ロバート・マーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ロバート・リロイ・マーサー: Robert Leroy Mercer、1946年7月11日 - )は、ボブ・マーサーの名の方でよく知られているが、アメリカ計算機科学者、初期の人工知能の開発者、ヘッジファンド「ルネッサンス・テクノロジーズ」の元共同CEO、マーサー財団設立者。アメリカ共和党保守派への多額資金提供者であり、コーク兄弟に並ぶ影響力を持つ[1]。娘はマーサー財団理事長のレベッカ・マーサー

ロバートはIBMのコンピューター技師だった[2]。その後、ルネッサンス・テクノロジーズを立ち上げ、運用資産250億ドル(約2兆7500億円)の大手ヘッジファンドに成長させた[2]

イギリスブレグジットへの主要な資金提供者であり、ブライトバート・ニュースや2016年のドナルド・トランプ大統領選挙キャンペーンのようなアメリカの保守系政治運動を支持する組織への主要な資金提供者である。彼はメイク・アメリカ・ナンバー1政治行動委員会(Make America Number 1 super PAC)への主要な後援者である。

マーサー財団は茶会運動(ティーパーティー運動)の中でもトップクラスの勢力を誇り、ティーパーティーパトリオッツなど保守系団体などへの多額の資金提供していることでも知られる[1]

マーサー財団は、当初はテッド・クルーズを支援し、彼の敗退後はトランプ陣営を支援した[1]。コンウェイ(トランプ陣営選対本部長を担ったケリーアン・コンウェイスティーブン・バノンをはじめ、トランプ政権の閣僚の多くがマーサー財団と縁が深い[1]

また、保守系シンクタンクとして知られるヘリテージ財団ケイトー研究所のスポンサーでもある[2]

2017年11月、ロバートはルネッサンス・テクノロジーズを引退し、自分が保有するブライトバート・ニュースの株を娘たちに売却すると表明した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 部谷直亮 (2017年3月7日). “トランプ政権の「黒幕」スティーブン・バノンと団塊の世代”. PRESIDENT Online. 2018年1月2日閲覧。
  2. ^ a b c 歳川隆雄「トランプ政権の立て直しを指揮した2人の「黒幕大富豪」」2017.8.26.現代ビジネス

関連項目[編集]