ロジャー・カービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロジャー・カービー
ロジャー・カービーの画像
プロフィール
リングネーム ロジャー・カービー[1]
リップ・カービー[1]
ザ・クルーザー[1]
カウボーイ・ボブ・ベーカ-[1]
ビリー・ベーカー[1]
ワイルド・ビル・ベーカ-[2]
本名 Willis Kirby[1]
ニックネーム ネイチャーボーイ[3]
野生児二世
身長 178cm[1]
体重 110kg(全盛時)[1]
誕生日 (1939-12-14) 1939年12月14日[1]
死亡日 (2019-03-18) 2019年3月18日(79歳没)[4]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州の旗 インディアナ州
デラウェア郡マンシー[1]
スポーツ歴 ボクシング[2]
ボディビル[5]
デビュー 1960年[5]
引退 1986年[2]
テンプレートを表示

ロジャー・カービーRoger Kirby、本名:Willis Kirby1939年12月14日 - 2019年3月18日[4])は、アメリカ合衆国プロレスラーインディアナ州マンシー出身。

地元中西部NWAセントラル・ステーツ地区を主戦場に、ヒールのポジションで活動した。主にタッグ屋として活躍したが、NWA世界ジュニアヘビー級王座戴冠をはじめ、シングルでも実績を残している[6]

来歴[編集]

インディアナ州で生誕後、ミズーリ州セントジョセフカンザスシティなどを転居[6]。ハイスクールではボクシングボディビルで活動し、卒業後ガラス工場で働いていたが、観戦していたプロレス興行でのレイ・スティーブンス&ロイ・シャイアーのヒールぶりに感銘を受けて1960年にプロレス入り[2]

デビュー後はワイルド・ビル・ベーカ-"Wild" Bill Baker)などのリングネームを用いていたが、「野生児」の異名を持ったNWA世界ヘビー級王者バディ・ロジャースに風貌が似ていたことから、後に "ネイチャーボーイ" ロジャー・カービー"Nature Boy" Roger Kirby)またはロジャー "リップ" カービーRoger "Rip" Kirby)を名乗り、ロジャースのスタイルを模倣したヒールとなって活動[2]

その後、アラバマNWAガルフ・コースト地区などで同タイプのデニス・ホールとの金髪タッグチームで活躍し、1967年7月には国際プロレスにホールと共に初来日[7][8]。8月14日に大阪で行われた国際プロレスと日本プロレスとの興行戦争では、大阪府立体育館のメインイベントでビル・ドロモと組み、ヒロ・マツダ&サム・スティムボートと対戦した[9]

ホールとのタッグ解消後の1968年5月10日、地元ミズーリ州セントジョセフにてロニー・エチソンからNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を奪取(以降、1982年にかけて同王座を通算8回獲得)[10]太平洋岸北西部オレゴン州ポートランドでは、1969年下期にムーンドッグ・メインとNWAパシフィック・ノースウエスト・ヘビー級王座を争っている[11]1971年5月20日にはルイジアナ州ニューオーリンズダニー・ホッジからNWA世界ジュニアヘビー級王座を奪取するなど[12]、各地で実績を築いた。

タッグ屋としての本領も発揮して、主戦場のNWAセントラル・ステーツ地区では1970年代前半、アンガス・キャンベルハーリー・レイスらをパートナーに北米タッグ王座を再三獲得[13]1973年から1974年にかけては、ロード・アルフレッド・ヘイズと組んでマイク・ジョージ&ジム・ブランゼルと同地区認定のNWA世界タッグ王座を争った[14]。1973年5月には、NWAルートで全日本プロレスに初参戦している(同時参加の外国人選手は、アブドーラ・ザ・ブッチャールーファス・ジョーンズリッパー・コリンズグレート・マレンコなど)[15]

1970年代後半はジョージアフロリダテネシーなどアメリカ南部を転戦して、インディアナポリスWWAウィリアム・アフィルス主宰)やプエルトリコWWCにも参戦。WWAでは1979年2月10日、シカゴのインターナショナル・アンフィシアターで行われたAWAとの合同興行でガイ・ミッチェルと組み、海外遠征中だったジャンボ鶴田&天龍源一郎(後の鶴龍コンビ)と対戦した[16]。同年4月1日にはイゴール・ボルコフをパートナーに、ウイルバー・スナイダー&ペッパー・ゴメスからWWA世界タッグ王座を奪取している[17]

1980年8月、ザ・デストロイヤーと同じデザインのマスクを被り[1]ザ・クルーザーThe Cruiser)なる覆面レスラーに変身して全日本プロレスに再来日[18]。デストロイヤーのパートナーとなってPWF杯争奪タッグトーナメントに1回戦シードで出場し、2回戦でオースチン・アイドル&レイ・キャンディを破り決勝まで進むも、決勝戦でミル・マスカラス&ドス・カラスのマスカラス・ブラザースに敗れ優勝を逸した[19]

1980年代前半はWWAやテネシーを経て古巣のセントラル・ステーツ地区に戻り、1982年から1983年にかけて、エディ・ギルバートデューイ・ロバートソンマーク・ロメロバズ・タイラーブルドッグ・ボブ・ブラウンらとタイトルを争った[6]1984年7月には全日本プロレスに最後の来日を果たし、ジャイアント馬場ザ・グレート・カブキとのシングルマッチも行われた[20]

1985年にセミリタイアし、WWFのカンザスシティでの興行でレフェリーを務め、1986年にはジョバーとして試合にも出場[2]リッキー・スティムボートペドロ・モラレスと対戦した[21]。引退後は、長年の主戦場でもあったホームタウンのミズーリ州カンザスシティに居住していた[2]

2019年3月18日、79歳で死去[4]。その3週間前に腰を骨折して入院し、膵臓癌と肺炎への罹患が発見されていた[22]

得意技[編集]

パイルドライバー

獲得タイトル[編集]

NWAトライステート
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA USタッグ王座(ガルフ・コースト版):1回(w / デニス・ホール)[23]
  • NWAガルフ・コースト・タッグ王座:3回(w / デニス・ホール×3)[24]
NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
セントラル・ステーツ・レスリング
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:1回[32]
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ダグ・サマーズ[33]
ワールド・レスリング・アソシエーション(インディアナポリス)
ワールド・レスリング・カウンシル
  • WWC北米ヘビー級王座:1回[34]
  • WWC北米タッグ王座:1回(w / ディック・スタインボーン)[35]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Roger Kirby”. Wrestlingdata.com. 2013年8月16日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Peers celebrate Roger Kirby's skills”. SLAM! Sports (April 15, 2010). 2013年8月17日閲覧。
  3. ^ Wrestlers Database: Rip Kirby”. Cagematch.net. 2013年8月17日閲覧。
  4. ^ a b c "Nature Boy" Roger Kirby dies”. SLAM! Sports. 2019年3月21日閲覧。
  5. ^ a b 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P53(2002年、日本スポーツ出版社
  6. ^ a b c Wrestler Profiles: Roger Kirby”. Online World of Wrestling.com. 2013年8月16日閲覧。
  7. ^ The IWE matches fought by Roger Kirby in 1967”. Wrestlingdata.com. 2013年8月16日閲覧。
  8. ^ IWE 1967 Pioneer Summer Series”. Puroresu.com. 2019年3月21日閲覧。
  9. ^ IWE Pioneer Summer Series - Day 13”. Wrestlingdata.com. 2015年1月21日閲覧。
  10. ^ a b NWA Heart of America Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  11. ^ NWA Pacific Northwest Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月17日閲覧。
  12. ^ a b NWA World Junior Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  13. ^ a b NWA North American Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  14. ^ a b NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  15. ^ AJPW 1973 Black Power Series”. Puroresu.com. 2019年3月21日閲覧。
  16. ^ AWA Chicago 1979/02/10”. Cagematch.net. 2013年8月17日閲覧。
  17. ^ a b World Wrestling Association World Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2017年3月1日閲覧。
  18. ^ The AJPW matches fought by Roger Kirby in 1980”. Wrestlingdata.com. 2013年8月16日閲覧。
  19. ^ AJPW 1980 Summer Action Series II”. Puroresu.com. 2019年3月21日閲覧。
  20. ^ The AJPW matches fought by Roger Kirby in 1984”. Wrestlingdata.com. 2013年8月16日閲覧。
  21. ^ Matches of Rip Kirby”. Cagematch.net. 2013年8月17日閲覧。
  22. ^ “元NWAジュニア王者ロジャー・カービーさん死去 馬場、カブキと対戦”. デイリースポーツ. (2019年3月19日). https://www.daily.co.jp/ring/2019/03/19/0012160706.shtml 2019年3月19日閲覧。 
  23. ^ NWA United States Tag Team Title [Gulf Coast]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  24. ^ NWA Gulf Coast Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  25. ^ NWA Mid-America Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  26. ^ NWA United States Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  27. ^ a b Southern Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  28. ^ NWA Central States Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  29. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  30. ^ Macon Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  31. ^ NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  32. ^ NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  33. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  34. ^ World Wrestling Council North American Heavyweight Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。
  35. ^ World Wrestling Council North American Tag Team Title”. Wrestling-titles.com. 2013年8月16日閲覧。