ロックアップ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロックアップ
Lock Up
監督 ジョン・フリン
脚本 リチャード・スミス
ジェブ・スチュアート
ヘンリー・ローゼンバウム
製作 ローレンス・ゴードン
チャールズ・ゴードン
製作総指揮 マイケル・グリック
出演者 シルヴェスター・スタローン
ドナルド・サザーランド
音楽 ビル・コンティ
撮影 ドナルド・E・ソーリン
編集 ドン・ブロチュ
マイケル・S・グリック
製作会社 カロルコ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1989年8月4日
日本の旗 1989年12月2日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $22,099,847[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ロックアップ』(Lock Up)は、1989年アメリカ合衆国アクション映画。監督はジョン・フリン、主演はシルヴェスター・スタローン

ストーリー[編集]

模範囚フランク・レオンは出所を半年後に控え、恋人メリッサもその日を心待ちにしていた。しかしある夜突然、最悪と噂されるゲートウェイ刑務所へ移送される。それはフランクを逆恨みする刑務所所長ドラムグールの仕業であり、マンリーら悪徳看守やチンクら極悪囚人たちを手先に使い、フランクへの復讐を行なうためであった。

最初にフランクに声をかけて来たダラスは脱獄を目論んでおり、脱獄歴があるフランクにアドバイスを乞うが、脱獄に興味がないフランクはまともに相手にしない。ダラスに車修理班のボス、エクリプスを紹介されるが、堅物なエクリプスには追い払われる。食堂で知り合った若い囚人ファースベースがアメフトに興じるチンクに挑発されると、危険を察したフランクがファーストベースの代わりにアメフトに参加する。しかしこの試合はチンクらがタックルに乗じて暴力を振るいまくるリンチの場であった。凄惨な状況を見かねたエクリプスがフランクに加勢し一矢を報いる。

アメフトの一件でエクリプスに気に入られたフランクは、彼の修理工房に迎え入れられると、修理困難と放置されていたクラシックカーを蘇らせようと団結する。共に参加したダラスやファーストベースも含め、囚人の中に仲間が増えて行き、友情を分かち合うようになる。ついにクラシックカーの修理が完了すると、車で街を颯爽と走ることに憧れていたファーストベースの夢を形だけでも叶えようと、フランクは調子を合わせる。エンジンの感触に興奮したファーストベースは、所内のルールを無視してフランクの制止も振り切ってグラウンドを暴走してしまう。車はすぐに止められ、ファーストベースは看守に引き摺り下ろされる。所長がチンクらに車を破壊するように命じると、フランクは車が破壊されて行くのをただ黙って見るしかない。騒動の主犯とされたフランクは独房に送られ、数十分ごとに強烈な照明と大音量ブザーを浴びせられ、その度に起立して囚人番号を言わなければならない虐待を長期間受け続けることになる。睡眠すら取れず体力を消耗し番号が答えられなくなると、マンリーらは警棒での殴打の制裁を開始する。独房から解放されたある日、所長の命令でファーストベースがチンクら悪徳囚人集団に殺害される。怒りを爆発させたフランクはチンクと対決し勝利するも、殺せば出所が延び所長の思惑通りになるためトドメは刺さない。代わりにメリッサから渡されていたもののチンクに奪われていた首輪を奪い返すが、背後から刺されて傷を負う。移送後なかなかフランクに会えずにいたメリッサがついに面会を許可され、30分の約束でプライベートな時間を過ごせるはずだったが、所長の企みで中断される。

大人しくしていればすぐに満期を迎えられるはずだったある夜、出所を翌々日に控えた車椅子の囚人に扮する看守が、出所したらメリッサをレイプしに行くと予告する。なんとかメリッサに知らせようにも、マンリーは電話1本許可しない。フランクはメリッサのレイプを阻止しようとダラスと共についに脱獄を決行する。しかしダラスの案内で進んだ先には所長やマンリーらが待ち伏せている。自分の刑期30年と引き換えにダラスが裏切ったのである。しかし所長はダラスにも「犯罪者なんかと取り引きなどしない」と言い捨てる。ダラスは激高し武器を持った複数の看守に立ち向かうが、素手では歯が立たず返り討ちにあい、瀕死の状態で貯水槽に落とされる。フランクは制裁を任された3人の看守に対し反撃を開始する。2人までは倒せたが、マンリーに後ろからチェーンで首を絞められピンチに陥る。すると、ダラスが配電線を引きちぎって貯水槽に浸し、自分もろともマンリーを感電死させる。フランクはメイズナー率いる看守の捜索をかわしドラムグールを捕まえると、電気椅子に座らせ固定する。そこにメイズナーらが駆け付けるが、フランクは電気椅子の作動レバーと自分の手を一体化し、看守が自分を撃てば所長が感電死する状況を作り出し、発砲されるのを防ぐ。命乞いをする所長は今までの悪事を自白。開放された所長は一転して今話したことは嘘だと語り、フランクを拘束させようとするが、悪事を全て聞いていたメイズナーたちからは信用されるはずもなく所長は拘束されフランクは所長の支配から解放される。

数日後、出所日を迎えたフランクはエクリプスやメイズナーに別れを告げ門を出て行くと、そこには恋人のメリッサが待っている。

登場人物[編集]

フランク・レオン
本作の主人公。模範囚。恩人である育ての義父を襲った不良グループに対して過剰防衛での傷害罪で服役。当初の懲役は18ヶ月だった。その後、釈放の2週間前にその義父の死に目に会おうと仮釈放の許可を申請するも、ドラムグール所長に許可されなかったため止むを得ず脱獄。懲役が5年に延びた。突然移送されたゲートウェイでドラムグール所長からの数々の嫌がらせを受けながらも、残り半年の刑期を無事に終わらせるために耐え続ける。義父から受け継いだ自動車修理工場を持っており、出所後は恋人メリッサとの結婚と、修理工場の経営を予定している。
メリッサ
フランクの恋人。フランクの出所を心待ちにしており、手紙を送り続けたり、フランクの外出時は一緒に時間を過ごしたりしている。フランクにとっての心の支え。

刑務所関係者[編集]

ドラムグール所長
ゲートウェイ刑務所の所長。ドレッドノア刑務所の所長時代に囚人だったフランクに脱獄された際、外出申請を却下したことで世間からバッシングされ、そのことでフランクを逆恨みしている。極悪囚人が集まる現在のゲートウェイ刑務所に左遷されたが、復讐するためにフランクをゲートウェイに移送させ、悪徳看守や囚人を手先に使い、嫌がらせを繰り返す。
メイズナー看守長
所の規律を守るために、囚人たちに対して常に高圧的で厳しく接するゲートウェイの鬼看守長だが、ドラムグールの息はかかっていない。
マンリー
看守の1人。ドラムグール所長の手先で、リンチも喜んで行なうサディスト。常に先頭に立ってフランクをいたぶる。
ワイリー
看守の1人。マンリーの相棒的存在で、同じくフランクへのリンチを喜んで行なう。
ブレイドン
ドラムグール所長の息がかかっていない看守で、フランクへの目に余るリンチや嫌がらせに疑問を持つ。
マストロン
車椅子の囚人としてメリッサのレイプを予告するが、その正体はドラムグールの手先看守。

囚人[編集]

ダラス
刑期が30年も残っているため脱獄を考えており、脱獄経験のあるフランクに声をかける。お調子者な性格だがゲートウェイでのフランクの最初の友人。しかしドラムグール所長から、自分の刑期と引き換えにフランクの脱獄情報の密告と、待ち伏せ場所への誘導を持ち掛けられると、その取り引きに乗ってしまう。
ファーストベース
殺人事件に巻き込まれ懲役400年を受けた20歳の囚人。少々喧嘩っ早く、すぐに挑発に乗ってしまうクセがあり、友人も作らなかったが、フランクに声をかけられ徐々に心を開くようになる。名前を名乗らなかったため、フランクとダラスに「ファーストベース」と呼び名を付けられる。ドラムグール所長がフランク挑発のために悪徳囚人たちに襲撃を命じ、その犠牲となる。
エクリプス
車修理班のボスで巨漢の黒人。最初はドラムグールに目を付けられているフランクに関わるのを避けるが、アメフトでフランクの根性を認めると、クラシックカーの修理を通じて心を通わせる。
チンク
極悪囚人のリーダー的存在。実はドラムグール所長の手先にもなっており、常にフランクを挑発したり嫌がらせをして来る。ファーストベースを殺害後、フランクとの対決に敗れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
フランク・レオン シルヴェスター・スタローン 玄田哲章
ドラムグール ドナルド・サザーランド 家弓家正
メイズナー ジョン・エイモス 加藤精三 坂口芳貞
メリッサ ダーラン・フリューゲル 高島雅羅 小山茉美
チンク ソニー・ランダム 青野武 石田太郎
エクリプス フランク・マクレー 小関一 島香裕
ダラス トム・サイズモア 大塚芳忠 樋浦勉
ファーストベース ラリー・ロマーノ 島田敏
マンリー ジョーダン・ランド 麦人
ブレイドン ウィリアム・アレン・ヤング 高宮俊介 牛山茂

その他[編集]

撮影はニュージャージー州ラーウェイにある東ジャージー州刑務所で本物の囚人エキストラに動員して行われた[2][3](この刑務所では他に、『ラウンダーズ』、『マルコムX』、『ラストゲーム』、『ザ・ハリケーン』、『オーシャンズ11』の撮影も行われた)。

脚注[編集]