ロドリゴ・ソロゴイェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はソロゴイェン第二姓(母方の)はデル・アモです。
ロドリゴ・ソロゴイェン
Rodrigo Sorogoyen
Rodrigo Sorogoyen
2019年のソロゴイェン
本名 Rodrigo Sorogoyen del Amo
生年月日 (1981-09-16) 1981年9月16日(37歳)
出身地 マドリード
国籍 スペインの旗 スペイン
職業 映画監督脚本家

ロドリゴ・ソロゴイェン・デル・アモ(Rodrigo Sorogoyen del Amo, 1981年9月16日 - )は、スペインマドリード出身の映画監督脚本家である[1]ロドリゴ・ソロゴジェンとも表記される。『El reino』(2018年)によりゴヤ賞監督賞とオリジナル脚本賞を受賞した[2]。これ以前にも『Stockholm』(2013年)でゴヤ賞新人監督賞にノミネートされ、『ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件』(2016年)で監督賞とオリジナル脚本賞にノミネートされた[3][4][5]。さらに短編映画『Madre』(2017年)によりゴヤ賞短編フィクション映画賞を獲得し、また第91回アカデミー賞短編映画賞にもノミネートされた[6]

主なフィルモグラフィ[編集]

長編映画[編集]

短編映画[編集]

  • Madre (2017) 監督・脚本

参考文献[編集]