ロドルフォ・ピサーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はピサーロ第二姓(母方の)はトマスです。
ロドルフォ・ピサーロ Football pictogram.svg
名前
本名 ロドルフォ・ヒルベルト・ピサーロ・トマス
Rodolfo Gilbert Pizarro Thomas
ラテン文字 Rodolfo Pizarro
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
生年月日 (1994-02-15) 1994年2月15日(26歳)
出身地 タンピコ
身長 175cm
体重 71kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗 インテル・マイアミCF
ポジション MF
背番号 10
利き足 右足
ユース
2011-2013 メキシコの旗 CFパチューカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012-2016 メキシコの旗 CFパチューカ 134 (8)
2017-2018 メキシコの旗 CDグアダラハラ 46 (13)
2018-2020 メキシコの旗 CFモンテレイ 51 (8)
2020- アメリカ合衆国の旗 インテル・マイアミCF
代表歴2
2014 メキシコの旗 メキシコ U-21 3 (0)
2015-2016 メキシコの旗 メキシコ U-23 8 (1)
2014- メキシコの旗 メキシコ 25 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年2月25日現在。
2. 2020年2月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロドルフォ・ヒルベルト・ピサーロ・トマスRodolfo Gilbert Pizarro Thomas, 1994年2月15日 - )は、メキシコタマウリパス州タンピコ出身のプロサッカー選手メジャーリーグサッカーインテル・マイアミCFに所属している。ポジションはMF

来歴[編集]

2011年にCFパチューカのユースチームに入団。2012-13シーズンにトップチームに昇格。2012年9月14日のモナルカス・モレリア戦でプロデビュー。翌2013年2月19日のドラドス・デ・シナロア戦でプロ初ゴールを記録。以降主力選手に成長し、CDグアダラハラCFモンテレイでも活躍し、2019年にはACミランがピサーロの獲得に乗り出していると報じられた[1]

2020年2月14日、メジャーリーグサッカー (MLS) に2020年シーズンより参入するインテル・マイアミCFと契約。移籍金はMLS史上最高額となる1700万ドル (約19億円) となる見通しと報じられた[2][3]

メキシコ代表[編集]

2014年1月29日の韓国戦でメキシコ代表デビュー。2016年2月10日のセネガル戦で、代表初ゴールを記録。同年のリオデジャネイロオリンピック2017 CONCACAFゴールドカップ2019 CONCACAFゴールドカップに出場し、2019年大会の優勝に貢献した。但し、招集可能だった2度のFIFAワールドカップ (2014年大会) 、(2018年大会)は、いずれも招集外に終わっている。

脚注[編集]

  1. ^ ミラン最後の補強 メキシコ代表ピサーロ獲得に動く”. SPORT.es.jp (2020年2月26日). 2020年2月26日閲覧。
  2. ^ インテル・マイアミが着実補強! モンテレイのメキシコ代表MFピサーロが加入”. 超ワールドサッカー (2020年2月14日). 2020年2月26日閲覧。
  3. ^ MLS史上最も高額な選手がベッカムのクラブへ新加入”. SPORT.es.jp (2020年2月24日). 2020年2月26日閲覧。


Template:インテル・マイアミCFのメンバー