ロケット・ラクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Rocket Raccoon
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場マーベル・プレビュー英語版』第7号(1976年夏)
クリエイター ビル・マントロ英語版
キース・ギッフェン英語版
作中の情報
所属チーム ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー
能力 戦術家・現場指揮官
狙撃手
宇宙船パイロット

ロケット・ラクーンRocket Raccoon)は、マーベルコミックスが出版するコミック作品に登場するキャラクター、スーパーヒーローである。ビル・マントロ英語版キース・ギッフェン英語版によって創造されたこのキャラクターは『マーベル・プレビュー英語版』第7号(1976年夏)で初登場した。ロケットは高い知能を持った擬人化アライグマで、戦術家で狙撃手である。キャラクターの名前はビートルズの1968年の楽曲「ロッキー・ラックーン」から来ている。

ロケット・ラクーンは2008年にリランチされたスーパーヒーローチームのガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーの一員である。ロケットは同チームのメンバーとしてテレビアニメやテレビゲーム、実写映画に登場している。

出版上の歴史[編集]

キャラクターはビル・マントロ英語版キース・ギッフェン英語版が創造し、ビートルズの楽曲「ロッキー・ラックーン」に触発されている[1]。楽曲の引用は「Now Somewhere In the Black Holes of Sirius Major There Lived a Young Boy Named Rocket Raccoon」と題された『インクレディブル・ハルク英語版』第271号(1982年5月)でも見られる[2]

ロケット・ラクーンは『マーベル・プレビュー英語版』第7号(1976年夏)で「ロッキー・ラクーン」の名で初登場した。次に登場した『インクレディブル・ハルク』第271号(1982年5月)で「ロッキー」は「ロケット」の略称であったことが判明した。1985年には全4号のリミテッドシリーズ『ロケット・ラクーン英語版』がマイク・ミニョーラアル・ゴードン英語版アル・ミルグロム英語版執筆により発売された。ロケットは後に1990年に『クエーサー英語版』第15号、1992年に『センセーショナル・シー・ハルク』第#44-46号に登場した[2]

2006年に『エグザイルズ英語版』に登場後[2]、2007年のリミテッドシリーズ『アナアイレーション: コンクエスト英語版』及び『アナアイレーション: コンクエスト - スターロード』に現れ[2][3]、それに続いて新創刊された『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』で同チームのメンバーとなった[2][4]

ロケット・ラクーンは他のカーディアンズのメンバーと共に『アベンジャーズ・アッセンブル』に登場した[5][6]。ロケットはマーベルNOW!英語版の一環でリランチされた『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』第3期でも登場している[7]

2014年2月、スコッティ・ヤング英語版はロケット・ラクーンのオンゴーイングシリーズを担当することを発表した[8]

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

ロケット・ラクーンは「キーストーン・クアッドラントの守護者」であり、そこはギャラクティック・ウォールによって外部と隔絶された宇宙領域であった。ロケットは宇宙船「ラックン・ルイン」の船長であり、彼と一等航海士のウォル・ラス(喋るセイウチ)はキーストーン・クアッドラントに存在する、遺伝子改造されて人間並みの知能を持って二足歩行可能な動物たちが住む捨てられたコロニーの惑星ハーフワールド出身である。ロケットは様々な脅威からコロニーを守る最高法務官(「レンジャー」)である[9]

ある時、ジャドソン・ジェイクスがハーフワールド・バイブルを盗もうとした際、ロケットとハルクによって防がれた[9]。その後、ロード・ディヴィンがロケットの友人のライラを誘拐し、ジェイクスはトイ・ウォーを開始した[10]。トイ・ウォーが続くとブラックジャック・オヘアはロケットとチームを組み、ロケットはライラと再会した[11]。すぐにラックン・ルインが破壊されるとジャドソン・ジェイクスとロード・ディヴィンはロケット・ラクーン殺害のために手を組んだ[12]。ジャドソン・ジェイクスとロード・ディヴィンが死亡したとみられると、ロケットと彼の友人たちは精神疾患のルーニーズを治療した。ロケットと動物及びロボットたちは冒険のためにハーフワールドを離れて宇宙へと発った[13]。しばらくするとロケットはストレンジャー英語版の実験所となっていた惑星で監禁されるが、脱出した[14]

その後ロケットはクリー英語版の故郷を侵略するファランクス英語版を食い止める任務に挑むスター・ロードに同行した[15]。ここでロケットは恐れ知らずで洞察力に優れた戦略家として描かれた。また強迫性障害であることが示唆された[16]。ロケットのトレードマークであるロケットスケートは描かれなかった[15]

ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー[編集]

ロケットは友人のスター・ロードの要請により新結成されたガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーに加わった[17]。その後チームがほぼ解散状態となり、ピーター・クィルがロナン英語版によってネガティブ・ゾーンに連れされると、ロケットはチームを存続させ、グルートがメンバーになると2人は友人となった[18]。ロケットはピーターを救出し、地球をエイリアンの侵略から救うまではリーダーの役割を引き継いだ[19]。激化するウォー・オブ・キングス英語版を止めようとする際、ロケットはシャイア英語版に接触する部隊を率いた。しかしながら彼らは皇帝ヴァルカン英語版の旗艦にテレポートすることができず、スタージャマーズ英語版とロケットの旧友のチョド英語版により助けられた[20]。彼らはシャイアの正統な女王を連れ帰ることができず、ロケットが去った後に彼女は殺害された[21]

パワーと能力[編集]

ロケット・ラクーンは地球のアライグマと同様に、俊敏性(訓練によりさらに強化されている)、鋭い嗅覚、視力、聴力、触覚を備えている。彼は洗練された宇宙船パイロット狙撃手で、重火器や2丁のレーザーピストルを好んで使う。軍事戦術家としても優れており、スターロード不在の時はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーを指揮する。

MCU版[編集]

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ではブラッドリー・クーパーがロケットの声を務める[22][23]。なお、日本語版では“ロケット・ラクーン”ではなく“ロケット”と表記されている。日本語吹替は加藤浩次極楽とんぼ〉が担当。

キャラクター像[編集]

アライグマの姿をした、百戦錬磨の傭兵兼賞金稼ぎ。キーストーン・クオドラント星系にある惑星“ハーフワールド”出身[24]。元は人間だったが、被験対象“89P13”として[注釈 1]遺伝子改造され[24]、現在の姿となった[25][26][27] [28]グルートとは賞金稼ぎコンビを組んでいた頃からの親友兼相棒同士であり、彼の意思を理解でき、周囲の人物に通訳することも多い。22の刑務所を脱走した経歴と窃盗13件、傭兵活動容疑7件、放火15件、公共の場での酩酊1件の前科を持つ[24]

かなり下品なほどがさつで気性が荒く口も悪いなど、愛らしいその外観とは正反対な性格で、「アライグマ」やこれを連想させる単語・似通った単語で呼ばれるだけで立腹し、自身が受けた実験に憤慨しているほど[29]、現在の姿に改造されたことをコンプレックスに感じている。手癖が悪く、他者の不幸などを面白がることもある嫌われがちな毒舌家だが、むしゃくしゃしながらも身近な者を助けたり、それに該当する人物が命を落としたことを目の当たりにすると動揺を隠せなかったり、甘えた態度をとる相手に常識をもって説教してしまうなど、意外と情に脆い本質とまともな感覚まで持ち併せた男である。

ピーター・クイル/スター・ロードたちと“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”結成後は、トラブルメーカーでもある反面、持ち前の技能でチーム随一の兵器専門家となり、仲間たちを徐々にではあるが「家族」と認めていく。また、ソーと出会った頃には他者から「アライグマ」などと呼ばれても腹を立てずに話し相手と向き合うほど精神面での変化も見せる[注釈 2]

能力[編集]

銃火器をはじめとした武器の運用や戦闘術、機械操作と脱獄術に精通し、勘定高く、賞金稼ぎ時代の経験からあらゆる危機にも対応できるなどクイルに匹敵するほどの臨機応変さも持つため、戦闘能力はかなり高い。サイバネティックス改変によって強化された反射神経で宇宙船の操縦にも長ける[24]。また、自身らの活動に必要な高性能ツール各種をあり合わせの資材だけで、しかも単身で創り上げたり修理も行えるほど、発明家兼エンジニアとして非常に優れた技術力も有している。

ツール[編集]

航海パネル[24]
情報収集や宇宙船操縦時に使用する携帯機器。賞金首の指名手配書から多数の惑星のデータまで、さまざまな資料が載っている[24]
レーザーキャノン[24][30]
ロケットが愛用する、彼の身長とほぼ同サイズの無骨な銃火器。四筒式の砲身[24]に、“二重 RE-1FF レーザー/イオンパワーセル”[24]や、“TRE-VA5 着脱式ヒートスコープ”[24]などさまざまなパーツが搭載されており、普段は銃身を収縮した状態で背中に担いで携行し、使用時には銃身を伸長する。命中した相手を麻痺させるイオンパルス弾を放つことも可能。
イオン・キャノン
エゴとの戦いで用いた彼の身長とほぼ同サイズのキャノン砲。レーザーキャノンと同様に、普段は銃身を収縮した状態で背中に担いで携行し、使用時には銃身を伸長する。
ヘビーマシンガン[31]
アビリスクとの戦いで使用した、彼の身長とほぼ同サイズの無骨なマシンガン。
ステッカーディスク[31]
ラヴェジャーズとの戦いで使用した、直径4センチほどの放電ディスク。相手の身体に接着可能で、接着段階で自動的に電源が入り、ロケットが腕に装着したガントレット操作により高圧電流を発生させる。
ダーツランチャー[31]
ラヴェジャーズとの戦いで使用したブービートラップ[24]。連動するセンサーに触れた者へ数十発ものダーツを同時発射し、喰らった相手を気絶・殺傷させる。
ビーズ
エゴとの戦いで使用した、大量のビー玉大サイズのボール。自らの周囲に撒いて黄色いボール状のバリアフィールドを形成したり、敵にぶつけて指向性爆薬としても機能する。
ブラスター・ライフル
ワカンダでの戦いにおいてアウトライダーズ相手に使用する、彼の身長ほどの大型ビームガン。
抽出器
タイム泥棒作戦”の際に使用した注射器風のツール。ソーと共に2013年のアスガルドに時間移動したロケットは、これを使ってジェーン・フォスターに寄生していた“エーテル/リアリティ・ストーン”を吸引・回収する。
デュアル・ブラスター
2014年から時間移動してきたサノスの群勢との最終決戦で使用した2丁のハンドガン。

このほかにもロケットは、“キルン刑務所”からの脱獄時にはノバ軍の兵士のライフルを、エクレクター号からの脱出直前には、ラヴェジャーズのクルーが落とした“BN-1 ブラスター”(通称“ケイティ”)[29]と“BA-17 イオン銃”(通称“ヴィッキー”)[29]も武器として使用しており、“タイム泥棒作戦”の際には“量子スーツ(アベンジャーズ仕様)”を着用した。

各作品での活躍[編集]

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
本作でMCU初登場。
グルートと共に賞金稼ぎコンビとして宇宙を旅していたある日、惑星“ザンダー”で賞金首となったクイルを捕獲しようと行動するが、居あわせたガモーラとも三つ巴の騒動を起こしたことで、“キルン刑務所”に収監されてしまう。
だが“オーブ”を売って得た大金の山分けを条件に、クイルやガモーラたちと手を組み、別の罪状で収監されていたドラックスも同伴させてキルン刑務所の脱獄に成功。採掘コロニーの“ノーウェア”でタニリーア・ティヴァン/コレクターにオーブを売り払おうとするが、オーブの中身であった“パワー・ストーン”の暴発で売却に失敗し、オーブをロナン・ジ・アキューザーらに奪われると、グルートと共にロナンに敗れたドラックスや、“ラヴェジャーズ”に捕まったクイルとガモーラを救い、クイルたちと力を合わせることを決意して“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の一員になる。
ザンダーでの戦いでは、ラヴェジャーズと共にMシップを操縦して“ダーク・アスター”に攻撃・特攻を加え、パワー・ストーンを握ったクイルを皆と支えてロナン撃破に貢献した。グルートを喪った事実に涙するも、“ノバ軍警察”によって前科を抹消され、ガーディアンズの仲間たちと共に新たな旅へと飛び立つ。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス
本作では仲間との口争いが絶えず、アニュラックス電池をくすねるなど問題行動を取る反面、仲間との友情も垣間見せるようになる。またエゴの星に向かう最中には、ヨンドゥ・ウドンタと似たもの同士であることを認め合う。
惑星“ソヴリン”でアニュラックス電池の警備を成功させるも、電池をくすねたことでソヴリン艦隊に追われ、チームを危機に陥れてしまう。そこで自分たちを救ってくれたエゴと出会うと、彼に同行するクイルたちと別行動で惑星“ベアハート”に残り、大破したミラノ号の修理にあたる。後に襲って来たラヴェジャーズのメンバーの多くを単身で蹴散らすも、彼らの内紛に巻き込まれてヨンドゥ共々捕縛されてしまった。
だがベビー・グルートとクラグリン・オブフォンテリの手助けを得て、ヨンドゥも交え脱出とラヴェジャーズ討伐に成功。“エゴの星”に向かい、エゴとの戦いに身を投じて、ベビー・グルートにはエゴ打倒のための爆弾を、ヨンドゥには惑星脱出のための宇宙用装備セットを託した。
ガモーラのクイル救出を止めた際やヨンドゥの葬儀では自身の本心を明かし、後者では今回の行いを反省して、皆と共にヨンドゥを偲ぶ。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
本作では自分たちと出会ったソーと意気投合し、グルートも交えて行動を共にする。
救出されたソーが、サノス打倒のために惑星“ニダベリア”へ赴くことを決めると、ニダベリアの伝説を知っていたことでおだてられ、ソーの新たな武器を調達するため、グルートを連れてニダベリアへ向かう。その道中で、ソーが抱える苦悩や覚悟を知り、「自分には失いたくない者が沢山ある」と打ち明けながら、彼を改めて同志と認めて共にサノスと戦う決意を固める。
ニダベリアでは、ソーと共に新たな武器製作のために奮闘し、“ストームブレイカー”が完成すると、ソー、グルートと3人で地球のワカンダでの決戦に駆けつけ、自身と同じく銃器を装備して戦っていたバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーと組んで敵群を一掃する。だが、“インフィニティ・ストーン”を複数保有するサノスには敵わず、彼が引き起こした“デシメーション”によって、グルートが多くのヒーローたちや人々と同様に塵と化して消滅してしまう光景を目の当たりにする。
アベンジャーズ/エンドゲーム
本作では、自分と同じく消滅を免れたネビュラと共に“アベンジャーズ”と共闘するヒーローとして登場し、トニー・スターク/アイアンマンブルース・バナー/スマート・ハルクと力を合わせ、エンジニアとしての腕もふるう。5年後には、ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ ウィドウたちと通信でそれぞれの活動を報告し合う戦友同士となっている[注釈 3]
物語の冒頭で他のヒーローたちと“アベンジャーズ・コンパウンド”にいたところに、キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベルが連れ帰って来たネビュラをいたわり、彼女の言とインフィニティ・ストーンが再使用された反応からサノスの居場所が判明すると、皆と共に今度こそサノスを倒してストーンを奪還しようと決意。消滅を免れたヒーローたちを乗せた“ベネター号”を操縦して惑星“ガーデン”に到着するが、無抵抗のサノスの討伐には成功するも、6つのストーンは破棄されており、失意に暮れる。
デシメーションから5年後、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカたちがタイム泥棒作戦の実行を決めると地球を再訪し、ブルースと2人でトンスベルグの“ニューアスガルド”に赴くと、怠惰な状態になったソーを説得し、コンパウンドへ連れ出した。
タイム泥棒作戦実行前にパワー・ストーンの情報提供と新型の“量子トンネル”開発・動作試験を行い、作戦本番ではソーともにリアリティ・ストーン入手のために2013年のアスガルドへタイムトラベルするも、彼の実母であるフリッガや元恋人のジェーンを見て怖気づいたソーに頭を抱える羽目になる。それでも単身でストーンを得ることに成功し、立ち直ったソーと共に2023年に帰還。
6つのストーンと、新開発した“ナノ・ガントレット”を使ったブルースによって、5年前に消滅した人々が復活した直後、2014年の世界からタイムトラベルしてきたサノスの群勢の爆撃によってブルースやローディと生き埋めになり、水没しかけてしまった。しかし、スコット・ラング/アントマンに救われて危機を脱し、スティーブの号令で大乱闘が開始されると、その最中にサノスが“サンクチュアリⅡ”に戦地を再度爆撃させていたところにグルートと再会。その直後に、戦地の上空に駆けつけてサンクチュアリⅡに特攻し大破させたキャロルに驚喜した。
トニーによってサノスの群勢が消滅し、戦いが終わると、ガモーラ以外のガーディアンズの仲間たちやネビュラと共にトニーの葬儀に参列。その後自分たちに同行して宇宙の旅に出ることを決めたソーをベネター号に乗船させ、彼と張り合いかけるクイルに直接対決するように仲間たちと囃し立てる。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

  • テレビアニメ『ハルク:スマッシュヒーローズ英語版』の第1シーズン第26話「It's a Wonderful Smash」ではセス・グリーンがロケット・ラクーンの声優を務めた[35]

テレビゲーム[編集]

  • Facebookゲーム『Marvel: Avengers Alliance』でロケット・ラクーンが操作可能キャラクターとして登場した。

コレクテッド・エディション[編集]

タイトル 収録内容 発行日 ISBN
Rocket Raccoon: Guardian of the Keystone Quadrant The Incredible Hulk #271, Rocket Raccoon #1-4, Marvel Preview #7 ("The Sword in the Star!: Stave 2: Witchworld!" 2011年8月 ISBN 978-0-7851-5527-0
Rocket Raccoon & Groot: The Complete Collection Tales to Astonish #13, Marvel Preview #7, Incredible Hulk #271, Rocket Raccoon #1-4, Annihilators #1-4, and Annihilators: Earthfall #1-4 2013年4月 ISBN 978-0-7851-6713-6

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ノバ軍からも被疑者コードとしてこのナンバーで呼ばれる。
  2. ^ ソーからは「ウサギ」のニックネームで呼称され、トニー・スターク/アイアンマンからは「ぬいぐるみ」・「ラチェット」、キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベルからは「顔面ファー君」と呼ばれたこともある。
  3. ^ 通信では「ダンヴァースが怪しいゴミだらけの宇宙船を運んで〜」と報告した。

出典[編集]

  1. ^ Reed, Bill (2007年6月12日). “365 Reasons to Love Comics #163”. Comics Should Be Good. Comic Book Resources. 2012年9月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e Cronin, Brian (2014年2月19日). “The Unlikely Journey of "Guardians of the Galaxy" Star Rocket Raccoon”. Comic Book Resources. 2014年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月21日閲覧。
  3. ^ GETTING EXCLUSIVE AT MARVEL’S CUP O’ JOE”. WizardUniverse.com. 2007年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年2月25日閲覧。
  4. ^ Rogers, Vaneta (2008年5月14日). “Greeting the Guardians: Rocket Raccoon, Groot”. Newsarama. 2009年2月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月21日閲覧。
  5. ^ Beames, Robert (2012年6月14日). “Marvel Teasing Guardians of the Galaxy As Next Movie?”. WhatCulture!. 2012年9月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年9月11日閲覧。
  6. ^ Truitt, Brian (2012年3月12日). “Comic-book Avengers assemble ahead of movie version”. USA Today. オリジナルの2012年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6AbubUugA?url=http://www.usatoday.com/life/comics/story/2012-02-28/Avengers-Assemble-comic-book-series/53503232/1 2012年9月11日閲覧。 
  7. ^ Richards, Dave (2012年10月14日). “NYCC: Bendis, McNiven & Wacker Relaunch the "Guardians of the Galaxy"”. Comic Book Resources. 2012年10月15日閲覧。
  8. ^ Meylikhov, Matthew (February 28, 2014)"Rocket Raccoon Blasts Off (and Probably Other Puns) in New Skottie Young Series", Multiversity Comics (accessed March 10, 2014)
  9. ^ a b ビル・マントロ英語版 (w), サル・ビュッセマ英語版 (p). "Rocket Raccoon!" The Incredible Hulk #271 (1982年5月), Marvel Comics
  10. ^ ビル・マントロ英語版 (w), マイク・ミニョーラ (p), アル・ゴードン英語版 (i). "Rocket Raccoon/Animal Crackers" Rocket Raccoon #1 (1985年5月), Marvel Comics
  11. ^ ビル・マントロ英語版 (w), マイク・ミニョーラ (p), アル・ゴードン英語版 (i). "The Masque of the Red Breath" Rocket Raccoon #2 (1985年6月), Marvel Comics
  12. ^ ビル・マントロ英語版 (w), マイク・ミニョーラ (p), アル・ゴードン英語版 (i). "The Book of Revelations!" Rocket Raccoon #3 (1985年7月), Marvel Comics
  13. ^ ビル・マントロ英語版 (w), マイク・ミニョーラ (p), アル・ゴードン英語版 (i). "The Age of Enlightenment" Rocket Raccoon #4 (1985年8月), Marvel Comics
  14. ^ マーク・グリューンワルト英語版 (w), マイク・マンリー英語版 (p), ダン・パノシアン英語版 (i). "Death Watch (Journey Into Mystery Part 3 of 4)" Quasar #15 (1990年10月), Marvel Comics
  15. ^ a b キース・ギッフェン英語版 (w), ティモシー・グリーン二世英語版 (p), ヴィクター・オラザバ (i). Annihilation: Conquest - Star-Lord #1 (2007年9月), Marvel Comics
  16. ^ キース・ギッフェン英語版 (w), ティモシー・グリーン二世英語版 (p), ヴィクター・オラザバ (i). Annihilation: Conquest - Star-Lord #2 (2007年10月), Marvel Comics
  17. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ポール・ペルティエ英語版 (p), リック・マグヤー (i). "Somebody's Got To Do It" Guardians of the Galaxy vol. 2, #1 (2008年7月), Marvel Comics
  18. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ブラッド・ウォーカー (p), リック・マグヤー (i). "Past Mistakes" Guardians of the Galaxy vol. 2, #8 (2009年2月), Marvel Comics
  19. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ブラッド・ウォーカー (p), リック・マグヤー、ジョン・リヴゼイ (i). "Blastaared" Guardians of the Galaxy vol. 2, #10 (2009年4月), Marvel Comics
  20. ^ ブラッド・ウォーカー (p), ヴィクター・オラザバ (i). "Peacemakers" Guardians of the Galaxy vol. 2, #13 (2009年6月), Marvel Comics
  21. ^ ダン・アブネット, アンディ・ランニング (w), ポール・ペルティエ英語版 (p), リック・マグヤー (i). "The Head That Wears the Crown" War of Kings #3 (2009年7月), Marvel Comics
  22. ^ Kit, Borys (2012年7月14日). “'Comic-Con 2012: Marvel Names 'Avengers' Follow-Ups; Robert Downey Jr. Makes Surprise Appearance'”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2012年8月5日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/69gDu8lmx?url=http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/comic-con-2012-marvel-movies-robert-downey-jr-349346 2012年7月16日閲覧。 
  23. ^ OFFICIAL: Bradley Cooper to Voice Rocket Raccoon in Marvel’s Guardians of the Galaxy”. Marvel (2013年8月30日). 2014年3月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月30日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g h i j k ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 184
  25. ^ 'Guardians of the Galaxy' Official Character Descriptions (minor spoilers)”. Stitch Kingdom (2014年5月15日). 2014年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月15日閲覧。
  26. ^ Read the Official Synopsis For Marvel's Guardians of the Galaxy”. Marvel (2014年1月3日). 2014年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月17日閲覧。
  27. ^ OFFICIAL: Bradley Cooper to Voice Rocket Raccoon in Marvel’s Guardians of the Galaxy”. Marvel (2013年8月30日). 2013年8月30日閲覧。
  28. ^ Kit, Borys (2013年8月22日). “Bradley Cooper in Talks to Voice Rocket Raccoon in Marvel's 'Guardians of the Galaxy'”. The Hollywood Reporter. 2013年8月22日閲覧。
  29. ^ a b c ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 185
  30. ^ 超全集 2019, p. 72
  31. ^ a b c 【特集】ゴミパンダなんて呼ばせない!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』最高戦力、ロケット先輩の能力分析”. 2017年6月3日閲覧。
  32. ^ by dailypop (2011年9月11日). “New characters and more in Avengers: Earth’s Mightiest Heroes season 2”. Dailypop.wordpress.com. 2014年5月7日閲覧。
  33. ^ Sneak Peak: Images on Upcoming Ultimate Spider-Man episode "Guardians of the Galaxy"”. comicbookmovie (2013年7月19日). 2014年8月1日閲覧。
  34. ^ Marvel's Avengers Assemble Clip: Teaming with the Guardians of the Galaxy - IGN Video”. Ign.com (2014年4月4日). 2014年5月7日閲覧。
  35. ^ "It's a Wonderful Smash". Hulk and the Agents of S.M.A.S.H.. Disney XD. 2014年7月6日放送. 25回,シーズン1.
  36. ^ Sinclair, Brendan (2011年7月20日). “GameSpot - Ultimate Marvel vs. Capcom 3 roster leaked”. comic-con.gamespot.com. 2011年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月1日閲覧。
  37. ^ Rocket Raccoon joins Marvel Heroes”. Marvel Heroes (2012年7月16日). 2012年8月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月19日閲覧。
  38. ^ Goofing Around With Mr. Fantastic - Lego Marvel Super Heroes - Xbox 360”. www.GameInformer.com (2013年8月21日). 2014年5月7日閲覧。
  39. ^ Disney Infinity Marvel Super Heroes Announced”. IGN (2014年4月30日). 2014年4月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6。
  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8。