ロバート・ド・ヴィアー (アイルランド公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラドコット・ブリッジの戦い英語版に敗れて国外亡命するアイルランド公を描いた絵画。

アイルランド公爵およびダブリン侯爵および第9代オックスフォード伯爵ロバート・ド・ヴィアー英語: Robert de Vere, Duke of Ireland, Marquess of Dublin, and 9th Earl of Oxford, KG1362年1月16日 - 1392年11月22日)は、イングランドの貴族。

リチャード2世の側近だったが、訴追派貴族らの策動で反逆罪に問われて失脚した。

経歴[編集]

1362年1月16日、第8代オックスフォード伯爵トマス・ド・ヴィアー英語版とその妻モード・ド・アフォード英語版の一人息子として生まれる[1]。母のモードは初代サフォーク伯ロバート・ド・アフォード英語版の姪にあたり、かつ第3代ランカスター伯ヘンリーヘンリー3世の孫)の孫にあたる[1]

1371年9月に父が死去し、第9代オックスフォード伯爵位を継承した[1][2]。ヴィアー家は歴史こそ古いが、所領が多いわけではなく、これといって重要な役割を果たした先祖もいなかった。ロバート自身も凡庸な人物だったという[3]

しかし1380年代に幼い国王リチャード2世と親しい友人となり、それがきっかけとなって国王側近として急速に台頭する[2]1385年には一代限りの爵位としてダブリン侯爵(イングランドで初めての侯爵位)、ついで翌1386年にはアイルランド公爵英語版に叙されるとともに[1]、アイルランド内において国王と同等の権力をもってアイルランドを統治することを認められた[3]

立身出世を希望する多くの者がアイルランド公にすり寄ったが[3]、それだけに政敵たちから危険視された[2]。そして1387年にはグロスター公トマス・オブ・ウッドストック訴追派貴族によって反逆罪に問われそうになった。これに対抗して彼は国王からも支援を受けてチェスターで挙兵した。しかし1387年12月19日ラドコット・ブリッジの戦い英語版で敗れ、大陸への亡命を余儀なくされた[2][4]

亡命中の1388年2月、訴追派貴族の主導で非情議会が招集され、その貴族院において他の国王側近たちと共に反逆罪で訴追されて死刑判決を受けている。アイルランド公とサフォーク伯マイケル・ド・ラ・ポールはイングランドから逃げ出していたため無事だったが、イングランドへ帰国出来なかった[4][5]

1392年、亡命先のルーヴァンで猪狩りをしていた時に狩猟事故で死亡した[2]。子供がなかったため、オックスフォード伯爵位は叔父のオーブリー・ド・ヴィアー英語版に継承された[1]

爵位[編集]

家族[編集]

1376年にフランス貴族クシー卿フランス語版アンゲラン7世・ド・クシー(イギリスの爵位ベッドフォード伯位も所持)の娘フィリッパ・ド・クシー英語版(1411年没)と最初の結婚をした。しかし彼女に領地継承の見込みがなかったため、離縁した[6]

離婚後、Agnes de Launcekronaと再婚した。いずれの結婚でも子供はなかった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Heraldic Media Limited. “Oxford, Earl of (E, 1142 - 1703)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 549.
  3. ^ a b c 青山吉信編 1991, p. 382.
  4. ^ a b 青山吉信編 1991, p. 384-386.
  5. ^ 松村赳 & 富田虎男 2000, p. 469-470/549.
  6. ^ 青山吉信編 1991, p. 401.

参考文献[編集]

  • 『イギリス史〈1〉先史~中世』青山吉信編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1991年。ISBN 978-4634460102。
  • 松村赳、富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478。
公職
先代:
第8代オックスフォード伯英語版
大侍従卿
1371年 - 1388年
次代:
初代エクセター公
司法職
先代:
初代ヨーク公
チェスター裁判官英語版
1387年 - 1388年
次代:
初代グロスター公
イングランドの爵位
先代:
トマス・ド・ヴィアー英語版
第9代オックスフォード伯爵
1371年 - 1388年
次代:
オーブリー・ド・ヴィアー英語版