ロケット団 (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ロケット団
ROCKET-DAN
メンバー 倉本剛
三浦昌朗
結成年 1998年
事務所 グレープカンパニー
活動時期 2000年 -
師匠 おぼん・こぼん
5代目鈴々舎馬風
出会い 劇団
旧コンビ名 ロケット弾
現在の活動状況 テレビ・寄席など
芸種 漫才
ネタ作成者 三浦昌朗[1]
公式サイト プロフィール
受賞歴
2002年 漫才新人大賞
2006年 花形演芸大賞銀賞
2006年 浅草芸能大賞新人賞
2006年 芸術祭演芸部門新人賞
テンプレートを表示

ロケット団(ロケットだん)は、グレープカンパニー漫才協会落語協会に所属する日本のお笑いコンビ1998年結成。

5代目鈴々舎馬風ファミリー。出囃子は「少年探偵団のうた」。

メンバー[編集]

  • 三浦 昌朗(みうら まさあき、 (1974-07-10) 1974年7月10日(46歳) - )ボケ・ネタ作り担当。
山形県山形市出身。趣味はプロレス観戦。
好きな言葉は「一石二鳥」「棚から牡丹餅(たなからぼたもち)」。
東海大学山形高等学校東海大学文学部卒業。血液型A型。
  • 倉本 剛(くらもと ごう、 (1977-05-05) 1977年5月5日(44歳) - )ツッコミ担当。
岩手県盛岡市出身(事務所公式など、「東京都」表記も見られる)。趣味は飲酒喫煙読書
好きな言葉は「昭和」「時代錯誤」。
中央大学文学部中退。血液型O型。

概要・芸風[編集]

  • 元サラリーマンの三浦と劇団員の倉本により、劇団内で結成。2000年に劇団を退団し、本格的に漫才に取り組む。師匠はおぼん・こぼん
  • コンビ名は劇団の先輩が命名。当初は「ロケット弾」として活動していた[1]
  • 漫才協会および落語協会に属していることから、浅草東洋館での漫才協会定席のほか、寄席での落語協会定席などを中心に活動している。
  • 以前はサンドウィッチマンあぁ~しらきの3組による自主ライブ『鈍器のような者』を行っていた。
  • ナイツ宮田陽・昇ホンキートンクを加えた4組で「漫才協会四天王」と、ナイツ、Wコロンを加えた3組で「漫才協会の三羽烏」と称される。
  • 漫才は基本的に時事ネタ。芸能人の不祥事(薬物使用等)や北朝鮮など際どい題材を扱うことも多い。テレビでは過激なものは極力回避するものの、逆に新春!お笑い名人寄席ではテレ東サイドよりこれらのネタを指定されるという。
  • 爆笑レッドカーペットでは一貫して倉本が最近話題の外来語を言い、三浦が「そんなの山形じゃずいぶん前から使ってますよ」と言うが、それは外来語ではなく訛っているからそう聞こえるだけであるという山形弁ネタを展開していた。
  • 2011年に漫才協会23組目の真打昇進。同年11月29日の第42回漫才大会で披露興行を行う。なお、これにより師匠よりも先に真打に昇進したことになり、おぼん・こぼんも口上で自嘲気味にネタにしていた[2]
  • 2015年2月にトービックを離れ、かねてより親交のあったサンドウィッチマンの所属事務所であるグレープカンパニーへ移籍した。
  • 隔月で新宿末廣亭で「定例集会」と称したライブを開催している。2020年に通算100回目になることを記念し特別公演を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け3月、5月と公演が延期となり[3]、9月にサンシャイン劇場にて、シークレットゲストにサンドウィッチマンを迎えようやく開催された[4]。また同年に三浦の地元・山形で定例集会をレギュラー開催する計画も発表されたが、こちらも同様に延期が続き[5]、初回は翌21年5月に開催された[6]
  • 倉本の愛煙家ぶりは語りぐさになることが多く、オキシジェンがよくものまねしている。
  • 三浦は2013年に結婚したが2020年12月15日に離婚[7]。離婚について相談していたサンドウィッチマンに、2021年2月20日の長野のステージ上で離婚を不意打ちに観客の前でバラされてしまい[8]、翌日のブログで離婚を正式に発表した[9]

出演番組[編集]

テレビ[編集]

初出演時はまだ真打ちに昇進していない。

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 軽未使用車専門店 fino[ふぃの]

受賞歴[編集]

出典[編集]