ロバート・ヘンリー (第2代ノーティントン伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
The Right Honourable英語版
ノーティントン伯爵
KT PC FSA
Portrait of Robert Henley, 2nd Earl of Northington.jpg
アイルランド総督
任期
1783年5月3日 – 1784年2月12日
前任者 テンプル伯爵
後任者 ラトランド公爵英語版
個人情報
生誕 1747年1月3日
死没 1786年7月5日
フランス王国 フランス王国パリ
墓地 グレートブリテン王国 グレートブリテン王国ハンプシャー、ノーティントン教会
初代ノーティントン伯爵ロバート・ヘンリー
ジェーン・ハバンド

第2代ノーティントン伯爵ロバート・ヘンリー英語: Robert Henley, 2nd Earl of Northington KT PC FSA1747年1月3日 - 1786年7月5日)は、グレートブリテン王国の政治家。

生涯[編集]

初代ノーティントン伯爵ロバート・ヘンリーの息子として生まれ、ウェストミンスター・スクールオックスフォード大学クライスト・チャーチ(1763年10月24日入学、1766年4月30日にマスター・オブ・アーツ英語版の学位を得る)で教育を受けた[1]。1763年4月に財務省出納官英語版に任命され、1768年イギリス総選挙ハンプシャー選挙区英語版から出馬して当選した[1]。1771年11月28日にClerk of the hanaperに任命され、1772年1月14日にケンブリッジ大学から法学博士の学位を得た後、2月17日に貴族院議員に就任、1773年8月18日にはシッスル勲章を授与された[1]。1777年3月6日、ロンドン考古協会フェローに選出された[1]

ザ・グランジ英語版。ノーティントン伯爵が父から継承した財産の1つ。

1783年にフォックス=ノース連立内閣が成立したとき、4月30日にアイルランド総督として入閣、同日にアイルランドの枢密顧問官英語版に任命された[1]。彼は在任中に亜麻とたばこ産業の発展に貢献したほか、アイルランド財務大臣英語版にアイルランド不在の政治家ではなくアイルランドに住む政治家を任命すべきと進言、総督の俸給が1万6千ポンドから2万ポンドに増額されたときには「完全に満足した」と発言した[1]

連立内閣が崩壊するとノーティントン伯爵も辞任、後任が到着した後の1784年2月26日にダブリンを離れた[1]。1786年7月5日、イタリアから戻る道中にパリで死去、ハンプシャーのノーティントン教会で埋葬された[1]。ノーティントン伯爵が生涯未婚だったため、爵位は断絶、邸宅のザ・グランジ英語版は売却された[1]ジョシュア・レノルズによる1787年の肖像画は現在では南オーストラリア美術ギャラリー英語版所蔵である[2]

評価[編集]

ナサニエル・ラクソール英語版はノーティントン伯爵が素晴らしい人物ではなかったが、アイルランド人に愛される努力をしたと評した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j Stephen, Leslie; Lee, Sidney, eds. (1891). "Henley, Robert (1747-1786)" . Dictionary of National Biography (in English). 25. London: Smith, Elder & Co. pp. 419–420.
  2. ^ Robert Henley, second Earl of Northington” (英語). Art Gallery of South Australia英語版. 2019年3月30日閲覧。

関連図書[編集]

グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・リチャード・ミル準男爵
サー・シメオン・ステュアート準男爵英語版
庶民院議員(ハンプシャー選挙区英語版
1768年 - 1772年
同職:サー・シメオン・ステュアート準男爵英語版
次代:
サー・ヘンリー・シンジョン準男爵英語版
サー・シメオン・ステュアート準男爵英語版
公職
先代:
ウォルドグレイヴ伯爵
財務省出納官英語版
1763年 - 1786年
次代:
サーロー男爵英語版
先代:
テンプル伯爵
アイルランド総督
1783年5月3日 - 1784年2月12日
次代:
ラトランド公爵英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ロバート・ヘンリー
ノーティントン伯爵
1772年 - 1786年
断絶