ロクロ (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロクロ
Locro Stevage.jpg
アルゼンチンの典型的なロクロ
種類 シチュー
発祥地 アンデス文明
地域 南アメリカ
関連食文化 アルゼンチン、ボリビア、エクアドル、コロンビア、ペルー、パラグアイ
提供時温度
主な材料 トウモロコシジャガイモ("papa chola")、(通常は牛肉だが、ビーフジャーキーチョリソーを用いることもある)野菜(通常はカボチャ)、ホットソースカイエンペッパーパプリカ
派生料理 ヤワールロクロ(エクアドル)
テンプレートを表示

ロクロ(Locro)は、ボリュームのある濃厚なシチューで、アンデス山脈地域で人気がある。アルゼンチンペルーボリビアエクアドルコロンビア南部では国民食の1つとなっている。トウモロコシジャガイモまたはカボチャを用いる。ジャガイモには、この地域のみで見られ独特の食感の“papa chola”と呼ばれる特殊な種類を用いる。名前は、ケチュア語ruqruに由来する。

必須の材料は、トウモロコシ、(通常は牛肉だがビーフジャーキーチョリソーを用いることもある)、野菜である。他にタマネギ、豆、カボチャ等、幅広い材料が用いられる。主に冬に食べられる。

アルゼンチンでは、クージョ地域から全国に広がった。国民食と考えられ[1]五月革命の記念日の5月25日に良く食べられる。カイエンペッパーパプリカから作られる赤く辛いソースQuiquirimichiが添えられることもある。

エクアドルでは、ラムの内臓と血液を加えたヤワールロクロが人気である。

出典[編集]

  1. ^ Argentina - Gastronomia” (Spanish). 2008年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月25日閲覧。