ロイヤルチャージャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロイヤルチャージャー
欧字表記 Royal Charger
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1942年
死没 1961年11月
Nearco
Sun Princess
母の父 Solario
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 サー・ジョン・ジャービス
馬主 サー・ジョン・ジャービス
調教師 ジャック・ジャービス
競走成績
生涯成績 20戦6勝
獲得賞金 5,057ポンド
テンプレートを表示

ロイヤルチャージャーRoyal Charger1942年 - 1961年11月)は、1940年代に活躍したイギリス競走馬種牡馬。父は大種牡馬ネアルコで、ロイヤルチャージャーはその代表的な種牡馬の一頭である。

経歴[編集]

現役時代は3歳時の1945年2000ギニーで3着、4歳時の1946年クイーンアンステークスを勝ったあと、同年末に競走馬生活を退き、5万2000ポンドでナショナルスタッドに売却され種牡馬となった。

イギリスでの種牡馬時代はシーチャージャー、ジルドレ、ロイヤルチャレンヂャーなど、イギリスとアイルランドクラシック競走などで活躍した産駒を多数輩出している。

1953年には、叔父ナスルーラ競走馬の血統では4分の3同血にあたる)がアメリカ合衆国で成功を収めていたこともあり、30万ドルという高額でアメリカ・ケンタッキー州レキシントンのジョージ・D・ワイドナー・ジュニアに購入された。アメリカでもロイヤルオービット、モンゴなど活躍馬を輩出し、イギリス時代と合わせ最終的に363頭中55頭以上のステークス競走優勝馬を出した。さらに1958年には、輸出前に残した産駒・ターントゥが、その産駒・ファーストランディングの活躍でイギリス2歳リーディングサイアーとなるなど、後継種牡馬にも恵まれている。ターントゥはほかにもヘイルトゥリーズンサーゲイロードを出し、ヘイルトゥリーズンはヘイローロベルトを出している。

加えてロイヤルチャージャーは母の父(ブルードメアサイアー)としても優秀で、70頭以上のステークス競走優勝馬を輩出した。ロイヤルチャージャーを母の父に持つ馬はクラウンドプリンス(イギリス2歳牡馬チャンピオン、日本などで種牡馬として供用)、テューダークイーン(アメリカ2歳牝馬チャンピオン)、マジェスティックプリンスアメリカ競馬殿堂入り)などがいる。

1961年11月に死亡。遺体は、レキシントンのオールドケニーファーム(現スペンドスリフトファーム内)に埋葬された。

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ロイヤルチャージャー血統ネアルコ系 / St.Simon5×5=6.25%(父内)、Sainfoin / Sierra5×5=6.25%、Sundridge4×5=9.38%(母内)) (血統表の出典)

Nearco
1935 黒鹿毛
父の父
Pharos
1920 黒鹿毛
Phalaris Polymelus
Bromus
Scapa Flow Chaucer
Anchora
父の母
Nogara
1928 鹿毛
Havresac Rabelais
Hors Concours
Catnip Spearmint
Sibola

Sun Princess
1937 鹿毛
Solario
1920 鹿毛
Gainsborough Bayardo
Rosedrop
Sun Worship Sundridge
Doctrine
母の母
Mumtaz Begum
1932 鹿毛
Brenheim Blandford
Malva
Mumtaz Mahal The Tetrarch
Lady Josephine F-No.9-c