ロットヴァイル試験塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ロットヴァイル試験塔
(Rottweil Test Tower)
Thyssenkrupp Testturm - Gesamtsicht1.jpg
2020年撮影
情報
用途 エレベーターの研究・開発
設計者 デザインアーキテクト :
JAHN [1]
Werner Sobek Group GmbH [1]有限会社ヴェルナー・ゾベック・グループ)
構造設計者 Werner Sobek Group GmbH [1]
施工 GERB Vibration Control Systems
事業主体 ティッセンクルップ・エレベータードイツ語版[1]
管理運営 ティッセンクルップ・エレベーター
高さ 地上高 246.0 m[1]
地下深度 29.5 m
建物全高 275.5 m
着工 2014年 [1]
竣工 2017年 [1]
所在地 ドイツの旗 ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州ロットヴァイル英語版 78628 ベルナーフェルト 60 (Berner Feld 60, 78628 Rottweil, Germany)
座標 北緯48度10分45.0秒 東経8度37分30.0秒 / 北緯48.179167度 東経8.625000度 / 48.179167; 8.625000 (ロットヴァイル試験塔
(Rottweil Test Tower)
)
座標: 北緯48度10分45.0秒 東経8度37分30.0秒 / 北緯48.179167度 東経8.625000度 / 48.179167; 8.625000 (ロットヴァイル試験塔
(Rottweil Test Tower)
)
テンプレートを表示
構造図
塔の階層を図解した断面図です。
輪切りにした断面図です。基本構造は六角ケイ、外郭の形状は円形です。

ロットヴァイル試験塔(ロットヴァイルしけんとう、英語表記: Rottweil Test Tower)とは、ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州にある都市ロットヴァイル英語版に所在するエレベーター試験塔。ドイツ資本のエレベーター・メーカーであるティッセンクルップ・エレベータードイツ語版ティッセンクルップ社の子会社)が所有する。2017年竣工。地上高 246.0 m

名称[編集]

正式名称は特に無いが、ティッセンクルップ・エレベーター社の公式ウェブサイトでは "thyssenkrupp Elevator Testturm Rottweil"(直訳:ティッセンクルップ エレベーター試験塔 ロットヴァイル)と表記されている。

本項で採用した「ロットヴァイル試験塔」は英語名 "Rottweil Test Tower" の直訳である。その英語圏でも現地ドイツ語名に準じている例があり、"Thyssenkrupp-Testturm" はドイツ語そのままである。こちらはメーカー名を冠して単に「ティッセンクルップ試験塔」という意味である。ただし、ティッセンクルップ社のエレベーター試験塔はほかに何棟もあるので、こちらの名称では呼び分けに難がある。また、Skyscraper Center は、ドイツ語で「エレベーター試験塔」の意味でしかない "Aufzugstestturm"[語構成|de: Aufzug + -s + Test + Turm ]をこの塔の名称としている[1]

歴史[編集]

2013年に設計され[1]、2014年に着工[1]。2017年に竣工した[1]

世界ランキング[編集]

完成した時点で、コネ社が2015年に中国江蘇省崑山市に建てた地上高 235.6 mの「コネ エレベーター試験塔 (KONE Test Tower, 2015)」[2]を抜いて、史上最も背の高いエレベーター試験塔に躍り出た。

ただ、早くも明くる2018年になると、ティッセンクルップ・エレベーター社の中国現地法人である蒂森克虜伯扶梯(中山)有限公司 (Zhongshan Thyssenkrupp) が地上高 248 m[3][4][5]Zhongshan Thyssenkrupp Elevator Laboratory Tower[5](※現地中国語通称:中山蒂森电梯试验楼[5]中山蒂森電梯試験楼中山的扶梯试验塔[6]中山的扶梯試験塔)を中国広東省中山市南区城区[7]に完成させた(3月23日落成[7])。この塔は、エレベーターシステム「MULTI」の試験塔としては、ロットヴァイル試験塔に次ぐ2棟目であった。また、同じ年、キャニー・エレベーター社 (Canny Elevator Co., Ltd.) が地上高268 m(地下深度 20m、建物全高 288 m)の「キャニー エレベーター試験塔 (Canny Test Tower, 2018)」を中国江蘇省に完成させた[8]。これにより、高さにおいてロットヴァイル試験塔は世界第3位に順位を下げた。

2020年代後半は中国本土で超高層建築物の建設ラッシュが続いて時代であり、世界の大手エレベーター・メーカーがこぞって中国本土に史上最高クラスの試験塔を建設していった。高さランキングで世界のトップ6以内に入る試験塔のうち、中国本土以外で建設されたのはロットヴァイル試験塔のただ1棟のみという状況であった。

2021年時点で、高さ第1位は、2020年(令和2年)に中国広東省広州市で竣工した日立グループH1 TOWER(地上高 273 m)であり、ロットヴァイル試験塔は第5位にランキングされている。

旧市街と試験塔[編集]

歴史ある都市ロットヴァイルのことで言えば、13世紀から14世紀にかけて建立されたカッペレン教会 (de) の聖堂(地上高 70.27 m)[9]と、13世紀から16世紀にかけて建立された聖クロイツ・ミュンスター教会 (cf. de) の聖堂(地上高 71 m)[9]が、長らくこの都市で抜きん出て背の高い2つの建物であったが、21世紀に登場したロットヴァイル試験塔に首位の座を譲った[10]。旧市街からよく見える地域に巨大な塔が聳え立つことについては、歴史的景観に悪影響をもたらすとの懸念も無いわけではなかったが[10]、市民は好意的に見ている人が多い[10]

  • 画像 01 :シュヴァルツヴァルト(黒い森)の延長線上にある地元の広葉樹林の中に聳え立つロットヴァイル試験塔。
  • 画像 02 :ロットヴァイルの街並みと郊外の試験塔。
  • 画像 03 :カッペレン教会の聖堂(13-14世紀建立、地上高 70.27 m)[9]と郊外のロットヴァイル試験塔。
  • 画像 04 :中世のヘッヒトゥルム(高塔)(de)(13世紀建立、地上高 54 m)[9]より望む。右手前に見えるのは、それまでのロットヴァイルで最も高かった建物である聖クロイツ・ミュンスター教会の聖堂(13-16世紀建立、地上高 71 m)と旧市街。

特徴[編集]

地上高 246.0 m、地下深度 29.5 m、建物全高 275.5 m。立地は海抜 600 m[10]。塔のデザインは全体的に円柱形で、外壁が螺旋状になっている。譬えるなら、ドリルビット(drill bit. 工具のドリルの刃)が地面から突き出しているような造形である。この螺旋は、円柱の周りで生じる風の渦を低減する効果があり[10]、地元の建築家アルフォンス・ビュルク (Alfons Bürk) による設計である[10]

MULTI[編集]

MULTIの展示用搬器

このエレベーター試験塔は、ティッセンクルップ・エレベーター社が独自開発したエレベーターシステム「MULTI(マルチ)」[注 1]の実験施設である[13]。これは搬器キャビン。乗り。人を乗せる箱。)を吊るすワイヤーロープ英語版を廃した世界初のエレベーターシステムで、通常は水平移動で稼働させるリニアモーターを垂直移動にも用いることを実現し、従来のエレベーター輸送とは違った「上下左右に移動可能なメトロシステム」に変換したものである[13][14]。壁に取り付けられた縦横方向に伸びたガイドに沿って搬器が動く[14]。MULTIエレベーターシステムは輸送力と効率性を増強する一方で、エレベーター設置面積とビルにある電力供給の最大負荷を軽減することができる[13]。この技術のコンセプトがプレスリリースされたのは、2014年11月のことであった[13]。2015年11月5日には、スペインアストゥリアス州の都市ヒホンにある同社のイノベーションセンターで、完全に機能する3分の1スケールモデルが公開された[13]。投入されたリニアモーター技術は、ドイツで開発された磁気浮上式の高速モノレールであるトランスラピッドのそれで[13]、2021年に実用化する予定であるという[14]。「(リニアモーターが)500トン鉄道車両を動かせるのならば、1トンの搬器も動かせるだろう。」という発想が開発の出発点であったと、アンドレアス・シーレンベック (Andreas Schierenbeck) CEOは語る[14]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「MULTIエレベーターシステム(マルチ・エレベーターシステム)」などといった表記も見られるが、システムの正式名称は "MALTI" である[11][12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k SkyscraperCenter.
  2. ^ KONE Test Tower  Kunshan China” (English). The Skyscraper Center. 2021年2月22日閲覧。
  3. ^ New Elevator Test Tower Opens in Zhongshan, China” (English). The Skyscraper Center (2018年3月27日). 2021年2月22日閲覧。
  4. ^ Daily press (2018年3月27日). “thyssenkrupp opens high speed Test Tower as part of new plant in Zhongshan, China” (English). The Skyscraper Center. 2021年2月22日閲覧。
  5. ^ a b c Zhongshan Thyssenkrupp Elevator Laboratory Tower  Zhongshan China” (English). The Skyscraper Center. 2021年2月22日閲覧。
  6. ^ 蒂森克虜伯電梯(中国)制造体系” (中文). TK Elevator Innovation and Operations GmbH. 2021年2月22日閲覧。
  7. ^ a b 粤知社 發表于新聞248米!中山第二高!中山今天落成的這座高楼建築有点特別」『毎日頭条毎日頭条 (kknews.cc)、2018年3月23日。2021年2月22日閲覧。
  8. ^ Test Tower The World-Class Height Elevator Test Tower with the Height of 288m” (English). official website. CANNY. Canny Elevator Co., Ltd.. 2021年2月22日閲覧。
  9. ^ a b c d TK.
  10. ^ a b c d e f Dillon, Conor (2015年6月26日). “World's tallest elevator tower rises in Rottweil, Germany” (English). Deutsche Welle (DW). 2021年2月22日閲覧。
  11. ^ Kenter, Peter (2018年9月12日). “Revolutionary MULTI elevator system headed for Canada” (English). Daily Commercial News (ConstructConnect Canada, Inc.). https://canada.constructconnect.com/dcn/news/technology/2018/09/revolutionary-multi-elevator-system-headed-canada 2021年2月22日閲覧。 
  12. ^ Fandom MULTI.
  13. ^ a b c d e f ThyssenKrupp Elevator AG「ThyssenKruppがロープなしの世界初のエレベーター・システムMULTIを公開」『PR TIMES』株式会社 PR TIMES、2015年11月6日。2021年2月22日閲覧。
  14. ^ a b c d 栗下直也「横にも移動、独社が仕掛けるエレベーター革命 独ティッセンクルップが2021年に製品化へ」『ニュースイッチ (NEWSWITCH)』株式会社日刊工業新聞社、2018年9月5日。2021年2月22日閲覧。

関連項目[編集]