ロジェ・シャルチエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Chartier Roger.jpg
ロジェ・シャルチエ
人物情報
生誕 フランスの旗 フランス・リヨン
学問
学派 アナール学派
研究分野 歴史学
研究機関 コレージュ・ド・フランス
特筆すべき概念 アプロプリアシオン
主な受賞歴 Grand Prix Gobert de l'Académie française, Annual Award of the American Printing History Association
テンプレートを表示

ロジェ・シャルチエRoger Chartier1945年12月9日 - )はフランス歴史家読書の歴史、読者の歴史、メディア史を専門分野とする。フランス歴史学アナール学派の第四世代に属する。特に「アプロプリアシオン」概念の提唱で著名。また歴史学の方法論的・認識論的な問題にも関心を持つ。社会学人類学哲学に造詣が深いことで知られる。2006年からコレージュ・ド・フランス教授[1]

略歴[編集]

フランスのリヨン生まれ。リヨンの高等師範学校に進学。同時にパリのソルボンヌ大学でも学び、アルフォンス・デュプロンフランス語版の指導を受ける。1969年アグレガシオン取得。ルイ=ル=グラン高校の教員を経て、パリ第一大学助手。1978年社会科学高等研究院助教授、83年教授[2]。2006年にコレージュ・ド・フランスの教授に選出、講座「Écrit et cultures dans l'Europe moderne」を担当[3]

2001年からアメリカのペンシルヴェニア大学客員教授。2010年の来日時は国立国会図書館で「本と読書、その歴史と未来」と題する講演を行った。

アナール学派の社会史の伝統を引き継ぎつつもブローデルらの統計データ偏重の手法とは一線を画する。たとえば近世における識字率データは貴族階級にも民衆階級にも存在した読み聞かせ、共同読書といった現実的慣習(プラティーク)を視野に入れなければ当時の文化と社会の実態分析にはならないと批判した。

著作[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1] Collège de France
  2. ^ [2] EHESS
  3. ^ [3] Collège de France