ロッブリー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロッブリー駅
ロッブリー駅
ロッブリー駅
ลพบุรี
Lop Buri
バンパワイ (5.37km)
(4.70km) ターケー
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ロッブリー県
ムアンロッブリー郡
駅番号 1050
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
キロ程 132.81km(クルンテープ駅起点)
電報略号 ลบ.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1901年4月1日
テンプレートを表示

ロッブリー駅(ロッブリーえき、タイ語:สถานีรถไฟลพบุรี)は、タイ王国中部ロッブリー県ムアンロッブリー郡にある、タイ国有鉄道北本線である。

概要[編集]

ロッブリー駅は、タイ王国中部ロッブリー県県庁所在地で、人口約25万人が暮らすムアンロッブリー郡にある。クルンテープ駅(バンコク)からは132.81km地点に位置し、特急列車利用で2時間程度である。町の中心部に位置するため、利便性が良い。駅の正面側(西側)が市街地である。

この町はサルの町として知られており、毎年11月には猿祭りが開かれる。当駅プラットホームにも、金色に塗られた猿の大きな置物があり名物になっている。また実物のサルも、当駅では普通に見ることができる。クメール様式の古代建築が数多く存在するため、訪れる観光客で当駅も賑わっている。特にプラーン・サームヨート遺跡などは当駅より400m程度の距離であり、車窓から眺めることもできる。

一等駅で1日当たり40列車(20往復)の発着があり、特急停車駅でもある。当駅を境に北側は単線であるが、南側はバーンパーチー分岐駅までが複線区間である。

歴史[編集]

1897年3月26日にタイ官営鉄道最初の区間が、クルンテープ駅 - アユタヤ駅間に開業した[1]1900年12月21日に当初計画のナコンラチャシーマ駅まで完成した。この頃、北本線チエンマイまで整備することになり、1901年4月1日に当駅まで完成し、終着駅として開業した。4年後の1905年10月31日パークナムポー駅まで延長されたことにより中間駅となった[2]。当駅開業の約21年後の1922年1月1日に、チエンマイ駅までの全通完成を見た[3]

  • 1897年3月26日 【開業】クルンテープ駅 - アユタヤ駅 (71.08km)
  • 1897年5月1日 【開業】アユタヤ駅 - バーンパーチー駅 (18.87km)
  • 1901年4月1日 【開業】バーンパーチー駅 - ロッブリー駅 (42.86km)
  • 1905年10月31日【開業】ロッブリー駅 - パークナムポー駅 (117.75km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

駅周辺[編集]

市内に残るクメール遺跡の1つプラーン・サームヨート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (2010年)p.25
  2. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (2010年)p.26
  3. ^ 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (2010年)pp.25 - 28

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 杉本聖一 『魅惑のタイ鉄道』 (玉川新聞社、2000年)ISBN 4-924882-29-1
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]