ロバート・ウール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロバート・ウール
Robert Wuhl
Robert Wuhl
生年月日 (1951-10-09) 1951年10月9日(67歳)
出生地 ニュージャージー州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 俳優
コメディアン
活動期間 1980年 - 現在
配偶者 Barbara Koldys Capelli
(1983年 - 現在)
主な作品
バットマン
グッドモーニング, ベトナム
さよならゲーム

ロバート・ウール(Robert Wuhl, 1951年10月9日 - )は、アメリカ合衆国コメディアン俳優である。

来歴[編集]

1951年ニュージャージー州・ユニオンに生まれる。地元ニュージャージー州内の高校を卒業後、ヒューストン大学へ進学した[1]。大学在学中から演技に目覚め、スタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせた。1980年ミシェル・ファイファートニー・ダンザ出演の『The Hollywood Knights』で映画デビュー。1982年にはレスリー・ニールセンが主演で、彼の代表作『裸の銃を持つ男』の前身となったドラマシリーズ『フライング・コップ 知能指数0分署』のエピソードのうち2つのエピソードの脚本も執筆し、多様な才能を発揮した。1985年にはマドンナの曲『Material Girl』のミュージック・ビデオへも出演している。

1980年代後半にケヴィン・コスナー主演の『さよならゲーム』、ロビン・ウィリアムズ主演の『グッドモーニング・ベトナム』などの話題作へ出演し、世間でも知られるようになった。1989年にはまだ若手だったティム・バートンが監督した『バットマン』へ出演し、キム・ベイシンガー演じるヒロインの勤務する新聞社の同僚を演じている。その後もテレビドラマや映画を中心に活動を続け、役者、コメディアンとしての地位を確立している。

私生活[編集]

1983年に女優経験もあるBarbara Koldys Capelliと結婚した[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Robert Wuhl Biography”. 2014年7月4日閲覧。