ロイシン-2,3-アミノムターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ロイシン-2,3-アミノムターゼ
識別子
EC番号 5.4.3.7
CAS登録番号 59125-53-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ロイシン-2,3-アミノムターゼ(Leucine 2,3-aminomutase、EC 5.4.3.7)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

(2S)-α-ロイシン\rightleftharpoons(3R)-β-ロイシン

従って、この酵素の基質は(2S)-α-ロイシンのみ、生成物は(3R)-β-ロイシンのみである。

この酵素は異性化酵素、特にアミノ基を転移する分子内転移酵素に分類される。系統名は、(2S)-α-ロイシン 2,3-アミノムターゼ((2S)-alpha-leucine 2,3-aminomutase)である。この酵素は、バリン、ロイシン、イソロイシンの分解に関与する。補因子として、コバミドを必要とする。

出典[編集]

  • Freer I, Pedrocchi-Fantoni G, Picken DJ and Overton KH (1981). “Stereochemistry of the leucine 2,3-aminomutase from tissue-cultures of Andrographis paniculata”. J. Chem. Soc. Chem. Commun.: 80–82. 
  • Poston JM (1976). “Leucine 2,3-aminomutase, an enzyme of leucine catabolism”. J. Biol. Chem. 251 (7): 1859–63. PMID 1270414. 
  • Poston JM (1976). “Coenzyme B12-dependent enzymes in potatoes: leucine 2,3-aminomutase and methylmalonyl-CoA mutase”. Phytochemistry 17 (3): 401–402. doi:10.1016/S0031-9422(00)89324-3.