ロバート・ベンソン (初代ビングリー男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
初代ビングリー男爵
Bingley.jpg
財務大臣
任期
1711年 – 1713年
君主 アン
前任者 ロバート・ハーレー
後任者 サー・ウィリアム・ウィンダム準男爵
個人情報
生誕 1676年
死没 1731年4月9日
国籍 イギリス人
職業 政治家

初代ビングリー男爵ロバート・ベンソン英語: Robert Benson, 1st Baron Bingley PC1676年頃 – 1731年4月9日)は、イギリスの政治家、貴族。財務大臣(在任:1711年 – 1713年)、王室会計長官英語版(在任:1730年 – 1731年)を歴任した。

生涯[編集]

レンソープ英語版のロバート・ベンソンの息子として、ウェイクフィールドで生まれた。ロンドンの学校を通った後、ケンブリッジ大学クライスツ・カレッジに進学した[1]

ヨークの市会議員を務め、1707年にはヨーク市長英語版に選出された[2]。また、1702年から1705年までセットフォード選挙区英語版の、1705年から1713年までヨーク選挙区英語版庶民院議員を務めた[3]

1711年に枢密顧問官に任命され、同年から1713年まで財務大臣を務めた。また、1711年7月から1715年2月まで南海会社理事の1人だった[3]。1713年にビングリー男爵に叙され、スペイン駐在イギリス大使英語版に任命された。

1731年に死去、ウェストミンスター寺院に埋葬された。ビングリー男爵の爵位は断絶したが、後に娘婿が叙されて復活した。ヘニッジ・フィンチの娘エリザベスと結婚しており、1男(ビングリー男爵より先に死去した)2女(うち1人は庶出)をもうけた。また、ジョン・バーゴインの本当の父がビングリー男爵という説があり、ビングリー男爵は遺言状でバーゴインの負債を遺産で帳消しにした。ブラマム・パーク英語版などの領地は娘ハリエット(ジョージ・フォックス英語版と結婚)が継承した[3]

脚注[編集]

  1. ^ "Benson, Robert (BN691R)". A Cambridge Alumni Database (in English). University of Cambridge.
  2. ^ Drake, Francis (1736). Eboracum: or, The history and antiquities of the city of York. 
  3. ^ a b c "BENSON, Robert (1676-1731), of Red Hall, nr. Wakefield; Bramham Hall, Yorks.; and Queen Street, Westminster" (in English). History of Parliament Online. Retrieved 28 November 2013.

関連図書[編集]

イングランド議会 (en
先代:
サー・トマス・ハンマー準男爵
サー・ジョン・ウッドハウス準男爵英語版
庶民院議員(セットフォード選挙区英語版選出)
1702年 – 1705年
同職:エドマンド・ソーム英語版
次代:
サー・トマス・ハンマー準男爵
サー・ジョン・ウッドハウス準男爵英語版
先代:
サー・ウィリアム・ロビンソン準男爵英語版
トバイアス・ジェンキンス
庶民院議員(ヨーク選挙区英語版選出)
1705年 – 1707年
同職:サー・ウィリアム・ロビンソン準男爵英語版
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(ヨーク選挙区英語版選出)
1707年 – 1713年
同職:サー・ウィリアム・ロビンソン準男爵英語版
次代:
サー・ウィリアム・ロビンソン準男爵英語版
ロバート・フェアファクス英語版
公職
先代:
ロバート・ハーレー
財務大臣
1711年 – 1713年
次代:
サー・ウィリアム・ウィンダム準男爵
先代:
ポール・メシュエン
王室会計長官英語版
1730年 – 1731年
次代:
デ・ラ・ウォー男爵
グレートブリテンの爵位
新設 ビングリー男爵
1713年 – 1731年
断絶