ロシア連邦大統領特殊プログラム総局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロシア連邦大統領特殊プログラム総局(ロシアれんぽうだいとうりょうとくしゅプログラムそうきょく、ロシア語: Главное управление специальных программ Президента、略称:ロシア語: ГУСП)は、ロシア連邦の地下シェルター等の特殊施設の建設・運営・維持を担当する機関である。

公式の歴史では、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国閣僚会議総務局第5局が前身とされるが、当時、連邦レベルで同種の業務を担当していたのは、ソ連国家保安委員会(KGB)第15局であったことに注意を要する。KGB第15局は、ソ連指導部の地下シェルター、秘密地下鉄「メトロ-2」(Метро-2)、秘密地下道の建設・運営・維持を担当していた。

歴史[編集]

公式には、特殊プログラム総局の前身は、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国閣僚会議総務局第5局であるとされ、閣僚会議総務局第5局の発足日は1977年1月6日である。

1991年8月5日、第5局は大統領府に移管され、1992年9月24日、ロシア連邦大統領府特殊プログラム計画・実現局に改編された。

1994年1月5日、特殊プログラム計画・実現局が改編され、ロシア連邦大統領府特殊プログラム総局が創設された。当初は、大統領府に所属する部署だったが、1998年4月30日、大統領直属の連邦執行権力機関となった。2004年9月7日、総局規程承認。

組織[編集]

2004年9月7日付大統領令によれば、特殊プログラム総局は、2人の副総局長と5つの局を有するとされている。

  • ロシア連邦大統領附属特殊施設局 - 俗称「モグラ」(кроты
  • 運用技術局 - 俗称「雄鶏」(петухи

歴代総局長[編集]

  • ワシーリー・フロロフ Василий Фролов (1994年~1998年)
  • ヴィクトル・ゾリン Виктор Зорин (1998年~2000年)
  • アレクサンドル・ツァレンコ Александр Царенко (2000年~2011年10月31日)
  • ドミートリー・ルイシコフ Дмитрий Рыжков (2011年10月31日~2014年3月10日)
  • ウラジスラフ・メニシチコフ Владислав Меньщиков (2014年3月10日~2015年4月7日)
  • アレクサンドル・リネツ Александр Линец (2015年4月7日~)

関連項目[編集]