ロッド・ディクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
 ニュージーランド
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子1500 m

ロッド・ディクソン(Rodney ("Rod") Phillip Dixon、1950年7月13日 - )は、ニュージーランドの陸上競技選手。1972年ミュンヘンオリンピックの銅メダリストである。ネルソン出身。

経歴[編集]

ディクソンは、ジョン・ウォーカーディック・クァックスと共に1970年代に活躍したニュージーランドの中距離界を代表する選手の一人である。ディクソンは、ウォーカーやクァックスよりも早くオリンピックで成果を残し、1972年のミュンヘンオリンピックの男子1500mで、フィンランドのペッカ・バサラ、ケニアキプチョゲ・ケイノに次いで銅メダルを手にしている。しかし、ミュンヘン大会後の活躍は、ほかの2人の活躍に押され気味であった。それでも、ディクソンは1500mで3分33秒9(1974年)、1マイルで3分53秒6(1975年)と印象に残る成績を残しており、1975年には、アメリカのトラック・アンド・フィールドニュースはディクソンを男子5000mの世界ランク1位としている。

ディクソンを語る上で忘れてはならないレースが2つある。まず、1974年のコモンウェルスゲームズの1500mである。ハイペースで進んだレースは、タンザニアフィルバート・バイが3分32秒2、ウォーカーが3分32秒5で共に世界新記録。3位のケニアのベン・ジプチョに次いで、ディクソンは3分33秒9の好タイムながらメダルを逃した。ディクソンはこれほど早いタイムで敗れたことはこれまで1度しかなかった。

もうひとつは、1976年モントリオールオリンピックの5000mである。このレースは、ラスト1周の鐘が鳴ると、フィンランドのラッセ・ビレンらと共にペースを上げていき、第4コーナー出口で4位だったディクソンは、西ドイツのクラウス=ペーター・ヒルデンブラントを追い抜いてビレン、クァックスに次いで3位に浮上。しかし、追いすがるヒルデンブラントに残り5メートルで追いつかれ、最後はヒルデンブラントがゴールラインにダイビング。ディクソンは4位となり、2大会連続のメダルを逃した。

ディクソンは、現役中は1500mからマラソンまで非常に距離の柔軟性が高く、また、トラックのほかロード、クロスカントリーにも力を発揮した選手であった。1973年、1982年の世界クロスカントリー選手権で3位。1980年代はじめにはアメリカでのロードレースで多数勝利。1983年にはニューヨークシティマラソンで優勝(2時間8分59秒)も果たしている。

自己ベスト[編集]

  • 400m - 49秒5
  • 800m - 1分47秒6 (1973年)
  • 1500m - 3分33秒89 (1974年)
  • 1マイル - 3分53秒62 (1975年)
  • 3000m - 7分41秒0 (1974年)
  • 3000mSC - 8分29秒0 (1973年)
  • 5000m - 13分17秒27 (1976年)
  • 10000m - 28分35秒69 (1981年)
  • マラソン - 2時間08分59秒(1983年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 1500m 3位 3分37秒5
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 1500m 4位 3分33秒9
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 5000m 4位 13分25秒50
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 1500m 8位 3分41秒34
1978 コモンウェルスゲームズ エドモントン(カナダ) 5000m 8位 13分43秒69