ロデオドライブステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロデオドライブステークス
Rodeo Drive Stakes
競馬場 サンタアニタパーク競馬場
距離 芝10ハロン
格付け GI
賞金 1着賞金18万ドル
賞金総額30万ドル
出走条件 サラブレッド3歳以上牝馬
負担重量 定量
テンプレートを表示

ロデオドライブステークスRodeo Drive Stakes)は、アメリカ合衆国サンタアニタパーク競馬場にて、毎年9月の末に開催される競馬の競走である。

概要[編集]

1977年に創設された、牝馬限定の芝10ハロン戦。9月下旬または10月上旬にサンタアニタパーク競馬場で施行されている。

2011年まではオークツリー競馬協会との契約により開催され、「イエローリボンステークス」または「イエローリボンインビテーショナルステークス」の名称で行われていた。イエローリボンの名称は1970年代に流行した歌謡曲『Tie a Yellow Ribbon Round the Ole Oak Tree(邦題:幸せの黄色いリボン)』が語源となっていた。しかし、契約が解除された2012年に、他のオークツリー開催だった競走とともに、競走名が現在のものに変更された。

ブリーダーズカップチャレンジシリーズに指定されていて、2008年以降、本競走優勝馬にはブリーダーズカップ・フィリー&メアターフの優先出走権が与えられている。このように、ブリーダーズカップ・フィリー&メアターフの重要なプレップレースという位置づけではあるものの、本競走を経てブリーダーズカップ・フィリー&メアターフを勝った馬はまだ出ていない。

歴史[編集]

  • 1977年:サンタアニタパーク競馬場の芝10ハロン戦として創設。
  • 1979年:G1に格付けされる。
  • 2005年:オークツリー競馬場に開催地が変更。
  • 2008年:ウェイトアホワイルが史上初の2勝目。
  • 2010年:この年のみハリウッドパーク競馬場で開催。
  • 2011年:サンタアニタパーク競馬場に開催地を変更。

競走名の変遷[編集]

  • Yellow Ribbon Stakes:1977-1978、1988、1995-2011
  • Yellow Ribbon Invitational Stakes:1979-1987、1989-1994
  • Rodeo Drive Stakes:2012-

近年の勝ち馬[編集]

  • 2018 Vasilika
  • 2017 Avenge
  • 2016 Avenge
  • 2015 Photo Call
  • 2014 Emollient
  • 2013 Tiz Flirtatious
  • 2012 Marketing Mix
  • 2011 Dubawi Heights
  • 2010 Hibaayeb
  • 2009 Magical Fantasy
  • 2008 Wait a While
  • 2007 Nashoba's Key
  • 2006 Wait a While
  • 2005 Megahertz
  • 2004 Light Jig
  • 2003 Tates Creek
  • 2002 Golden Apples
  • 2001 Janet

出典[編集]