ロナルド・トレイエズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はトレイエズ第二姓(母方の)はソロルサーノです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Template:表記揺れ案内)
  • ロナルド・トレイズ
  • ロナルド・トレイエス
ロナルド・トレイエズ
Ronald Torreyes
フィラデルフィア・フィリーズ (マイナー)
Ronald Torreyes on April 21, 2016.jpg
ニューヨーク・ヤンキース時代
(2016年4月21日)
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 バリナス州バリナス
生年月日 (1992-09-02) 1992年9月2日(27歳)
身長
体重
5' 8" =約172.7 cm
151 lb =約68.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手三塁手
プロ入り 2010年 アマチュアFA
初出場 2015年9月13日 アリゾナ・ダイヤモンドバックス
年俸 $800,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロナルド・アルシデス・トレイエズ・ソロルサーノRonald Alcides Torreyes Solorsano1992年9月2日 - )は、ベネズエラバリナス州バリナス出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ傘下所属。

愛称は姓を短縮したトエ[2]

経歴[編集]

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2010年2月にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ[3]。5月13日にルーキー級ベネズエラン・サマーリーグ・レッズ英語版、8月7日にルーキー級アリゾナリーグ・レッズ英語版、9月1日にA級デイトン・ドラゴンズに配属された[4]

2011年6月18日、A級デイトンから延長キャンプに送られた[4]

カブス傘下時代[編集]

2011年12月23日にショーン・マーシャルデーブ・サッペルト英語版とのトレードで、トラビス・ウッドと共にシカゴ・カブスへ移籍した[5]

2012年4月3日にA級デイトナ・カブスに配属された[4]

2013年は、4月1日に延長キャンプに送られ、4月12日にAA級テネシー・スモーキーズに配属された[4]

アストロズ傘下時代[編集]

2013年7月2日にトレードで、ヒューストン・アストロズへ移籍した[6]

2014年は傘下のAAA級オクラホマシティ・レッドホークスに所属した[4]。オフの11月20日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[4]

2015年3月16日、マイナー・オプションで傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズに配属された[4]。5月7日にDFAとなった[4]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2015年5月15日に金銭または後日発表選手とのトレードで、トロント・ブルージェイズへ移籍し[7]、40人枠入りしたままAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツに配属された[4]

ドジャース時代[編集]

2015年6月12日に金銭トレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍し、40人枠に入ったままマイナー・オプションで傘下のAA級タルサ・ドリラーズに配属された[8][4]。8月11日にAAA級オクラホマシティ・ドジャースに昇格した[4]。9月13日にアクティブ・ロースター入りし、同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でハムストリングを痛めたホセ・ペラザに代わって5回裏の守備から「2番・二塁手」でメジャー初出場。7回表のメジャー初打席で二塁打を放ちメジャー初安打となった[9]

ヤンキース時代[編集]

2016年1月12日にロブ・セゲディンと後日発表選手または金銭とのトレードで、タイラー・オルソンと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[10]。1月15日、レーン・アダムスの加入に伴ってDFAとなった[11]。1月25日、ウェイバー公示を経てロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[12]。1月27日にジェフリー・マルテの加入に伴ってDFAとなった[13]。2月1日、ウェイバー公示を経て再度ヤンキースへ移籍した[14]。ヤンキースに戻ったトレイエスはユーティリティの役割を与えられ、72試合に出場した。打撃面では打率.258、1本塁打、12打点、2盗塁を記録し、ホームランと盗塁はメジャー初記録だった。

ツインズ時代[編集]

2018年11月28日に後日発表選手または金銭でのトレードでカブスに移籍した[15]が、2日後の30日にFAとなった。

その後、12月6日にミネソタ・ツインズと1年契約を結んだ[16]

2019年は開幕から傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレーし、7月1日に40人枠外となった。9月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[17]。レギュラーシーズン終了後の10月28日にマイナー契約でAAA級ロチェスターへ配属された[18]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 LAD 8 8 6 1 2 1 0 0 3 1 0 0 1 0 1 0 0 1 0 .333 .429 .500 .929
2016 NYY 72 169 155 20 40 7 4 1 58 12 2 1 1 1 10 0 1 20 4 .258 .305 .374 .680
2017 108 336 315 35 92 15 1 3 118 36 2 0 5 4 11 0 1 43 9 .292 .314 .375 .689
2018 41 102 100 9 28 7 1 0 37 7 0 0 0 0 2 0 0 16 3 .280 .294 .370 .664
MLB:4年 229 614 576 65 162 30 6 4 216 56 4 1 7 5 24 0 2 80 16 .281 .310 .375 .685
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁 三塁 右翼 遊撃
















































2015 LAD 4 2 4 0 1 1.000 3 0 0 0 0 .--- - -
2016 NYY 14 14 15 0 9 1.000 34 12 76 2 9 .978 2 1 0 0 0 1.000 15 12 22 1 1 .971
2017 54 90 105 2 19 .990 26 9 39 1 3 .980 1 1 0 0 0 1.000 36 28 62 1 12 .989
2018 20 19 35 0 4 1.000 11 2 13 2 0 .882 - 9 3 22 0 5 1.000
MLB 92 125 159 2 32 .993 74 23 128 5 12 .968 3 2 0 0 0 1.000 60 43 106 2 18 .987
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 59(2015年)
  • 17(2016年)
  • 74(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Ronald Torreyes Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年5月18日閲覧。
  2. ^ Yanks Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年8月27日閲覧
  3. ^ Sean McClelland (2011年8月5日). “Energetic Torreyes stands tall despite his slight build” (英語). 2016年1月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k MLB公式プロフィール
  5. ^ “Sean Marshall trade to Reds official” (英語). ESPNChicago.com. ESPN. (2011年12月23日). http://espn.go.com/chicago/mlb/story/_/id/7383879/chicago-cubs-trade-sean-marshall-cincinnati-reds-travis-wood-others 2016年1月15日閲覧。 
  6. ^ Astros acquire infielder Torreyes from Cubs
  7. ^ “Blue Jays acquire shortstop Torreyes from Astros” (英語). Sportsnet. Canadian Press (Rogers Media). (2015年5月15日). http://www.sportsnet.ca/baseball/mlb/blue-jays-acquire-shortstop-torreyes-from-astros/ 2015年5月21日閲覧。 
  8. ^ J.P. Hoornstra (2015年6月12日). “Dodgers acquire minor-league infielder Ronald Torreyes, designate Darwin Barney” (英語). LA Daily News. 2015年6月15日閲覧。
  9. ^ Ken Gurnick (2015年9月13日). “Peraza exits after aggravating hamstring” (英語). MLB.com. 2015年9月14日閲覧。
  10. ^ “Yanks trade for LHP Tyler Olson, INF Ronald Torreyes from Dodgers” (英語). New York Yankees Media Relations. YESネットワーク. (2016年1月12日). http://web.yesnetwork.com/news/article.jsp?ymd=20160112&content_id=161746156&oid=36019 2016年1月15日閲覧。 
  11. ^ Jamal Collier (2016年1月15日). “Yankees claim outfielder Adams off waivers” (英語). MLB.com. 2016年1月17日閲覧。
  12. ^ Jamal Collier (2016年1月25日). “Yanks lose Torreyes to Angels on waiver claim” (英語). MLB.com. 2016年1月26日閲覧。
  13. ^ Transactions | angels.com” (英語). MLB.com (2016年1月27日). 2016年1月28日閲覧。
  14. ^ Andrew Simon (2016年2月1日). “Yankees claim Torreyes off waivers” (英語). MLB.com. 2016年2月2日閲覧。
  15. ^ “ヤンキース、トレイエス内野手をカブスへ放出”. 日刊スポーツ. (2018年11月29日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201811290000226.html 2018年12月1日閲覧。 
  16. ^ Rhett Bollinger (2018年12月6日). “Twins sign middle infielders Schoop, Torreyes” (英語). MLB.com. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ Do-Hyoung Park (2019年9月10日). “Buxton (left shoulder surgery) out for season” (英語). MLB.com. 2019年9月11日閲覧。
  18. ^ Jeff Todd (2019年10月28日). “Twins Outright Three Players” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年10月30日閲覧。

関連項目[編集]