ロイヤル・グリッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロイヤル・グリッグス
Loyal Griggs
本名 Loyal Allen Griggs
生年月日 (1906-08-15) 1906年8月15日
没年月日 (1978-05-06) 1978年5月6日(71歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州サニラック郡エルク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 撮影監督
俺たちは天使じゃない』(1955年)のセットでのグロリア・タルボット英語版とグリッグス。

ロイヤル・グリッグスLoyal Griggs, 1906年8月15日 - 1978年5月6日)は、アメリカ合衆国の撮影監督である。

1924年にパラマウント映画に入社し、スタジオの整理部で働く。その後撮影助手などを経て1951年公開の『欲望の河英語版』、『六人の脱獄囚英語版』、『最后の砦英語版』で撮影監督に昇格する。

1953年の西部劇『シェーン』により第26回アカデミー賞撮影賞(カラー作品部門)を受賞する[1]。またそれ以前には『北海の子英語版』の特殊効果制作スタッフの1人を務めたことにより第11回アカデミー賞名誉賞が贈られていた[2]

パラマウントでは他にミュージカル『ホワイト・クリスマス』(1954年)、セシル・B・デミルの叙事詩『十戒』(1956年)、ジェリー・ルイスのコメディ『底抜け一等兵英語版』(1957年)、『底抜け宇宙旅行英語版』(1960年)で撮影監督を務めた。他にはジョージ・スティーヴンスの1965年のユナイテッド・アーティスツ公開の『偉大な生涯の物語』(1965年)、オットー・プレミンジャーの『危険な道』などに参加した。遺作は1971年のアメリカン・インターナショナル・ピクチャーズ公開のコメディ『Bunny O'Hare』である[3]

主なフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Variety profile
  2. ^ Special Award - 11th Academy Awards”. Academy Awards Database. 2015年8月9日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ New York Times /AllMovie Guide profile