ロバン・カンピヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Robin Campillo
ロバン・カンピヨ
ロバン・カンピヨ
2019年 カンヌ国際映画祭にて
生年月日 (1962-08-16) 1962年8月16日(57歳)
出生地 モロッコの旗 モロッコ・モハメディア
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督・脚本家・編集技師
活動期間 1997年 - 活動中
テンプレートを表示

ロバン・カンピヨRobin Campillo, 1962年8月16日 - )は、モロッコ系フランス人の脚本家、編集技師、映画監督。 『パリ20区、僕たちのクラス』(2008年)、『南へ向かう女たち英語版』(2005年)、『奇跡の朝』(2004年)、『Eastern Boys』(2013年)、『タイム・アウト英語版』(2001年)などを手がけている。特に『タイム・アウト』は『スラント・マガジン英語版』の2000年代ベスト映画で99位、『ガーディアン』の2000年代ベスト映画で9位、『ジ・A・V・クラブ英語版』の2000年代ベスト50作で11位に選ばれた[1][2][3][4][5][6][7]

主なフィルモグラフィ[編集]

日本語題
原題
クレジット 備考
1997 Les Sanguinaires 編集
1999 Ressources humaines 編集
2001 タイム・アウト
L'Emploi du temps
脚本・編集 ノミネート - ヨーロッパ映画賞 脚本賞
2003 サイレント・ホスピタル
Qui a tué Bambi ?
編集
2004 奇跡の朝
Les Revenants
監督・脚本・編集 受賞 - ポルト国際映画祭監督賞
2005 南へ向かう女たち
Vers le sud
脚本・編集
2008 パリ20区、僕たちのクラス
Entre les murs
脚本・編集 受賞 - セザール賞脚色賞
ノミネート - セザール賞編集賞
2012 フォックスファイア 少女たちの告白
Foxfire
脚本・編集
2013 Eastern Boys 監督・脚本・編集 受賞 - 第70回ヴェネツィア国際映画祭ホライゾン賞
ノミネート - セザール賞作品賞
ノミネート - セザール賞監督賞
ノミネート - ルイ・デリュック賞作品賞
2014 Retour à Ithaque 編集
2016 プラネタリウム
Planetarium
脚本
2017 BPM ビート・パー・ミニット
120 battements par minute
監督・脚本 受賞 - カンヌ国際映画祭グランプリ
受賞 - サン・セバスティアン国際映画祭セバスティアン賞

参考文献[編集]