ロスト・エモーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロスト・エモーション
Equals
監督 ドレイク・ドレマス英語版
脚本 ネイサン・パーカー
原案 ドレイク・ドレマス
製作 マイケル・シェイファー
アン・ロアク
製作総指揮 リドリー・スコット
ラッセル・レヴィン
イ・ジェウ
出演者 ニコラス・ホルト
クリステン・スチュワート
ガイ・ピアース
音楽 サッシャ・リング
撮影 ジョン・ガレセリアン英語版
編集 ジョナサン・アルバーツ英語版
製作会社 Route One Films
Scott Free Productions
Freedom Media
Infinite Frameworks Studio
配給 アメリカ合衆国の旗 A24
日本の旗 ツイン
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年7月15日
日本の旗 2017年3月4日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $16,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $33,258[2]
テンプレートを表示

ロスト・エモーション』(原題:Equals)は、2015年制作のアメリカ合衆国SF映画

リドリー・スコット製作総指揮。日本でもロケが行われ[3][4]、世界的建築家の安藤忠雄の建築物が撮影に使用された[5]

あらすじ[編集]

世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来。滅亡の危機に瀕した人類は、人類を破滅させる元凶は感情だと結論付け、平和的に人類が生存できるよう遺伝子操作で感情を排除した人間の共同体「イコールズ」を創った。

「イコールズ」に暮らす人間は保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望をはじめとする感情が芽生えた場合、「発症」したとして隔離施設に強制収容され、安楽死させられていた。

そんな中、「イコールズ」に暮らす1組の男女サイラスとニアは危険だと知りつつも惹かれ合い、ついに恋愛感情を「発症」してしまう。2人は外の世界への脱出を決意する。

キャスト[編集]

脚注[編集]