ロウズ・モーター・スピードウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロウズ・モーター・スピードウェイ (Lowe's Motor Speedway) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州コンコードにあるオーバルサーキット。1周1.5マイル(2,400m)。直線長はフロントストレッチが緩やかなカーブ込みで1,980フィート(603.5m)、バックストレッチが1,800フィート(457.2m)、5度のバンク。観客席数は16万5000席。

1959年製作開始、1960年オープンで、当時はノースカロライナ・スピードウェイであった。1999年2月にロウズ(Lowe's)がネーミングライツを取得し現在の名前へ変更されている。別名はThe Beast of the Southeast。

付近にNASCARの本部が存在し、90%のチームが80km圏内にファクトリーを構えていることから、NASCAR発祥の地であるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイに続き「第2の聖地」とも呼ばれる。

NASCAR2009年シリーズはスプリントカップシリーズ、ネーションワイドシリーズが5月と10月の2度開催、キャンピングワールド・トラックシリーズは5月の1回開催。5月開催はシリーズ最長のコカ・コーラ600であるだけでなく、それに加えオールスターへの予選であるスプリント・ショーダウン、そしてスプリント・オールスターレースとビッグイベントが開催されるため、聖地らしい盛り上がりを見せる。

6月のレースウィークはキャンピングワールドトラックシリーズ→ショーダウン→オールスターが初週(ショーダウンとオールスターは同日開催)、ネーションワイドシリーズ→スプリントカップが次週に行われる。

なおロウズとサーキットの間のネーミングライツ契約は2009年まで有効であるが、ロウズでは同契約を延長しない方針を明らかにしている[1][2]。このため2010年以降サーキット名称が変更される公算が大きくなっている。

目次

トラックの特徴

1.5マイルの24度バンククアッドオーバルという形状、そして例によって設置されるホームストレッチとピットレーンをまたぐカートレース用クオーターマイルオーバルと、アトランタテキサスと兄弟トラックであると言える。テキサスに比べると全体的にターンがタイトなため、バックストレッチが長くフロントストレッチが短いという点はあるが、レコードタイムはほぼ同一なため、走りやすさ自体はあまり変わらない模様。以前はアウトライン側は使いにくいと言われていたが、マシンがカー・オブ・トゥモロー(CoT)に切り替わった関係もあるのか、アウトラインでもさほど不利では無くなっている。以前はフロントストレッチとバックストレッチが平行で無く、ターン1/2側が緩く、ターン3/4側がきついアールとなっていたが、2005年の改修で平行になるようにされている。

IRL

インディカー・シリーズでは1997年から1999年まで使用していた。しかし1999年にクラッシュで吹き飛んだタイヤが観客席に飛び込み3人死亡、8人重軽傷という事故が起こりレースキャンセル、その後開催は無くなっている。

レコード

  • スプリントカップ予選レコード…エリオット・サドラー(193.216mph/27.948秒、2005年)
  • ネーションワイドシリーズ予選レコード…ジミー・ジョンソン(184.445mph/29.277秒、2003年)
  • キャンピングワールドトラックシリーズ予選レコード…マイク・スキナー(183.051mph/29.500秒、2005年)

脚注

[ヘルプ]

今日は何の日(1月28日

もっと見る

「ロウズ・モーター・スピードウェイ」のQ&A