ロバート・ジャクソン (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロバート・ジャクソンRobert H. Jackson)は、アメリカ合衆国政治学者。専攻は、国際関係論国際法アフリカ政治。

ブリティッシュコロンビア大学卒業後、カリフォルニア大学バークレー校で博士号取得。ロックフェラー財団研究員、ナイロビ大学研究員、ブリティッシュコロンビア大学政治学部教授を経て、現在、ボストン大学政治学部教授。

著作[編集]

単著[編集]

  • Quasi-States: Sovereignty, International Relations, and the Third World, (Cambridge University Press, 1990).
  • The Global Covenant: Human Conduct in a World of States, (Oxford University Press, 2000).
  • Classical and Modern Thought on International Relations, (Palgrave, 2005).
  • Sovereignty: Evolution of an Idea, (Polity Press, 2007).

共著[編集]

  • Personal Rule in Black Africa: Prince, Autocrat, Prochet, Tyrant, with Carl G. Rosberg, (University of California Press, 1982).
  • Introduction to International Relations: Theories and Approaches, with Georg Sorensen, (Oxford University Press, 1999, 2nd ed., 2003, 3rd ed., 2006).

編著[編集]

  • Sovereignty at the Millennium, (Blackwell, 1999).

共編著[編集]

  • Politics & Government in African States, 1960-1985, co-edited with Peter Duignan, (Hoover Institution Press, 1986).
  • States in a Changing World: A Contemporary Analysis, co-edited with Alan James, (Clarendon Press, 1993).