ロイ・ハーグローヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロイ・ハーグローブ
Roy Hargrove 2.jpg
基本情報
出生名 Roy Anthony Hargrove
生誕 (1969-10-16) 1969年10月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ウェーコ
死没 (2018-11-02) 2018年11月2日(49歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク[1]
ジャンル Post bop・hard bop・ラテン音楽・M-Base・ソウル
職業 トランペット奏者・作曲家・音楽家
担当楽器 トランペット・フリューゲルホルン
活動期間 1987年 – 2018年
レーベル Groovin' High, Emarcy, Verve, RCA Novus
共同作業者 The Jazz Futures, The Jazz Networks, Crisol, Johnny Griffin, Joe Henderson, Wynton Marsalis, David "Fathead" Newman
RoyHargrove.jpg
2008

ロイ·アンソニー·ハーグローヴ(Roy Anthony Hargrove 1969年10月16日 - 2018年11月2日[1])は、アメリカ合衆国のジャズ・トランペット奏者。テキサス州ウェーコ生まれ。

経歴[編集]

グラミー賞を1997年自身のラテンジャズバンド、2002年に二種類の音楽(ジャズヒップホップ)で奪取。

現存するレジェンドとされるジャズ·ミュージシャンほぼ全てと共演している。

中でも、デヴィッド・"ファットヘッド"・ニューマン、ジェイムス・クレイ、ボビー・ワトソン、シャーリー・ホーン、シダー・ウォルトンフレディー・ハバードジャッキー・マクリーンジョー・ヘンダーソンベニー・ゴルソンジョニー・グリフィンハンク・ジョーンズジミー・コブハービー・ハンコックソニー・ロリンズ等には特に気に入られ、ソニー・ロリンズは彼の為に彼の名前をそのままタイトルにした曲を捧げている。

かのオスカー・ピーターソンも、人気者でヒッパリダコの、ロイをやっと捕まえたぞ!という意味合いのタイトルの曲を作曲している

ベースのレイ・ブラウンは1997年当時、ルイ・アームストロングロイ・エルドリッジディジー・ガレスピークリフォード・ブラウンマイルス・デイビスフレディー・ハバードに続くトランペッターの『ニューウェーブ』だと称賛している。

またロイ自身、こう言った大御所とのセッション時に自身の能力を最大限に引き出す素晴らしい演奏をする。そういった所も、数々のレジェンド達に本物だと認められ、気に入られた要因なのかもしれない。

ロイは「ロイ・ハーグローヴ・クインテット(略称RHQまたはRH5)」、「ロイ・ハーグローヴ・ビッグバンド(略称RHB)」「RHファクター(略称RHF)」の三つのバンドのリーダーで、現在は主にRHQでの活動がメインである。メンバーはジャスティン・ロビンソン、海野雅威、アミーン・サリーム、クインシー・フィリップス。どのバンドにもジャズ、ラテン、ファンク、ヒップホップ、ソウル、そしてゴスペル音楽が融合されている。RHFは同郷の友人キース・アンダーソンのグループを核にロイが参加する形で当初結成された。メンバーはルネー・ヌーヴィル、ブルース・ウィリアムズ、レジー・ワシントン、レニー・ストールワース、ジェイソン・トーマス、チャーマーズ"スパンキー"アルフォード、ピノ・パラディーノ、ジェームズ・ポイザー、バーナード・ライト、ブライアン・ハーグローヴなど。

R&Bの分野において、1990年代後半にエリカ・バドゥディアンジェロコモンザ・ルーツ、ポイザー、エリック・ベネイ、ドゥエレ、ビラル、レイラ・ハサウェイローリン・ヒルアリシア・キーズジョン・レジェンドマックスウェル ミシェル・ンデゲオチェロミゲルジル・スコット、トニ!トニ!トニ!、ラファエル・サディーク、マイロン、ジャヒーム、リンデン・デイヴィッド・ホール、アロー・ブラック、ミュージック・ソウルチャイルドアンソニー・ハミルトンなどとともにアコースティック色の濃い「ネオ・ソウル」ムーブメンツを起こした。

また彼は、若い頃長らくV.BACHの楽器を愛用していたが、1994年頃トーマス・インダービネン氏と出逢い、彼の造る楽器に惚れ込んだ事から1996年頃以降T.Inderbinenの楽器を本格的に今の今迄、長らく愛用することになる。

T.Inderbinen氏が当時自身の新作モデルであった斬新なコーティングが成されたモデル『Silver Art』を彼の為に持って行った所、ロイ自身かなり気に入った様で、早速メインの愛機として使い始めたが、何者かによって斬新な造りで物珍しかったSilver Artを一度盗難されてしまったのは有名な逸話である。

また、彼は1988年のマウントフジジャズフェスティバル来日時にも、トランペッターのアル・ハート氏からプレゼントされたというお気に入りのV.BACHのトランペットを盗難されている(アル・ハート氏は今やレジェンドとされるウィントン・マルサリス氏にもトランペットをプレゼントしており、それがきっかけで当時まだ子供であったウィントン氏もトランペット奏者の道が開けたようだ)(アル・ハート氏は見た目がサンタクロースそっくりだが、まさにプレゼントによって逸材を発掘するサンタクロースだったのだ)

その時は日本が誇るYamahaの楽器を急遽使い、それでも鮮烈な演奏で日本での初お披露目を成功させた。そのYamahaの楽器はその後帰国してロイ自身初レコーディングとされるA.Sax奏者“Bobby”Watsonのリーダー作のレコーディング時にもそのまま使用したようだ。

これはあまり知られていないが、2010年頃、長らく相棒として愛用していたT.Inderbinen Alpha100も長年による経年劣化によって、古くなったのもあり、また新たにT.Inderbinenの新しいAlpha100に乗り換えている。

そして、更に最近はそのAlphaを一端休ませるような形で、NYCのCats達ご愛用のConnのコーンステレーションを始め色々めぼしい楽器を経由して、スピリ社の満を持して世に送り出した奇抜な自信作、ベルにカーボンをコーティングしたDa Carboというモデルを愛用している。

マウスピースは2005年あたりから、まだ駆け出しであった青年時代から懇意にしてもらっている同じDizzy Gillespie Big Bandの先輩トランペッターC.ロディッティー氏からの紹介でカスタムオーダーしたディロンミュージック社製のV.Bach3E相当のボアのタイトなモノに落ち着いているようだ。現在フリューゲル用のマウスピースはTOKUから譲り受けたマウスピースを使い続けている。[2]

2016年、ジミー・コブから紹介された海野雅威を、ロイ・ハーグローヴ・クインテット史上初の日本人レギュラーメンバーとして迎える。[3][4][5]歴代のロイ・ハーグローヴ・クインテットのメンバーにはグレゴリー・ハッチンソン、ロドニー・ウィテカー、クリスチャン・マクブライド、カリーム・リギンス、ルーベン・ロジャース、ジェラルド・キャノン、ドウェイン・ブルーノ、ウィリー・ジョーンズ、アントニオ・ハート、ロン・ブレイク、ブルース・ウィリアムズ、スティーブン・スコット、マーク・キャリー、チャールス・クレイグ、サイラス・チェスナット、ロニー・マシューズ、ラリー・ウィリス、ジェラルド・クレイトン、ジョン・バティステ、ジョエル・ホルムス、サリヴァン・フォートナー、ダントン・ボーラー、モンテス・コールマンらが在籍していた。

2018年11月2日夜、腎障害により透析治療を受けていた最中に心不全のためニューヨークの病院にて逝去[1][6]。49歳没。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作品[編集]

  • 1989年 『ダイアモンド・イン・ザ・ラフ』 - Diamond in the Rough (Novus)
  • 1990年 『パブリック・アイ』 - Public Eye (Novus)
  • 1991年 アントニオ・ハート英語版と共同名義, Tokyo Sessions (Novus)(四谷「スタジオ サウンドバレイ」において録音)
  • 1992年 ロイ・ハーグローヴ・クインテット名義, 『ザ・ヴァイブ』 - The Vibe (Novus)
  • 1993年 Jazz Futures: Live in Concert (Novus)
  • 1993年 Of Kindred Souls: The Roy Hargrove Quintet Live, Various Concerts (Novus)(ライヴ)
  • 1993年 Beauty and the Beast, The Jazz Networks (Novus)
  • 1994年 Blues 'n Ballads, The Jazz Networks (Novus)
  • 1994年、1995年 Approaching Standards, Compilation of tracks from 4 Albums (1994 BMG/1995 Jazz Heritage)
  • 1994年 ロイ・ハーグローヴ・クインテット名義, 『ミーツ・テナー・ジャイアンツ』 - With the Tenors of Our Time (Verve)
  • 1995年 『ファミリー』 - Family (Verve)(ライヴ)
  • 1995年 『パーカーズ・ムード』 - Parker's Mood (Verve)(クリスチャン・マクブライド (bass)、Stephen Scott (piano)と共演)
  • 1997年 Roy Hargrove's Crisol名義, 『ハバナ』 - Habana (Verve)(イタリアのオルヴィエート「マンチネッリ劇場」におけるライヴ。第40回グラミー賞(最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞)受賞。)
  • 2000年 『モーメント・トゥ・モーメント』 - Moment to Moment (Verve)
  • 2002年 『ディレクション・イン・ミュージック』 - Directions in Music: Live at Massey Hall (Verve)(第45回グラミー賞(最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞 - 個人/グループ)。ハービー・ハンコックマイケル・ブレッカーと共演。)
  • 2003年 RHファクター名義, 『ハード・グルーヴ』 - Hard Groove (Verve)
  • 2004年 RHファクター名義, 『ハード・グルーヴ2:ストレングス』 - Strength (Verve)
  • 2006年 RHファクター名義, 『ディストラクションズ』 - Distractions (Verve)
  • 2006年 『ナッシング・シリアス』 - Nothing Serious (Verve)
  • 2008年 ロイ・ハーグローヴ・クインテット名義, 『イヤーフード』 - Earfood (Emarcy)
  • 2009年 ロイ・ハーグローヴ・ビッグバンド名義, 『エマージェンス』 - Emergence (Groovin' High)

参加作品[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c “米ジャズ音楽家「ハバナ」ロイ・ハーグローブ氏死去”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2018年11月4日). オリジナルの2018年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181104085506/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811040000341.html 2019年6月18日閲覧。 
  2. ^ TRUMPET, THE. “トランペット記事詳細:現代のトランペット・ヒーロー、ロイ・ハーグローヴ本誌未掲載インタビュー!” (日本語). THE TRUMPET ONLINE. https://www.alsoj.net/trumpet/magazine/view/610/1756.html 2018年4月17日閲覧。 
  3. ^ “新世代ミュージシャンの最高峰とも評されるピアニスト海野雅威が、ロイ・ハーグローヴとともに来日! | News & Features | BLUE NOTE TOKYO” (日本語). Blue Note TOKYO. http://www.bluenote.co.jp/jp/news/features/7966/ 2018年4月18日閲覧。 
  4. ^ Culturebox (2018-01-22), Le trompettiste Roy Hargrove au festival Jazz en Tête, https://www.youtube.com/watch?v=vxWj0uCcQrI 2018年4月17日閲覧。 
  5. ^ “Roy Hargrove’s Rousing Chicago Residency” (英語). DownBeat Magazine. (2018年1月11日). http://downbeat.com/news/detail/roy-hargroves-rousing-showcase-residency1 2018年4月17日閲覧。 
  6. ^ “Roy Hargrove, Grammy-Winning Jazz Trumpeter, Dies At 49 | music news| NPR” (英語). https://www.npr.org/2018/11/03/663895387/roy-hargrove-grammy-winning-jazz-trumpeter-dies-at-49 2018年11月3日閲覧。 
  7. ^ Ron Wynn. “Superblue - Superblue | Songs, Reviews, Credits, Awards”. AllMusic. 2014年2月7日閲覧。