ロバート・ドリスデール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロバート・ドリスデール
Robert Drysdale.jpg
基本情報
本名 ロバート・ルイス・ドリスデール
(Robert Lewis Drysdale)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1981-05-10) 1981年5月10日(37歳)
出身地 ユタ州プロボ
所属 エクストリーム・クートゥア
→ドリスデール柔術
身長 191cm
体重 101kg
階級 ヘビー級
ライトヘビー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

ロバート・ドリスデールRobert Drysdale1981年5月10日 - )は、アメリカ合衆国男性柔術家総合格闘家ユタ州プロボ出身。ドリスデール柔術所属。ブラジリアン柔術黒帯。現Legacy FCライトヘビー級王者。ロバート・ドライスデールホベルチ・ドリスダーレとも表記される。

ブラジリアン柔術界を代表する選手の1人。99kg以下級で世界トップクラスのグラップラー

2008年、世界柔術選手権プルーマ級で2年連続王者となったミシェル・ニコリーニと結婚した。

来歴[編集]

アメリカ人の父とブラジル人の母の間に生まれる。6歳の時にブラジルに移住し、数年後ラスベガスに戻る。16歳の時に柔術を始め、ノヴァウニオンのスティーヴ・ダ・シルバに師事する。2000年に再びブラジルへ。ブラサでトレーニングを積み、2004年にレオナルド・ヴィエイラより黒帯を授与されている。

2005年7月、世界柔術選手権の黒帯ペサード(-91kg)級で優勝。

2007年5月、アブダビコンバットに出場。99kg未満級で3位に入賞、無差別級では決勝でマルセロ・ガッシアに一本勝ちし優勝を果たした。

2008年総合格闘技の練習のため、エクストリーム・クートゥアに移籍。またThe Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mirではアシスタントコーチを務めた。

2009年9月26日、アブダビコンバット2009のスーパーファイトでホナウド・ジャカレイと対戦し、ポイント0-2で敗北した[1]

UFC[編集]

2014年7月6日、UFC初参戦となったThe Ultimate Fighter 19 Finaleでキース・ベリシュと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。試合後の薬物検査でテストステロンの陽性反応が検出されたため、ネバダ州アスレチック・コミッションの裁定で試合結果がノーコンテストに変更され、UFCからリリースされた。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 0 7 0 0 0 1
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ライアン・スパン 2R 2:58 リアネイキドチョーク Legacy Fighting Championship 58
【Legacy FCライトヘビー級王座決定戦】
2016年7月22日
キース・ベリシュ ノーコンテスト(薬物検査失格) The Ultimate Fighter 19 Finale 2014年7月6日
DJ・リンダーマン 1R 1:48 リアネイキドチョーク Legacy Fighting Championship 19 2013年4月12日
クリス・リード 1R 1:15 アームバー Legacy Fighting Championship 15 2012年11月16日
アイザック・ビジャヌエバ 1R 1:29 アームバー Legacy Fighting Championship 12 2012年7月13日
マイク・ニッケルズ 1R 1:04 ギロチンチョーク Armageddon FC 6: Conviction 2011年6月18日
クレイ・デビッドソン 1R 2:06 アームバー Armageddon FC 4: Revelation 2010年11月6日
バスティアン・ヒューヴェニアース 1R 1:12 肩固め Armageddon FC 3: Evolution 2010年7月17日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ホナウド・ジャカレイ ポイント0-2 ADCC 2009 2009年9月26日
マルセロ・ガッシア アナコンダチョーク ADCC 2007
【無差別級 決勝】
2007年5月6日
アンドレ・ガウヴァオン ADCC 2007
【無差別級 準決勝】
2007年5月6日
デビッド・アヴェラン ADCC 2007
【無差別級 2回戦】
2007年5月6日
ルイス・ビッグマック・テオドロ ADCC 2007
【無差別級 1回戦】
2007年5月6日
アレッシャンドリ・カカレコ ADCC 2007
【99kg未満級 3位決定戦】
2007年5月6日
× シャンジ・ヒベイロ ADCC 2007
【99kg未満級 準決勝】
2007年5月6日
スティーヴ・ラスク ADCC 2007
【99kg未満級 2回戦】
2007年5月5日
マリオ・ミランダ ADCC 2007
【99kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
× ヴィニシウス・マガリャエス ポイント0-1 LA SUB X 2006年5月26日
× シャンジ・ヒベイロ 2R 腕ひしぎ十字固め ブドーチャレンジ【99kg未満級 1回戦】 2005年10月19日
国原継悟 1R チョークスリーパー ブドーチャレンジ【99kg未満級 1回戦】 2005年10月19日
× アレッシャンドリ・カカレコ ADCC 2005
【99kg未満級 2回戦】
2005年5月28日
アンソニー・ペロシュ ADCC 2005
【99kg未満級 1回戦】
2005年5月28日

獲得タイトル[編集]

  • 第7回アブダビコンバット 無差別級 優勝(2007年)
  • 第7回アブダビコンバット 99kg未満級 3位(2007年)
  • 世界柔術選手権 黒帯スペルペサード級 準優勝(2007年)
  • 世界柔術選手権 黒帯アブソルート(無差別)級 3位(2007年)
  • 世界柔術選手権 黒帯スペルペサード(-97kg)級 準優勝(2006年)
  • 世界柔術選手権 黒帯ペサード(-91kg)級 優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権 黒帯ペサード級 3位(2004年)
  • 世界柔術選手権 茶帯メイオペサード(-85kg)級 準優勝(2003年)
  • 世界柔術選手権 紫帯メイオペサード級 優勝(2002年)
  • 柔術オリンピック世界杯(コパドムンド)黒帯スペルペサード級 準優勝(2006年)
  • 柔術オリンピック世界杯 黒帯スペルペサード級 優勝(2005年)
  • ブドーチャレンジ 99kg未満級 準優勝(2005年)
  • 第3代Legacy FCライトヘビー級王座(2016年)

脚注[編集]

関連項目[編集]