ロスコ・ジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロスコ・ジー
Rosko Gee
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ベース
共同作業者 トラフィック
カン
ゼハラ

ロスコ・ジー[1]Rosko Gee[2])は、ジャマイカ人のベーシストであり、アルバム『ホエン・ジ・イーグル・フライズ』(1974年)およびライブDVD『ザ・ラスト・グレート・トラフィック・ジャム』(2005年)で、イギリスのバンド、トラフィックと共演している。ジーが参加したツトム・ヤマシタのGOプロジェクトでは、スティーヴ・ウィンウッド、マイケル・シュリーヴ、クラウス・シュルツェアル・ディ・メオラがフィーチャーされている。元トラフィックのパーカッショニストであるリーバップ・クワク・バーと共に、ドイツのバンド、カンのアルバム『ソウ・ディライト』『アウト・オブ・リーチ』『カン』に参加した。1977年にはカンと一緒にツアーを行い、この期間中、バンドの曲のいくつかにボーカルを提供した。

1983年に、ゼハラ (Zahara)とアルバムを録音した。ゼハラは、リーバップ・クワク・バー(パーカッション)、ポール・デルフィ(キーボード)、ブリスン・グレアム(ドラム)などの著名なメンバーで構成されるグループであった[3]

1974年にトラフィックでレコーディングした後には、ジョニー・ナッシュのバンド、Sons of the Jungleで演奏している。

1996年から2014年まで、ドイツのテレビでハラルド・シュミットのさまざまな深夜番組のハウスバンドに入ってベースを演奏した[4]

彼のバンド「Rosko Gee & The Hooded Ones」は、2015年1月に最初のシングルをリリースした[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロスコー・ジー」「ロスコ・ギー」の表記もある。
  2. ^ スペルのバリエーションとして「Rosco」や「Roscoe」もある。
  3. ^ Zahara (3) - Flight Of The Spirit (Vinyl, LP, Album) at Discogs”. Discogs.com. 2014年8月24日閲覧。
  4. ^ Rosko Gee”. IMDb.com. 2014年8月24日閲覧。
  5. ^ Rosko Gee & The Hooded Ones (pdf)” (ドイツ語). Perfect Zero Music. 2017年11月24日閲覧。