ロックよ、静かに流れよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロックよ、静かに流れよ』(ロックよ、しずかにながれよ)は、1984年7月に径書房より出版された、吉岡紗千子による同名手記[1]、及び1988年に公開された、プルミエ・インターナショナル、ジャニーズ事務所製作、東宝配給の映画である。監督は長崎俊一男闘呼組主演作品。

概要[編集]

  • ロックが好きな高校生の青春群像を描く、吉岡紗千子原作の同名手記であり、吉岡の長野県松本市で起きた実話を小説としたものである。1988年に同名で映画化され。その後「ロックよ、静かに流れよ PART2 人間ってやり直せるんだねミネさ!」が出版されている。

あらすじ[編集]

一人の友人の死。非行少年と目された仲間たちは追悼コンサートを計画する。そのなかで彼らは見事に成長していく。胸の奥底に輝く宝石を秘め、力強く生きる少年たちの姿を描いた痛快読み物[2]

映画[編集]

ロックよ、静かに流れよ
監督 長崎俊一
脚本 長崎俊一
北原陽一
原作 吉岡紗千子
製作 ジャニー喜多川
増田久雄
出演者 男闘呼組
音楽 義野裕明
主題歌 男闘呼組
「ロックよ、静かに流れよ(CROSSIN'HEART)」
撮影 杉村博章
編集 大島ともよ
配給 東宝
公開 日本の旗 1988年2月20日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要[編集]

  • 吉岡紗千子原作の同名手記の映画化で、男闘呼組として初主演映画となる。(前田のみ「いとしのエリー」にて映画の主演歴がある。)脚本は「九月の冗談クラブバンド」の長崎俊一と、北原陽一が共同で執筆。監督は同作の長崎俊一、撮影は「パッセンジャー 過ぎ去りし日々」の杉村博章がそれぞれ担当した。
  • 原作は長野県松本市で起きた実話がとなっているが、同県安曇野市(旧豊科町)も映画のロケ地となっている。この映画公開後、男闘呼組は何度か松本市でライブを行っている。
  • 映画公開30周年記念イベントとして、2019年5月10日に池袋HUMAXシネマズにて記念上映と、長崎俊一岡本健一によるスペシャルトークショーが行われた。岡本はトークショーにて、「男闘呼組っていうのは、この映画をやったことによって男闘呼組ができたというか。もともと、自分たちは、トンダとミネサと俊介、トモ、本当にああいう人たちだったんですよ(笑)。長崎監督とやって、『ああ、こうやって生きていいんだ』っていうのを解放されて『ああ、俺らはずっとこの路線でいこう』と、この映画で決まりましたね。」と話し、男闘呼組においてターニングポイントとなる作品である旨を語った。またサプライズで岡本がギターの弾き語りで「不良」と「LONELY…」を披露、現在芸能活動から引退している成田昭次から、このイベントに向けてのコメントがあったと発表した[3]

あらすじ[編集]

両親の離婚がもとで、母と妹とともに東京から長野県松本市へと引っ越してきた高校生の俊介。転校早々、“ツッパリ”のミネさとトンダからケンカを売られるが、それもいつしか友情へと変わっていった。そこへ仲間のトモを加えた4人はロックという共通の夢で強く結びついていく。やがて、4人はバンドを結成することにするのだが……[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

映画公開時は本楽曲はまだレコードおよびCD化されておらず、エンディングテロップでの表記タイトルは 「CROSSIN'HEART」であった。また、ボーカル分担は後のレコード音源とは一部異なるものが使用された。当時、ポニーキャニオンの協力を得て、主題歌と挿入歌「LONELY…」が収録されたプロモーション用の非売品EP(品番:PR-118)が制作された。

挿入曲[編集]

受賞歴[編集]

同時上映[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “ロックよ、静かに流れよ”. 紀伊国屋書店 [1]
  2. ^ “ロックよ、静かに流れよ”. ReaderStore [2]
  3. ^ “岡本健一がサプライズで「不良」と「LONELY…」をギターで弾き語り!”. TV LIFE web. (2019年5月4日). https://www.tvlife.jp/entame/224888 [3]
  4. ^ “ロックよ、静かに流れよ”. allcinema. (2019年5月4日)