ロジャーバローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロジャーバローズ
Roger Barows(JPN) IMG 9010-1 20181014.jpg
紫菊賞出走時
(2018年10月14日)
現役期間 2018年 -
欧字表記 Roger Barows
香港表記 名父巴魯
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2016年1月24日(3歳)
ディープインパクト
リトルブック
母の父 Librettist
生国 日本の旗 日本北海道新ひだか町
生産 飛野牧場
馬主 猪熊広次
調教師 角居勝彦栗東
競走成績
生涯成績 6戦3勝
 
勝ち鞍
GI 東京優駿 2019年
テンプレートを表示

ロジャーバローズ英語: Roger Barows)は、日本の競走馬である。主な勝ち鞍は2019年東京優駿

経歴[編集]

デビュー前[編集]

2016年1月24日、新ひだか町の飛野牧場にて生まれる。

同年7月12日、セレクトセール当歳馬市場に上場(上場番号410)され、猪熊広次によって7800万円で落札される。セール後はノーザンファーム空港牧場A1厩舎で育成された[1]

2歳(2018年)[編集]

8月18日の新潟競馬場芝2000mの新馬戦に戸崎圭太とのコンビでデビューした。レースは道中5番手を追走して直線楽に抜け出して快勝した。

その後は特別の紫菊賞がアドマイヤジャスタの2着となりこの年を終える。

3歳(2019年)[編集]

年明けの福寿草特別を勝って、初の重賞挑戦となったスプリングステークスは初の長距離遠征が影響して7着となり、京都新聞杯へ駒を進めた。この時から鞍上は浜中俊に乗り替わった。レースは逃げて、最後の直線は逃げ切りを図るがレッドジェニアルに差されて、2着に敗れた。なお5月16日にJRAから10月6日にパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞キセキサートゥルナーリアらと共に登録したことが発表された。

迎えた第86回東京優駿では同厩舎のサートゥルナーリアが単勝1.6倍の1番人気に押される中、ロジャーバローズは単勝93.1倍の伏兵扱いとされていた。しかしレースはリオンリオンが1000m57.8で逃げ、離れた2番手をマイペースに追走。直線は早めに追い出して、先頭に立ち、差を詰めるダノンキングリーをクビ差凌いで1着でゴール。鞍上の浜中俊は6回目の挑戦でダービージョッキーとなった。

そしてダービーの数日後、陣営から凱旋門賞への挑戦が決定した。[2]

競走成績[編集]

以下の内容はnetkeiba.comの情報[3]に基づく。

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上がり3F)
着差 騎手 斤量
[kg]
1着馬(2着馬) 馬体重
[kg]
2018.08.18 新潟 2歳新馬 芝2000m(良) 14 2 2 002.50(1人) 01着 R2:02.5(35.8) -0.2 0戸崎圭太 54 (ポイントオブオナー) 484
0000.10.14 京都 紫菊賞 芝2000m(良) 7 4 4 004.20(3人) 02着 R2:01.0(35.9) -0.2 0戸崎圭太 55 アドマイヤジャスタ 484
2019.01.05 京都 福寿草特別 芝2000m(良) 6 4 4 002.30(1人) 01着 R2:02.4(35.6) -0.3 0松山弘平 56 (ハギノアップロード) 500
0000.03.17 中山 スプリングS GII 芝1800m(良) 16 8 15 005.10(2人) 07着 R1:48.2(35.4) -0.4 0川田将雅 56 エメラルファイト 500
0000.05.04 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 14 3 3 005.20(2人) 02着 R2:11.9(35.3) -0.0 0浜中俊 56 レッドジェニアル 494
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 18 1 1 093.1(12人) 01着 R2:22.6(35.1) -0.0 0浜中俊 57 ダノンキングリー 486
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す

血統表[編集]

ロジャーバローズ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

ディープインパクト
鹿毛 2002
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
青鹿毛 1986
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ウインドインハーヘア
Wind in Her Hair
鹿毛 1991
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere

*リトルブック
Little Book
鹿毛 2008
Librettist
鹿毛 2002
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Mysterial Alleged
Mysteries
母の母
Cal Norma's Lady
栗毛 1988
*リファーズスペシャル Lyphard
My Bupers
June Darling *ジュニアス
Beau Darling
母系(F-No.) (FN:16-f) [§ 3]
5代内の近親交配 Lyphard 4×4、Northern Dancer 5×4・5 [§ 4]
出典
  1. ^ [4]
  2. ^ [5]
  3. ^ [4]
  4. ^ [4]

母リトルブックはイギリス産の牝馬で、10戦未勝利に終わった馬であった。半姉に、GI7勝馬ジェンティルドンナの母であるドナブリーニがいる[6]。2012年にタタソールズの繁殖牝馬セールに上場され、飛野牧場の依頼を受けた株式会社ジェイエスによって23万ギニーで落札された[7]。飛野牧場とジェイエスもその血統背景に注目して、リトルブックの落札を目標としてセリに臨んでいたという[7]

脚注[編集]

  1. ^ 重賞ウイナーINFORMATION”. Japan Bloodhorse Breeders' Association. 2019年6月21日閲覧。
  2. ^ ロジャーバローズ、凱旋門賞参戦が決定 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2019年6月18日閲覧。
  3. ^ ロジャーバローズ”. netkeiba.com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2019年5月29日閲覧。
  4. ^ a b c 血統情報:5代血統表|ロジャーバローズ|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2019年5月26日閲覧。
  5. ^ ロジャーバローズの血統表”. netkeiba.com. 2019年5月26日閲覧。
  6. ^ リトルブック(GB)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2019年5月27日閲覧。
  7. ^ a b 木南友輔 (2019年5月26日). “ロジャーバローズ誕生の陰に名牝の血統意識した信念”. 極ウマ・プレミアム. 2019年5月27日閲覧。