ロバート・ウォルター・ウィアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロバート・ウォルター・ウィアー

ロバート・ウォルター・ウィアー(Robert Walter Weir、1803年6月18日 - 1889年5月1日)はアメリカ合衆国の画家、教師である。アメリカ合衆国の風景を描いた「ハドソン・リバー派」の画家の一人とされる[1]が、アメリカ植民地時代の歴史を題材にした絵画でも知られる。

略歴[編集]

ニューヨークで生まれた。大学などの教育は受けておらず18歳まで商店で雇われていたが画家になるために仕事をやめた。ニューヨークで美術を学び始め、1824年にイタリアに渡り、フィレンツェローマでルネサンス期の巨匠の作品を学んだ[2]。1827年にニューヨークに戻り、1834年までニューヨークに滞在し、ニューヨークの美術家たちの中で重要な人物と認められた。1829年に創立まもないニューヨークの美術学校、ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの会員に選ばれた。その後、ニューヨーク州ウェストポイントにある陸軍士官学校で美術を教えた[3]

40年以上、士官学校の美術教授として働き、有名な教え子にはジェームズ・マクニール・ホイッスラーやセス・イーストマン(Seth Eastman)がいる[4]

2度結婚し、16人の子供を作った[5]ジョン・ファーガソン・ウィアー(John Ferguson Weir:1841–1926)は画家・彫刻家となりイェール大学美術学校(School of Fine Arts at Yale University、後のYale School of Art)の校長を務めた。ジュリアン・オールデン・ウィアー(Julian Alden Weir:1852–1919)はアメリカ合衆国における印象派の重要な画家になった。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Robert W”. Math.usma.edu (2000年11月28日). 2012年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月20日閲覧。
  2. ^ Kent Ahrens,"The Portraits of Robert Weir," American Art Journal, Vol. 6, No. 1, p. 4
  3. ^ Ahrens, p. 4.
  4. ^ USMA site on Weir”. Math.usma.edu (2000年11月28日). 2012年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月20日閲覧。
  5. ^ Jones, Jennifer (Spring 2012). “Portraits of Influence:Robert Walter Weir (1803-89)”. BYU Magazine: 31. http://magazine.byu.edu/?act=view&a=2991.