ロケーション (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロケーション
監督 森崎東
脚本 近藤昭二
森崎東
原作 津田一郎
『ザ・ロケーション』
製作 中川滋弘
赤司学文
出演者 西田敏行
大楠道代
美保純
柄本明
音楽 佐藤允彦
撮影 水野征樹
編集 近藤光雄
配給 松竹
公開 1984年9月22日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ロケーション』は、1984年公開の日本映画松竹製作の森崎東監督作品。

概要[編集]

ピンク映画のスチールカメラマン津田一郎の著書『ザ・ロケーション』(晩声社・刊)を原作にした映画作品。ピンク映画制作を軸にしたコメディであるが、サスペンス、人間ドラマ的要素も盛り込まれている。チーフ助監督役を務めた竹中直人の一般映画デビュー作でもある。

あらすじ[編集]

ピンク映画のカメラマンである小田辺(西田敏行)は、妻で主演女優の奈津子(大楠道代)が自殺未遂し、撮影がストップし困りはてていた。たまたまロケ現場として借りた連れ込み宿の掃除婦笑子(美保純)を強引に主演女優の代役にしたてて、撮影を続行させる。しかし撮影中、監督(加藤武)は病気で倒れ、笑子は自分の田舎に墓参りに帰るので撮影は降りると言い出す。笑子の帰郷を逆手にとり、ロケ場所を笑子の故郷である福島の湯本に代え、その場その場で脚本を変えながら撮影していく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]