280 1994年10月発売。標準価格55,000円
  • LVD-930R 1994年11月発売。標準価格138,000円
  • LVD-Z1

CD,LDコンパチブル機搭載ミニコンポ[編集]

ROXY

  • ROXY J9LD 標準価格263,000円 コンパチブルLDプレヤー、デッキ、アンプ、グライコ、チューナー、スピーカー、リモコンがセットとなったミニコンポ「LASER ROXY」
  • ROXY V5LD 標準価格189,800円 コンパチブルLDプレヤー、デッキ、アンプ、チューナー、グライコ、スピーカー、3DバーチャルCD、リモコンがセットとなったミニコンポ。

日本マランツ[編集]

LD専用機[編集]

  • LV100
  • LV101

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • LV-1CD 1985年発売。パイオニアCLD-9000のOEM機。標準価格249,800円
  • LV-10CD
  • CDV770 1988年発売 標準価格180,000円 CD VIDEO PLAYERとして発売され、本体にLVマークの表示のない機種。コマンドマスターと呼ばれる巨大なリモコンが付属した。
  • CDV570 1988年発売 標準価格138,000円 CD VIDEO PLAYERとして発売され、本体にLVマークの表示のない機種。コマンドマスターと呼ばれるリモコンが付属した。
  • CDV390 標準価格75,000円
  • CDV690 標準価格108,000円
  • CDV780 標準価格164,000円

McIntosh製[編集]

LD専用機[編集]

  • MLD-7020 標準価格450,000円

赤井電機[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • DP-L1000 1987年10月発売。標準価格158,000円

山水電気[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • CL-V3000
  • CL-900XV

ラックス[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • V-007 ALPINE/Luxmanブランドで発売された


オンキヨー[編集]

CD,LDコンパチブル機[編集]

  • ML-300X システムコンポ「Liverpool」コンセプトに合わせ発売された。

参考文献[編集]

  • 季刊サウンドレコパル 1994-1995 WINTER '94 オーディオ&ビジュアル全カタログ
  • Lo-Dオーディオ総合カタログ'95-4
  • NEC VA総合カタログ'92-7
  • SONY 高画質カタログ'85-1
  • PIONEER LDカタログ'87-9