ロブ・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロブ・エリオット Football pictogram.svg
Rob Elliot.jpg
名前
本名 Robert Elliot
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
アイルランドの旗 アイルランド
生年月日 (1986-04-30) 1986年4月30日(33歳)
出身地 ロンドングリニッジ区
身長 190cm
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ニューカッスル・ユナイテッドFC
ポジション GK
背番号 21
ユース
2008-2010 イングランドの旗 チャールトン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2011 イングランドの旗 チャールトン 96 (0)
2004 イングランドの旗 ストートフォード (loan) 6 (0)
2005 イングランドの旗 ノッツ (loan) 4 (0)
2005-2006 イングランドの旗 アクリントン (loan) 23 (0)
2006-2007 イングランドの旗 アクリントン (loan) 7 (0)
2011- イングランドの旗 ニューカッスル 55 (0)
代表歴2
2004 アイルランドの旗 アイルランド U19 1 (0)
2014- アイルランドの旗 アイルランド 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月10日現在。
2. 2016年6月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロバート・”ロブ”・エリオットRobert "Rob" Elliot1986年4月30日 - )は、イングランドロンドングリニッジ区出身のプロサッカー選手アイルランド代表ニューカッスル・ユナイテッドFC所属。ポジションは、ゴールキーパー

クラブ経歴[編集]

地元クラブであるチャールトン・アスレティックFCの下部組織出身。2004年のトップチーム昇格後、下位クラブへのレンタル移籍で経験を積んだ。

2008年4月のプリマス・アーガイルFC戦で第1キーパーのニッキー・ウェーバーが退場処分を受けたため、急遽途中出場し念願のトップチームデビュー。8月のフットボールリーグカップヨーヴィル・タウンFC戦で初スタメン。2008–09シーズン以降はウェーバーからレギュラーを奪取した。

2011年8月、ニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍[1]。9月のフットボールリーグカップノッティンガム・フォレストFC戦で移籍後初出場[2]

2012-13シーズンはティム・クルルに次ぐ第2GKのポジションになる。2月13日以降はクルルの負傷により正守護神に昇格した。

2015-16シーズンはクルルと新加入のカール・ダーロウに遅れをとったが、10月に両者が故障したため再びポジションを掴んだ。AFCボーンマス戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選出されたが、チームは降格した。2016年3月には前十字靭帯を損傷した。

代表歴[編集]

エリオット自身はイングランドで生まれ育ったが、父親がアイルランドのコーク出身のため、アイルランド代表を選択した[3]

2014年5月のトルコ戦で初キャップ[4]

タイトル[編集]

アクリントン

カンファレンス・ナショナル: 2005-2006

ニューカッスル

脚注[編集]

  1. ^ Keeper Elliot joins Newcastle”. Sky Sports. BSkyB (2011年8月30日). 2011年8月30日閲覧。
  2. ^ Nott'm Forest v Newcastle”. BBC Sport (2011年9月20日). 2011年9月20日閲覧。
  3. ^ Ed Harrison (2013年9月11日). “Newcastle Player Has International Ambitions”. NUFC Blog. 2013年9月11日閲覧。
  4. ^ Republic of Ireland 1-2 Turkey”. FAI.com (2014年5月25日). 2014年5月25日閲覧。