ロビー・イーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ロビー・イーグルス
プロフィール
リングネーム ロビー・イーグルス
ロビー・イーグル
本名 ジェームズ・マク
ニックネーム スナイパー・オブ・ザ・スカイ
身長 177cm
体重 80kg
誕生日 (1990-02-13) 1990年2月13日(30歳)
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
ニューサウスウェールズ州
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 ラグビー
サッカー
トレーナー ライアン・イーグルス
マディソン・イーグルス
デビュー 2008年3月9日
テンプレートを表示

ロビー・イーグルスRobbie Eagles、1990年2月13日 - )は、オーストラリアプロレスラー

来歴[編集]

2008年3月9日オーストラリアプロレス団体PWAでデビューを果たす[1]。以降、国内でのキャリアを積み重ねていく。

2018年2月新日本プロレスのオーストラリア巡業に参加。18日のシドニー大会では、マイク・モレッティとタッグを組み、EVIL&SANADA組と、19日のパース大会では、Codyウィル・オスプレイと3WAYマッチで対戦した。4月にはアメリカのPWGに参戦。ここで石森太二と出会う[1]

10月8日、新日本プロレス両国国技館大会のバックステージで、バッドラック・ファレがイーグルスのBULLET CLUB加入を発表。イーグルスは石森とタッグを組み、「SUPER Jr.TAG LEAGUE 2018」に出場した。16日、後楽園ホールで、獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク組を相手に日本デビュー戦を行い、ライガーからロン・ミラー・スペシャルでタップを奪い、勝利した。

2019年5月BEST OF THE SUPER Jr.26に初出場。 しかし、大会中のウィル・オスプレイとの公式戦において勝利こそしたもののエル・ファンタズモの介入に対して憤慨し、彼との間に溝が生じる。その後も度々ファンタズモ及びBULLET CLUBとの間に不協和音を奏でる。 NJPW SOUTHERN SHOWDOWN in MELBOURNEで行われた6月29日のオスプレイとのIWGPジュニアヘビー級選手権試合ではホームでの歓声を背にファンタズモの介入もあった中30分越えの大激闘の末ストームブレイカーでピンフォール負けを喫する。 試合後、介入したファンタズモにエルボーを放った後でオスプレイと握手を交わした。 6月30日 、NJPW SOUTHERN SHOWDOWN in SYDNEYでジェイ・ホワイト、ファレと組んでオスプレイ&棚橋弘至&オカダ・カズチカと6人タッグマッチを行い敗北。試合後オスプレイと共にジェイにトラースキックを見舞い、CHAOSに電撃加入した。

得意技[編集]

空中殺法を織り交ぜた変幻自在の膝攻めからサブミッションで相手を仕留めるのが特徴。イーグルスは自身のスタイルを「タクティクス(戦術)に長けていることからタクティシャンと呼ばれてきた」と語っている[1]

ロン・ミラー・スペシャル
現在のフィニッシュ・ホールド。トップロープから相手の膝に450°スプラッシュを決めてダメージを与え、すかさず裏足4の字固めに移行する。
カッター
パルスドロップ
背中越しに両手で相手の頭部を左肩に固定し、そのままセカンドロープを蹴り上げ、自らが後方宙返りをしながら体重を浴びせてリバースDDTで後頭部からマットに叩きつけるスプリングボード式の変型スライスブレッド。不知火と同型。
ワープ4.5
450°スプラッシュと同じ技。
ターボバックパック
相手の右足を取った状態で左肩越しに頭部をクラッチし、そのまま一気に引っこ抜いて相手を前方回転させ、シットダウンと同時にマットに叩きつける変形みちのくドライバー。独創性溢れるオリジナル・ホールド。
シートベルト
「BEST OF THE SUPER Jr. 26」で初披露。田口隆祐を丸め込んだ変形キドクラッチ。

入場テーマ曲[編集]

  • Creature / SETMEONFIRE
  • Afterglow / In Hearts Wake

脚注[編集]

関連項目[編集]