ロバート・ヴォノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロバート・ヴォノーと妻(1930年頃)

ロバート・ヴォノー(Robert William Vonnoh、1858年9月17日 - 1933年12月28日)はアメリカ合衆国の「印象派」の画家である。人物画や風景画を描いた。アメリカ東海岸やフランス、特に多くの芸術家が集まったグレ=シュル=ロワンで活動した一人である。

略歴[編集]

コネチカット州ハートフォードで生まれた。ボストンのマサチューセッツ芸術師範学校(Massachusetts Normal Art School:現在のマサチューセッツ芸術大学)で学んだ後[1]、パリのアカデミー・ジュリアンに入学し、ギュスターヴ・ブーランジェジュール・ジョゼフ・ルフェーブルに学んだ。

アメリカに戻った後、1879年から1881年までマサチューセッツ芸術師範学校で教え[2] 、1884年から1885年はボストン美術館の付属美術学校で教えた。1887年に再びフランスに渡り、芸術家村となっていたグレ=シュル=ロワンで活動し、印象派のスタイルを確立した。代表作のひとつの「フランドルの野原」(Flanders Field)は1890年にグレで描かれ、後にバトラー・アメリカンアート美術館(Butler Institute of American Art)を創立したバトラー(Joseph G. Butler Jr.)に購入された。

アメリカに戻った後、ニューヨークで活動し、1891年から1896年の間は、ペンシルベニア美術アカデミーで教え、1906年にナショナル・アカデミー・オブ・デザインの会員に選ばれた。その後もしばしばグレ=シュル=ロワンを訪れた。1899年にアメリカ人彫刻家のベシー・ポッター(Bessie Potter Vonnoh:1872-1955)と結婚した。1920年代になって目を悪くして作品製作をやめた。フランスのニースで没した。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Student Academic Records, Archives of Massachusetts College of Art and Design
  2. ^ "Members of the School Faculty, 1873-1938," Fiftieth Anniversary Record, 1888-1938 (Boston: Massachusetts School of Art Alumni Association, 1938). p. 104