ロケット (駆逐艦・3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
HMS Rocket AWM 302473.jpeg
基本情報
艦歴
起工 1941年3月14日
進水 1942年10月28日
就役 1943年8月4日
その後 1967年にスクラップとして売却
要目
排水量 基準:1,705トン
満載:2,425トン
全長 358.25 ft (109.2 m)
最大幅 35.75 ft (10.9 m)
吃水 9.5 ft (2.9 m)
機関 2軸推進、40,000 shp (30,000 kW)
最大速力 36ノット (67 km/h)
乗員 176名
テンプレートを表示

ロケット (HMS Rocket, H92) は、イギリス海軍駆逐艦R級

艦歴[編集]

スコッツ社で建造。1941年3月14日起工し、1942年10月28日進水。1943年8月4日に就役した。

1944年10月23日、イギリス海峡で軽巡洋艦カリブディス、駆逐艦グレンヴィル、リンボーン、ウェンスリーデイル、タリボント、スティーブンストンと共に作戦行動中ドイツ水雷艇T22、T23、T25T26T27による攻撃でカリブディスとリンボーンが被雷し沈没した。

1944年になるとインド洋に移った。3月、ドイツ船ブラーケ (Brake) を捕獲。7月、クリムズン作戦サバン攻撃)に参加し、砲撃を実施した。8月、バンクェット作戦スマトラ島空襲)に参加。9月ライト作戦スマトラ島空襲など)に参加した。

1945年2月、フォース68(ロケットと駆逐艦ロザラム、ローバック、ラピッド)がアンダマン海での船舶攻撃(サファイス作戦、トレイニング作戦)を実施。トレイニング作戦ではフォース68は数隻の船を沈めたほかポートブレア砲撃を行った。4月、フォース62(ロケットと駆逐艦ロザラム、レースホース、リダウト)はビルマ沿岸へ2度の出撃を行い数隻の船を沈めグレートココ島を砲撃した(ペンザンス作戦、パスブック作戦)。5月、日本の重巡洋艦羽黒迎撃作戦(デュークダム作戦)に参加する。

戦後、15型フリゲートに改装された。1967年に解体。

参考文献[編集]

  • M.J.ホイットレー、『第二次大戦駆逐艦総覧』、岩重多四郎 訳、大日本絵画、2000年、ISBN 4-499-22710-0
  • Jurgen Rohwer, Chronology of the War at Sea 1939-1945, Naval institute press, 2005, ISBN 1-59114-119-2
  • John Winton, The Forgotten Fleet:The British Navy in the Pacific 1944-1945, Coward McCann, 1970
  • SERVICE HISTORIES of ROYAL NAVY WARSHIPS in WORLD WAR 2 and OTHER PAPERS