ロイ・ビーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
裁判官ロイ・ビーン(Judge Roy Bean)
Phantly Roy Bean, Jr. .jpg
生誕ファントリー・ロイ・ビーン・ジュニア(Phantly Roy Bean, Jr.)
1825年
アメリカ合衆国ケンタッキー州メイソン郡
死没1903年(77 - 78歳)3月16日
アメリカ合衆国テキサス州バルベルデ郡ラングトリー(Langtry)
埋葬地ホワイトヘッド・メモリアル・ミュージアム(Whitehead Memorial Museum)
テキサス州デル・リオ
北緯29度21分06秒 西経100度53分53秒 / 北緯29.3517度 西経100.8980度 / 29.3517; -100.8980
別名「ペコスのロー・ウェスト」("Law West of the Pecos")
職業治安判事(Justice of the Peace)
サルーン経営者
活動期間1882年 - 1903年
配偶者ヴァージニア・チャベス(Virginia Chavez)(離婚)[1]
子供ロイ・ジュニア(Roy Jr.)
ローラ(Laura)
スレマ(Zulema)
サム(Sam)
ファントリー・ロイ・ビーン・シニア(Phantly Roy Bean, Sr.)
アンナ・ヘンダーソン・ゴア(Anna Henderson Gore)
親戚ジョシュア・ビーン(Joshua Bean)

ファントリー・ロイ・ビーン・ジュニア(Phantly Roy Bean, Jr.、1825年頃 - 1903年3月16日)は、アメリカ合衆国テキサス州バルベルデ郡のサルーン(酒場、saloon)経営者で治安判事である。自称「ペコス川の西で唯一の法律」("The Only Law West of the Pecos")。伝説によると彼は、テキサス南西のチワワ砂漠(Chihuahuan Desert)の荒涼とした場所にあるリオ・グランデ川(the Rio Grande)沿いの酒場で法廷を開いていたという。 彼の没後に発表された西部劇映画や小説では、絞首刑を科したがる裁判官(hanging judge)として描かれたが、実際彼が絞首刑を下した人物は2人であり、そのうち1人は逃走した。

前半生[編集]

1825年にロイ・ビーンは、ケンタッキー州メイソン郡に、ファントリー・ロイ・ビーン・シニア(Phantly Roy Bean, Sr.)とアンナ・ヘンダーソン・ゴア(Anna Henderson Gore)との5子(4男1女)の末子に生まれた。一家はきわめて貧しく、16歳でビーンは家を出て、仕事を求めてフラットボートに乗り込んだ。ビーンは、ニューオーリンズでもめごとを起こし、テキサス州サンアントニオにのがれ、兄サムと合流した[2]。サミュエル・ゴア・「サム」・ビーン(Samuel Gore "Sam" Bean)は、既にミズーリ州インディペンデンス_に移住していて、連畜御者(teamster)でウシ追い(bullwhacker)であった[3]。彼は、ニューメキシコ州サンタフェに、それからメキシコチワワ州チワワに、貨物を輸送した。サムが米墨戦争に従軍した後、ロイは兄サムとともにサンアントニオを去った[2][4]

1848年に、2人は、メキシコのチワワ州で交易所を開いた。その後まもなく、ロイは異邦人である自分たちを脅してきたメキシコのならず者を射殺した[2]。メキシコ当局に謀殺で訴えられるのを逃れるために、ロイとサムは、メキシコ西部にあるソノラ州に逃れた。

1849年春までに、ロイはカリフォルニア州サンディエゴに移住し、兄ジョシュアと同居した[2]。ジョシュアは、翌年、最初のサンディエゴ市長に選ばれることになる[2]

ハンサムだと見なされたロイは、地元の女たちの注目を得るために様々な手段を使った。コリンズ(Collins)というスコットランド人が、ビーンに乗馬しての拳銃射撃競技を申し込んだ。ビーンは標的選びを任されて、自分たちがたがいに撃ち合うことに決めた。決闘は1852年2月24日におこなわれ、コリンズが右腕に傷を負って終わった[2]。両者ともに逮捕され、殺意のある暴行(assault with intent to murder)でうったえられた。監獄にいた2ヶ月間に、ビーンは、サンディエゴの女らから、花や食料、葉巻といった多くの贈り物を受け取った。1852年4月17日、彼は贈り物のタマルに隠されていた複数のナイフを用いて独房の壁を掘り抜いて脱獄を果たした。その後、彼はカリフォリニア州サン・ガブリエル(San Gabriel)にのがれ、兄の「ヘッドクォーターズ・サルーン」(Headquarters Saloon)のバーテンダーになった。ジョシュアが1852年11月に謀殺されたのち、ビーンはサルーンを相続した[2]

1854年、ビーンが言い寄ったことのある女性が誘拐され、メキシコの士官と結婚させられた。ビーンは花婿に決闘をもうしこみ、そして彼を殺した。死んだ男の友人6人がビーンをウマにのせて、首に絞首索をかけ、ウマが移動すると彼が首を吊るようにした。幸い、吊されたときロープがのびて、ビーンは死を免れた[5]。その後、樹のかげに隠れていた花嫁が、ロープを切り、彼を解放し、彼の生命を救った。このときのロープの跡が彼の首に残ったほか、後遺症として斜頸を抱えることとなった。その後まもなく、ロイ・ビーンは、カリフォルニアを去ることに決め、ニューメキシコに移住してサムと同居した[2][4]。サムはニューメキシコ州ドニャアナ郡の最初の保安官に選ばれていた[2][4]

1861年に、サミュエル・Gとロイ・ビーンは、いまのニューメキシコ州グラント郡のニューメキシコ州ピノス・アルトス(Pinos Altos)(ニューメキシコ州シルヴァーシティの真北)の大通りに、蒸留酒および「すてきなビリヤード・テーブル」("a fine billiard table")を目玉とした店舗兼サルーンを開いた。ロイ・ビーンのものであるカノン砲が店の前におかれ、アパッチ族による町の襲撃を追い払うのにつかわれた[6]

テキサスに移動[編集]

南北戦争中、アメリカ連合国はニュー・メキシコを侵略していた。1862年3月に、グロリエタの戦いのあいだ、連合国は補給の荷馬車を複数失い、サン・アントニオに退却せざるをえなかった。兄弟の金庫から金銭をとったのち、ビーンは退却軍に加わった。戦争の残った時間に、彼は綿をサンアントニオからマタモロス沖合のイギリス船に運んだり、必要品を載せて戻ったりすることによって、海上封鎖をおこなった[2]

つぎの20年間、ビーンはサン・アントニオ(San Antonio)に住み、名目上は連畜御者としてはたらく傍ら、彼は隣人の木材を伐りたおして、たきぎ業をいとなもうとした。彼は酪農業にも手を出そうとしたが、まもなくミルクを水でうすめている現場をおさえられた。ビーンはのちに、ほかの地域の牧場経営者から烙印を押されていない家畜を盗み、その家畜を使って肉屋を営んだ[7][2]

1866年10月28日に、彼は18歳のヴァージニア・チャベス(Virginia Chavez)と結婚した[3]。結婚後1年もしないうちに彼は加重暴行(aggravated assault)と、妻を殺すぞとおどしたことで逮捕された[2]。騒々しい結婚にもかかわらず、2人はあわせて4子をもうけた - ロイ・ジュニア(Roy Jr.)、ローラ(Laura)、スレマ(Zulema)、サム(Sam)[2]。一家は「ビーンヴィルという極貧のメキシコ系のスラム」("a poverty-stricken Mexican slum area called Beanville")と言われるところに住んだ[8]。ビーンヴィル(Beanville)は、ルーサー・バーバンク・ハイ・スクール(Luther Burbank High School)から遠くない、サウス・フロレス・ストリート(South Flores Street)とグレン・アヴェニュー(Glenn Avenue)のこんにちのかどの近くに集中している。

1870年代後半までに、ビーンヴィルでサルーンを経営していたビーンは、鉄道会社数社が鉄道を西に延ばそうとしているから多くの建設キャンプが開きつつあると聞いていた[2]。ビーンヴィルの或る店舗所有者は、「この破廉恥な人物を近隣から追い出したいとつよく切望していたから」(was so anxious to have this unscrupulous character out of the neighborhood)、彼女は、ビーンの全財産を900ドルで買い、彼はサンアントニオを離れることができた。当時、ビーンはヴァージニアと別居していて、彼は西に行くにあたり、子らを友人らに預けた[2]

治安判事[編集]

ロイ・ビーンはたるのうえにすわり、法律書を持ったまま法廷を開く 1900年

受け取ったかねで、ビーンはテント、売り物の補給品、そして55ガロンのウイスキーを買った。1882年春までに、彼は、自分がヴィネガルーン(Vinegaroon)と名付けたテント都市内のペコス川のちかくにちいさなサルーンを創業していた[9]。テント都市から20マイル (32 km)以内に、8000人の鉄道労働者がいた。最寄りの裁判所は、200マイル (320 km)はなれたフォート・ストックトン(Fort Stockton)にあったし、そしてすこしの違法活動があった。テキサス・レンジャーは、地元の立法区がヴィネガルーンに設立されることを要請し、ビーンは1882年8月2日に新しく出来た6地区の治安判事に任命された。しかし彼の最初の事件はもっと早く1882年7月25日に審理されたが、そのときテキサス・レンジャーズはジョー・ベル(Joe Bell)を公判にもちこんだ[10]

治安判事としての最初の法律の1つは、「ユダヤ人の競争相手の粗末なサルーンを撃ちまくる」("shoot [...] up the saloon shack of a Jewish competitor")ことであった[2]。ビーンは、自分のテント・サルーンを定時制の法廷にかえ、「ペコスのロー・ウェスト」("Law West of the Pecos")を自称しはじめた[2]。裁判官としてビーンはたった1冊の法律書、『Revised Statutes of Texas』の1879年版にたより、そしてよりあたらしい複数の法律書が現われると彼はそれらを焚き付けにつかった[8][2]。ビーンは、評決不能陪審(hung juries)や上訴を許さなかった。陪審員らは、バーの最高の顧客から選ばれ、休廷のたびごとに飲み物を買うことを求められていた[2]

彼はまた、異常な裁定でも知られていた。或る訴えでは、パディー・オルーク(Paddy O'Rourke)というアイルランド人が中国の労働者を撃ち、公判中に腹を立てたアイルランド人200人が法廷兼サルーンを取り囲んだ。彼らは、もしオルークが解放されないならビーンをリンチにするぞとおどし、ビーンは自分の法律書に目をとおしたのち「殺人は人を殺すことである。しかし自分は中国人を殺すことを処罰する法を見つけられない」("homicide was the killing of a human being; however, he could find no law against killing a Chinaman")と裁定した[2][11]。また或るときは、隠匿された武器と40ドルを身につけて運んでいた男の遺体が見つかるや、彼はその男に隠匿した武器を運んでいたことで死後の20ドルの罰金を課した。ビーンの法廷/サルーンは当時、金銭が必要であったから、彼はまた、埋葬費10ドルと法廷経費10ドルをもあつめた[5]

1882年12月までに鉄道建設は、さらに西に移動していて、ビーンは法廷兼サルーンをストローブリッジ(Strawbridge)(現テキサス州サンダーソン(Sanderson))に70マイル (110 km)移動させた。彼は、子らを呼びにやったが、子らは当時、末息子サムを玉突き台のうえに眠らせながらサルーンに彼といっしょに暮らしていた。ある競争相手は、地域にすでに定着していて、ビーンのウイスキーを灯油(kerosene)でうすめていた[7]。顧客を引き付けられなくて、ビーンは地域を去り、ペコス川の20マイル (32 km)西、イーグルス・ネスト(Eagle's Nest)にうつったが、そこはやがてラングトリー(Langtry)と改名された[2]

ジャージー・リリー・サルーン(The Jersey Lilly Saloon) 2005年9月

土地の原所有者はサルーンをいとなんでいたが、640エーカー (2.59 km2)を、土地のどの部分もビーンに売りまたは賃貸ししないという条件で、鉄道に売った。訴えを以前ビーンにしりぞけられていたアイルランド人オルークは、ビーンに、契約の範囲外である鉄道の通行優先権を利用するように命じ、つぎの20年間、ビーンは、使用する法的権利がない土地に不法にいすわった[8][9][2]。ビーンは、あたらしいサルーンに、リリー・ラングトリー英語版に敬意を表してザ・ジャージー・リリー(The Jersey Lilly)と命名した[8][2]。彼女は自伝のなかで、自分はビーンの死後、その地域を訪れたとくわしく話した[8][2][12]

ラングトリーに刑務所はなく、すべての事件は罰金で解決した。ビーンは、わずかな額でも罰金を州に送ることを断り、金銭を蓄えた[11]。大部分の事件では、罰金は、うったえられた人物が運んでいた金額にぴったりにつくられた。裁判官としての任期の間に、ビーンはたった2人を絞首刑に処したことで知られ、うち1人は逃れた。ほかの司法管轄区域においてウマ泥棒はしばしば死刑に処せられたが、ビーンの管轄する地域においてはウマが所有者に戻された時点で釈放されることがほとんど出会った[7][2]

地方裁判所(district courts)だけが離婚をみとめることを法的にゆるされていたが、ビーンはとにかくそのようにし、それぞれの離婚ごとに10ドルをポケットにおさめた[7]。彼は、婚姻に5ドルを請求し、すべての結婚式を「願わくは神があなたがたの魂に慈悲をかけられますように」("and may God have mercy on your souls")(死刑が執りおこなわれるときの伝統的な言い回し)という語句でおわらせた[7][2]

ビーンは、1884年にその地位に再選されたが、1886年に敗北した。翌年、コミッショナーズ・コート(commissioner's court)は郡内にあらたな区をつくり、ビーンをあらたな治安判事に任命した。彼は1896年まで再選されつづけた。選挙の敗北ののちでさえ、彼は「紋章を引き渡すのをことわり、トラックス(tracks)以北のすべての事件を公判に付しつづけた」("refused to surrender his seal and law book and continued to try all cases north of the tracks")[2]

晩年と死亡[編集]

ジャージー・リリーの歴史的標識(Jersey Lilly historical marker)

1890年に、ビーンは、鉄道開発者で投機家のジェイ・グールドが特別列車でラングトリーを通過する予定だという知らせをうけとった。ビーンは、危険信号をつかって列車を停めるため旗を振った。橋が落ちたと思って、列車機関士は、列車を停めた。ビーンはそれから、グールドとその娘を来賓としてサルーンに案内した。グールドらは2時間ほどサルーンにとどまったが、グールドが列車衝突事故で死亡したという誤報が寄せられた結果、ニューヨーク株式取引所で短期的な恐慌がおきた[2]

1896年にビーンは、リオ・グランデ川の島のうえで、ボクシング世界チャンピオン試合ボブ・フィッシモンズ対ピーター・マーハー(Peter Maher)を主催したが、これはボクシング試合がテキサス、メキシコ両州で違法であったからである[8]。試合は、わずか1分35秒でフィッツシモンズが勝ったが、その後のスポーツ記事は合衆国じゅうにビーンの名声をひろめた[2]

晩年に、ビーンズは、測量技師で土木工学者W・D・トウィッケル(W. D. Twichell)に会った。はじめテキサス州アマリロを、のちにテキサス州オースティンを本拠として、トウィッケルは、テキサス254郡のうち165を測量した。老いるにつれて、ビーンは、自分の利益の大部分を地域の貧民をたすけるのについやし、つねに地元の校舎には冬ばに無料の薪(まき)があるように手配した。ロイ・ビーンは、サンアントニオでひとしきりの痛飲ののち1903年3月16日にベッドでやすらかに死亡した。彼と息子サム・ビーン(Sam Bean)(1874年 - 1907年)は、デル・リオのホワイトヘッド・メモリアル・ミュージアム(Whitehead Memorial Museum)に埋葬されている。

1965年に、テキサス州の南北戦争100周年記念の一環として、ロイ・ビーンを顕彰する公式のテキサス・ヒストリカル・マーカー(Texas Historical Marker)がテキサス州デル・リオのミュージアムの敷地内に建てられた[13]

映画、書籍、テレヴィジョン[編集]

映像作品[編集]

  • TVシリーズ『Beyond Belief: Fact or Fiction』のエピソード16は、実話に霊感をうけたセグメントを特集したが、そこでは裁判官ビーンの幽霊とそのイヌは詐欺師のかねをかたづけるように要求された。
  • TV映画『The Gambler: Luck of the Draw』、ケニー・ロジャース_(カントリー歌手)およびリーバ・マッキンタイア主演、は、裁判官ロイ・ビーンを登場人物として大きく扱う。
  • Judge Roy Bean』、1956年にシンジゲート放送されたシンジケートされたテレヴィジョン・シリーズ。エドガー・ブキャナン(Edgar Buchanan)はビーンを演じた。ジャッキー・ラーリーはビーンの姪レッティー(Letty)として共演した。ジェフ・タガート(Jeff Taggert)役には映画『ならず者_』でビリー・ザ・キッドを演じたジャック・バエーテルが演じたほか、シリーズ・プロデューサーのラッセル・ヘーデン(Russell Hayden)はスティーヴ(Steve)という名前のテキサス・レンジャーの役で2話出演した。
  • ABC/ワーナー・ブラザーズのウエスタン・テレヴィジョン・シリーズ『Colt .45』のエピソード"Law West of the Pecos"(1959年6月7日)で、フランク・ファーガソン(Frank Ferguson)がビーンを演じた。リサ・ゲイ(Lisa Gaye)はジューン・ウェブスター(June Webster)を演じ、ダグラス・ケネディーはジェー・ブリスコ(Jay Brisco)役である[14]
  • 1965年12月3日に初放送が行われた西部劇ドラマ『Death Valley Days』の「"A Picture of a Lady"」という回では、裁判官ビーン(演:ピーター・ウィットニー英語版)没後の、リリー・ラングトリー(演:フランシーン・ヨーク())によるラングトリー来訪が描かれている。このエピソードでポール・フィックス(Paul Fix)はビーンの友人ドック・ラスロップ(Doc Lathrop)役であった[15]

また、1996年に放送された"A Sense of Justice"という回では、サンディエゴ時代のビーンとジョシュアの様子が描かれており、トム・スケリットが若い頃のビーンを演じ、兄ジョシュアはトリス・コフィン(Tris Coffin)が演じた。その話の筋では、ロイは地元の男ともめごとになったあと拘置されている。ジョシュアは苦境にある兄弟に非共感的である[16]

  • ロイ・ビーン_』(1972年)、かなりフィクション化された伝記映画、ポール・ニューマンがビーンを演じた。
  • TV番組『Fantasy Island』の第3シーズン、エピソード「"Legend"」(1982年10月)で、アンディ・グリフィスは裁判官ロイ・ビーン役を演じている。
  • 映画『西部の男』(1940年)は、ロイ・ビーン(演:ウォルター・ブレナン)が主人公の一人として登場しており、史実とは異なる死に方をしている。ビーンを演じたブレナンは[[アカデミー助演男優賞]を受賞した。
  • Lillie』(1978年)、トミー・ダガン(Tommy Duggan)は、リリー・ラングトリー(Lillie Langtry)のこのイギリスのミニシリーズ伝記映画でその役を演じた。
  • 1995年のTVミニシリーズ『Streets of Laredo』は、ラリー・マクマートリーの同名の小説にもとづき、ネッド・ビーティによるビーンの肖像をふくみ、彼は1972年の映画『ロイ・ビーン_』で脇役をつとめた。
  • A Time for Dying』は、ヴィネガルーン時代をえがく映画(1969年)であった。オーディ・マーフィ主演で、ヴィクター・ジョリー(Victor Jory)はなかば気の狂った裁判官ロイ・ビーンを演じた。
  • ザ・モンキーズ_』の第2シーズン、エピソード「地獄へおちろ」("The Devil and Peter Tork")で、ビリー・ベック(Billy Beck)は、ピーターと悪魔とのあいだの公判を仕切る裁判官ビーンを演じた。
  • 裁判官ロイ・ビーンは、『ザ・ソプラノズ_哀愁のマフィア』のエピソード「真偽」("Live Free Or Die")で言及されている。
ロイ・ビーンのオペラ・ハウス(Roy Bean's Opera House) テキサス州ラングトリー

[17]]]

紙媒体[編集]

  • ルネ・ゴシニ(原作)/モリス(作画)によるベルギーの漫画『ラッキー・ルーク』のシリーズの一つである『Le Juge』(1959年発表)ではロイ・ビーンを扱っている。
  • ラリー・マクマートリーによる小説『Streets of Laredo』(1993年)ロイ・ビーンの生涯を描いている。
  • ゼイン・グレイによる小説『West of the Pecos』(1937年)は、彼を小さい登場人物として特筆している。
  • Vinegaroon: The Saga of Judge Roy Bean, "Law West of the Pecos".』(1936年)ルーエル・マクダニエル(Ruel McDaniel)による伝記、Southern Publishers, Kingsport, Tenn.
  • ドン・ローザの『The Life and Times of Scrooge McDuck』では、若き頃のスクルージ・マクダックとの出会いが描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Texas History Headlines - 1866 - Roy Bean and Virginia Chavez wed”. howdyyall.com. 2018年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac Davis, Joe Tom (1985). Legendary Texians : volume II (1st ed.). Austin, Tex.: Eakin Press. pp. 158–173. ISBN 0-89015-473-2 
  3. ^ a b Allen, Paula (2013年3月29日). “History: Scoundrel Bean, bride wed San Fernando”. San Antonio Express-News. http://www.mysanantonio.com/life/life_columnists/paula_allen/article/Roy-Bean-was-married-in-San-Fernando-Cathedral-4392930.php 2018年1月17日閲覧。 
  4. ^ a b c Thrapp, Dan L. (1991). Encyclopedia of frontier biography : in three volumes (1. Bison Book print ed.). Lincoln [u.a.]: Univ. of Nebraska Press [u.a.]. p. 80. ISBN 978-0-8032-9418-9 
  5. ^ a b Judge Roy Bean dies - Mar 16, 1903 - HISTORY.com”. HISTORY.com. 2018年1月17日閲覧。
  6. ^ Anderson, George B. (1907). History of New Mexico : its resources and people. Los Angeles : Pacific States Pub. Co.. pp. 565, 726. https://archive.org/details/historyofnewmexi02paci 2018年1月16日閲覧。 
  7. ^ a b c d e House, Marguerite (2015年9月9日). “Judge Roy Bean-Law West of the Pecos - Buffalo Bill Center of the West”. Buffalo Bill Center of the West. https://centerofthewest.org/2015/09/09/judge-roy-bean/ 2018年1月18日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f Storng, W. F. (2017年11月29日). “The Surprising Lesson Of Judge Roy Bean’s Life: It’s Never Too Late”. Texas Standard. http://www.texasstandard.org/stories/the-surprising-lesson-of-judge-roy-beans-life-its-never-too-late/ 2018年1月18日閲覧。 
  9. ^ a b The Planting of Judge Roy Bean”. True West Magazine (2017年5月3日). 2018年1月17日閲覧。
  10. ^ Hook, Charles M. Robinson III ; illustrated by Richard (2005). American frontier lawmen, 1850-1930. Oxford: Osprey. ISBN 9781841765754 
  11. ^ a b Cochran, Mike (1986年7月6日). “Judge Roy Bean: A Crude, Drunk Bigot--and a Folk Hero”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/1986-07-06/news/mn-23007_1_judge-roy-bean 2018年1月17日閲覧。 
  12. ^ Langtry, Lillie (1925). The Days I Knew. Hutchinson 
  13. ^ “Roy Bean”. vvchc.net (Texas State Historical Survey Committee). (1965年2月26日). http://vvchc.net/marker/roy-bean.html 
  14. ^ Law West of the Pecos”. 'Colt .45'. Internet Movie Data Base. 2012年12月22日閲覧。
  15. ^ "Death Valley Days" A Picture of a Lady (TV Episode 1965)”. IMDb. 2015年5月16日閲覧。
  16. ^ "A Sense of Justice" on Death Valley Days"”. Internet Movie Data Base (1966年10月6日). 2015年5月30日閲覧。
  17. ^ Limited, Alamy. “Stock Photo - USA, Texas, Langtry, Judge Roy Bean Residence, Opera House, Town Hall and Seat Of Justice,. PLEASE CALL FOR SUPER-HI-RES FILES”. Alamy. 2017年1月23日閲覧。

読書案内[編集]

  • C.L. Sonninchsen. Roy Bean: The Law West of Pecos. 1943. 0-8263-0846-5.(英語)
  • Jack Skiles. Judge Roy Bean Country. Texas Tech University Press. 0-89672-369-0.(英語)
  • Davis, Joe Tom (1985), Legendary Texians, Volume II, Austin, Texas: Eakin Press, ISBN 0-89015-473-2 .(英語)
  • Handbook of Texas Online, Texas State Historical Association: Bean, Roy(英語)
  • Strong, W. F. (November 29, 2017). "The Surprising Lesson Of Judge Roy Bean's Life: It's Never Too Late"(英語)