ロシアゴスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロシアゴスキー』は、2017年10月からNHK Eテレで放送されているロシア語語学番組

概要[編集]

テレビでロシア語』に替わる番組としてスタートした。元々日本でロシア語の語学番組は歴史的経緯もあり他の言語の番組に比べあまり需要が無く、NHKテレビでも一時放送断絶となることもあった[1]。『テレビでロシア語』第2シリーズに至っては同じ内容が4年半にもわたって繰り返された。そのため、他の語学番組と一線を画すべく、思い切った改革が為された。

  • タイトルは従来の『テレビで●●語』『旅する●●語』のパターンは踏襲せず、「ロシア語好き」をロシア人の人名風に表現した[2]
  • 講座開設単位を従前の半年からさらに短縮し、3か月完結とした。
  • 演出は『旅するユーロ』シリーズのパターンを踏襲したが、旅人は日本人ではなく、現地の日系企業に勤めた経験があるロシア人女性を起用した[3]

テキストは講座期間が3か月に短縮されたこともあり、全内容を1冊に纏めリピート放送でも使えるようにした[2]

放送時間[編集]

放送期間 本放送 再放送 備考
2017.10.05 2017.12.28[4] 木曜 01:00 - 01:25(水曜深夜) 翌週火曜 05:30 - 05:55 以下「第1シリーズ」とする
2018.01.09[5] 2018.03.29 原則「第1シリーズ」のリピート
2018.04.03 2018.06.27 水曜 0:50 - 01:15(火曜深夜)
2018.07.04 2018.09.26[6]
2018.10.03 2018.12.26 以下「第2シリーズ」とする

出演者[編集]

講師
前田和泉東京外国語大学准教授)
リポーター
タチアナ・ティマコワ(ターニャ/第一シーズン モスクワ編)
ヴィクトリヤ・ワーグネル(ヴィーカ/第二シーズン サンクト・ペテルブルク編)
ナレーター
ジェーニャ[7]
ロシアゴスキーの声
オレーグ・ヴィソーチン(関東国際高等学校講師)

講座内容[編集]

第1シリーズ モスクワ編(全12回)[編集]

副題
1 赤の広場からこんにちは!
2 スーパーマーケットでラクラクお買い物
3 話題の個性派レストランへ
4 地下鉄を乗りこなそう
5 気軽に楽しむロシアの味
6 老舗デパートでお土産探し
7 憧れのボリショイ劇場
8 モスクワは芸術の都
9 ホテル滞在を楽しもう
10 クルーズ船でモスクワ新発見
11 情熱の詩人に会いに行く
12 雀が丘にて~モスクワの旅を振り返って

第2シリーズ サンクト・ペテルブルク編(全12回)[編集]

副題
1 ネフスキー大通りでショッピング!
2 サンクトペテルブルクの新名所へ
3 華麗なる噴水の競演!ペテルゴフ
4 ダーチャで乾杯!
5 サンクトペテルブルクでニッポン探し
6 美の宮殿 エルミタージュ美術館
7 ロシア民話の世界へ キジ島を巡る
8 ロシアのロック音楽を体感!
9 サンクトペテルブルクを食べつくす
10 国民詩人プーシキンを訪ねる
11 ロシア・バレエの殿堂へ
12 サンクトペテルブルクの旅を振り返って

脚注・出典[編集]

  1. ^ 2004年度下期、『アラビア語会話』の開始に伴い当時の番組だった『ロシア語会話』の放送が打ち切られた。半年後に新作で放送再開。
  2. ^ a b 番組公式サイトにおける説明より
  3. ^ 第1回放送冒頭における出演者紹介より
  4. ^ この日は暦の関係で前週放送した最終回(第12回)の再々放送となった。
  5. ^ この日に限り暦の関係で前年末放送の最終回の再々々放送となった。
  6. ^ この日は暦の関係で前週放送した最終回(第12回)の再々々放送となった。
  7. ^ 『「テレビでロシア語」から「ロシアゴスキー」へ!』(ジェーニャ公式ブログ、2017年8月30日)


NHK教育テレビ ロシア語講座番組
前番組 番組名 次番組
ロシアゴスキー
-