ロドリック・ストロング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロドリック・ストロング
(ロデリック・ストロング)
An image of ロドリック・ストロング(ロデリック・ストロング).
プロフィール
リングネーム ロドリック・ストロング
(ロデリック・ストロング)
本名 クリス・リンゼイ
ニックネーム ミスター・バックブリーカー
クラッシャー
身長 178cm
体重 95kg
誕生日 1983年7月26日(27歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウィスコンシン州
所属 ROH
トレーナー ジム・ナイドハート
デビュー 2001年
  

ロドリック・ストロング/ロデリック・ストロング(Roderick Strong、1983年7月26日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州出身のプロレスラー。本名はクリス・リンゼイ(Chris Lindsey)。堅実なテクニックと、バックブリーカー(背骨折り)に特化した異色のスタイルで注目を浴びている。

目次

来歴

1994年の秋、かつて大学のレスリング選手だった父親が、ジム・ナイドハートの下でトレーニングを始めさせる。トレーニングへの参加を通し3代目レスラーのハリー・スミスと出会い、彼に触発されてプロレスラーになることを決意した。ナイドハートをはじめ、タンパフロリダ在住のレスラーの下でトレーニングを行った末に、2001年にデビュー。さっそくフロリダのインディ団体に参戦し始めた。

ROH

2003年9月、ペンシルベニア州を本拠地とするリング・オブ・オーナー(ROH)に参戦。その後、2004年5月22日に行われた「ジェネレーション・ネクスト」にてアレックス・シェリーオースチン・エイリースジャック・エバンスと共に若手ユニット「ジェネレーション・ネクスト」を結成。ファンの支持を集め、瞬く間に4人はROHの看板選手へと駆け上がった。

2005年12月17日、オースチン・エイリースとのコンビでROHのタッグ王座を獲得。同王座はそれまで短期政権が多かったが、このコンビは20回近い防衛記録を打ち立てることになる。またロドリック個人としてもROH世界王座に挑戦。しかし、2006年下期になるとメンバーがバラバラに他の団体に参加するようになっていたため、ジェネレーション・ネクストを卒業という形で解散した。

その後もエイリースとROHタッグ王者として活躍していたものの、2006年9月16日ニューヨークで開催された「Glory By Honor5 Night 2」にて、クリス・ヒーロー&クラウディオ・カスタニョーリからなる「キングス・オブ・レスリング」に敗北、王座から陥落する。その後、タイトルを奪回しようと再三挑戦するが失敗し、エイリースとの仲が険悪になってしまう。

2007年に入ると2人はついに決別し、エイリースが新ユニット「ザ・レジリエンス」を、ロドリックは「ノー・リモース・コープス」を結成し抗争を展開した。

プロレスリング・ノア

2009年7月に行われた第3回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦ブライアン・ダニエルソンと組んで出場。得点2点でAブロック3位の結果であった。

2010年10月に開催された第4回の同リーグ戦にもエディ・エドワーズと組んで出場した。

得意技

  • ストロングホールド(高角度逆エビ固め)
  • ギブソン・ドライバー
タイガードライバー。技名はROHにおけるタイガードライバーの第一人者がジェームス・ギブソンであったことに由来する。様々なバリエーションが存在する。
  • 各種バックブリーカー
    • ハーフネルソン式
    • スイング式
    • STO式
    • ティルト・ア・ホイール式
    • カタパルト式
    • トーチャーラック式/アルゼンチン式
    • ダブルアーム式
    • サイドスラム式
    • バックドロップ式
  • ランニング・シングルレッグ・ドロップキック
走りこんで顔面へ放つ強力な片足ドロップキック。ROHではケンカキックとも呼ばれる。
  • CX '03
クロスアーム式のゴリーネックブリーカー。
  • CX '02
スプラッシュマウンテンのように相手を持ち上げた状態からの横須賀カッター。
  • デス・バイ・ロデリックガット・バスター
ファイヤーマンズキャリーで相手を持ち上げ、自分の前方に落としつつ、自らも倒れこんで相手の腹に両膝を突き立てる。たまに雪崩式で出すことも。
  • パワーブリーカー
パワーボムで持ち上げ、落とす際に自分の立てた片膝へ叩きつける。
  • ナイフエッジ・チョップ
いわゆる逆水平チョップ。インパクト音が非常に大きいのが特徴。
  • ファルコンアロー

タイトル履歴

ROH
FIP
  • FIP世界ヘビー級王座 : 1回

その他、米インディ団体のベルト取得経験多数。

脚注

今日は何の日(9月24日

もっと見る