ロッテシティホテル錦糸町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロッテシティホテル錦糸町

ロッテシティホテル錦糸町(ロッテシティホテルきんしちょう)は、日本製菓事業者・ロッテが運営する東京都墨田区所在のホテル。本項では、ホテル併設の複合商業施設ロッテシティ」及び前身のロッテ会館についても記述する。

概要[編集]

当ホテルは、1970年国鉄(現・JR東日本錦糸町駅北口に複合商業施設として開館し2007年に老朽化のため閉鎖された旧ロッテ会館(詳細は後述)の跡地に建設され、2010年4月6日にオープンとなった。運営は韓国の系列ホテルであるロッテホテルでなく、日本のロッテに設置されたホテル事業部が行っている。全館禁煙

ビルの8階から19階がホテル棟となっており、2012年完成の東京スカイツリーに至近であることがセールスポイントになっている。特徴的な部屋としてスカイツリーと東京タワーを一度に眺望できる部屋や、部屋全体が「コアラのマーチ」のデザインで飾られた「コアラのマーチルーム」(4室)、女性専用ルーム(18室)などが用意されている[1]

ロッテシティ[編集]

ビルの1階から7階までが複合商業施設「ロッテシティ」となっている。開業日はホテルのオープンと同日である。

主な入居店舗・施設
ショコラロッシェ ココナツミルク

ロッテ会館[編集]

(旧)株式会社ロッテ会館
LOTTE PLAZA Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 東京都墨田区錦糸4-6-1
設立 1982年8月
業種 サービス業
主要株主 ロッテホールディングス 100%
特記事項:2007年にロッテ本体へ吸収
テンプレートを表示

前身となるロッテ会館は、1970年6月23日にロッテ直営の結婚式場及びバッティングセンターボウリング場ゲームセンタービアガーデンなどを併設する複合レジャー施設として、国鉄錦糸町駅前にオープン。1982年には運営部門が株式会社ロッテ会館として分社化され、ビルの名称がロッテプラザに改められている。

老朽化に伴う建て替えのため、2007年6月30日に閉館となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]