ロブ・クラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロブ・クラーリ
生誕 (1963-01-13) 1963年1月13日(56歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国マサチューセッツ州ニュートン
職業 プロデューサーミキシング・エンジニアミュージシャン
担当楽器 エレクトリック・ベースギタードラムス
活動期間 1985年 - 現在
共同作業者 ウィル・スミスや、クリスティーナ・アギレラリアン・ライムスメアリー・メアリージャネット・ジャクソン松居慶子クーリオレイ・チャールズアメリカン・アイドルピンクジョニー・マティスポーラ・アブドゥルダイアナ・ロスアン・ヴォーグアイス・キューブフォー・トップス、ヨランダ・アダムス、テンプテーションズ、3LW、ケー・シー&ジョジョ、マドンナ、ザ・ネイキッド・ブラザーズ、アリーヤヒラリー・ダフジェシー・マッカートニーリッキー・マーティンザ・コアーズ[1]ルーサー・ヴァンドロス
公式サイト 公式ウェブサイト

ロブ・クラーリ(Rob Chiarelli、1963年1月13日 - )は、アメリカ音楽プロデューサーミキシング・エンジニアミュージシャン作家ウィル・スミスおよび『メン・イン・ブラック2』(2002年)のプロデューサーとして広く知られるほか[2]、6つのグラミー賞獲得作品を含む数多くのゴールドプラチナ認定アルバムや映画のサウンドトラックの制作に携わっている[3]

生い立ち[編集]

1963年1月13日にマサチューセッツ州ニュートンに生まれ、同州ウオルサムに移り住む。10歳でドラムスを始め、中学生時代には学校でバンドを組むほかボストン・ユース・シンフォニー・オーケストラでも演奏した。

ウオルサム高校を1981年に卒業し、マイアミ大学音楽院に奨学生として入学。ドン・コフマン、フレッド・ウィックストーム、ヴィンス・マッジョに師事。自身のバンド「インフェルノ」を組んだ。メンバーはトム・ミッチェル(ギター)、ダグ・コルスルード(キーボード)、リック・マギッツァ(サックス)、マイク・マンジーニ(ドラムス)、エド・ケイル(サックス)、マイク・ランバート(トランペット)、プロデューサーはゲイリー・ヴァンディであった[3]

経歴[編集]

1989年にロサンゼルスに移った後パラマウント・レコーディング・スタジオ[4]にアシスタント・エンジニアとして働き始め、短期間でレコーディング/ミキシング・エンジニアに昇進。伝説的プロデューサーのジェイ・キングと共に仕事をしたR&Bグループのクラブ・ヌーヴォーのグラミー賞受賞作で成果を収める。クラーリの仕事ぶりに感心したキングはクラブ・ヌーヴォーのアルバム全曲のミックスを依頼し、手がけたアルバムはビルボードのR&Bチャートで12位を記録した。カリフォルニア州グレンデールにあるアイレLAスタジオでクラブ・ヌーヴォーを手がける間、ミキシング・エンジニアでスタジオのオーナーでもあったクレイグ・バービッジと出会い、キャロウェイや、チャッキー・ブッカー、テディ・ペンダーグラスなどのアーティストの数多くのヒット作に携わった[5]

クラーリはセマフォ・レコードとのジョイント・ベンチャーとして1993年から1996年まで活動したメトロ・ビート・レコードのCEOでもあった。その後、1997年にBMG/レッド・アントが流通を担うジョイント・ベンチャー・レーベル「3.6レコード」をハリウッドに設立した[4][5]

ミキシング[編集]

ミキシング・エンジニアとして、これまでウィル・スミスや、クリスティーナ・アギレラリアン・ライムスメアリー・メアリージャネット・ジャクソン松居慶子クーリオレイ・チャールズアメリカン・アイドルピンクジョニー・マティスポーラ・アブドゥルダイアナ・ロスアン・ヴォーグアイス・キューブフォー・トップス、ヨランダ・アダムス、テンプテーションズ、3LW、ケー・シー&ジョジョ、マドンナ、ザ・ネイキッド・ブラザーズ、アリーヤヒラリー・ダフジェシー・マッカートニーリッキー・マーティンザ・コアーズルーサー・ヴァンドロスなど、数多くの著名アーティストの作品を手がけている[6]

また、クリスティーナ・アギレラや、ウィル・スミスメアリー・メアリー、ヨランダ・アダムスの作品を含め、幾度となくグラミー賞にノミネートされている[7]

ミュージシャンとして[編集]

クラーリは正規の音楽教育を受けたミュージシャンであり、演奏楽器はエレクトリック・ベースとオーケストラのパーカッションである。彼のミュージシャンとしての演奏は、松居慶子ウィル・スミスヒラリー・ダフヴァルデマール・バストスジェシー・マッカートニー、タチアナ・アリ、テディ・ペンダーグラスレイ・チャールズ、ジェニファー・ペイジ、ザ・コアーズの作品で聴くことができる。

彼の作曲は、 エリン・ボエーム(コンコード・レコード)や、サンズ・オブ・マン(BMG/ソニー)の作品および1999年のコメディ映画『ラヴ・スティンクス』のサウンドトラックで聴くことができる。

執筆業[編集]

2009年に初めての著作『ザ・エレクトリック・ベース・バイブル:ボリューム1・デクスタリティ・エクササイゼズ』が、チェリー音楽出版社から出版された。

また、バークリー音楽大学イリノイ大学、TAXI[8]グラミー・ミュージアムで講演を務めた経歴を持つ。

協会、組合[編集]

  • NARAS
  • オーディオ協会
  • アメリカ音楽家連盟
  • ギター・センター・プロ諮問員会[9]
  • コミッショナー(2011年、ウエストレイク・ポニー・ベースボール)
  • グレート・リープ基金役員会

ディスコグラフィ(抜粋)[編集]

  • 1989年: No Borders松居慶子)- エンジニア
  • 1990年: Wake Upシャラマー)- ミキシング
  • 1991年: Night Waltz松居慶子)- エンジニア
  • 1992年: Cherry Blossom松居慶子)- エンジニア、ミキシング、プログラミング、ドラム・プログラミング
  • 1993年: Little More Magicテディ・ペンダーグラス)- ドラム・プログラミング、エンジニア
  • 1993年: My Worldレイ・チャールズ)- ドラム・プログラミング、ミキシング、ドラムス
  • 1993年: Runaway Loveアン・ヴォーグ)- ミキシング, エンジニア
  • 1993年: Lethal Injectionアイス・キューブ)- ミキシング
  • 1993年: Doll松居慶子)- ドラム・プログラミング、プログラミング
  • 1993年: Everlasting Loveメアリー・メアリー)- 作曲/編曲/制作
  • 1994年: Lead and How to Swing Itトム・ジョーンズ)- ミキシング
  • 1994年: Mind Body & Songジェイド)- エンジニア、ミキシング、リミキシング
  • 1995年: Do You Wanna Ride?(アディーナ・ハワード)- ミキシング
  • 1995年: For Lovers Onlyテンプテーションズ)- ミキシング
  • 1996年: 1, 2, 3, 4 (Sumpin' New)クーリオ)- ミキシング
  • 1996年: Dream Walk松居慶子)- ドラム・プログラミング
  • 1996年: Mouse House: Disney's Dance Mixesディズニー)- プログラミング、アレンジャー、ミキシング、エンジニア、プロデューサー
  • 1996年: Most Requested Songs(ベニー・マードンズ)- ミキシング、ドラム・プログラミング
  • 1996年: I'm Movin' On(シーシー・ペニストン)- ミキシング
  • 1997年: Waterbed Hevヘヴィ・D)- エンジニア、ミキシング
  • 1997年: Greatest Hitsアムブロシアー)- ミキシング
  • 1997年: Love Always(ケー・シー&ジョジョ)- ミキシング
  • 1997年: Much Loveショーラ・アーマ)- ミキシング
  • 1997年: Foreverボビー・ブラウン)- ミキシング
  • 1997年: Men in Blackウィル・スミス)- 作曲/編曲
  • 1997年: Big Willie Style(ウィル・スミス)- ミキシング、ドラム・プログラミング
  • 1998年: Talk on Cornersザ・コアーズ)- ミキシング
  • 1998年: Last Shall Be First [Clean](サンズ・オブ・マン)- エンジニア、プロデューサー、ミキシング
  • 1998年: Jennifer Paige(ジェニファー・ペイジ)- ドラム・プログラミング、リミキシング
  • 1998年: Kiss the Sky(タチアナ・アリ)- プログラミング、キーボード、ミキシング
  • 1998年: Naked Without You(テイラー・デイン)- ミキシング
  • 1998年: Mi Respuestaラウラ・パウジーニ)- ミキシング
  • 1998年: They Never Saw Me Comin'(TQ)- ミキシング
  • 1999年: Millennium(ウィル・スミス)- 技術
  • 1999年: クリスティーナ・アギレラクリスティーナ・アギレラ
  • 1999年: "リッキー・マーティン"(リッキー・マーティン)- エンジニア
  • 1999年: "Ghetto Hymns"(デイヴ・ホリスター)- ミキシング、エンジニア
  • 1999年: "It's Real"(ケー・シー&ジョジョ)- ミキシング
  • 1999年: "Wild Wild West [US CD Single]"(ウィル・スミス)- ミキシング、エンジニア
  • 2000年: "Aijuswanaseing"(Musiq (Soulchild))- ミキシング
  • 2000年: "Love & Freedom"(ビービー・ワイナンズ)- ミキシング
  • 2000年: "Remix Plus"(クリスティーナ・アギレラ)- ミキシング
  • 2000年: "Sooner or Later"(ビビーマック)- ミキシング
  • 2001年: "Best of the Corrs"(ザ・コアーズ)- ミキシング、リミキシング
  • 2002年: "Black Suits/Nod Ya Head"(ウィル・スミス)- ミキシング、リミックス・プロデューサー、エンジニア、プロデューサー
  • 2002年: "Born to Reign"(ウィル・スミス)- エンジニア、プロデューサー、ミキシング、ギター、ベース
  • 2002年: "Emotional"(ケー・シー&ジョジョ)- ミキシング
  • 2002年: "From the Inside"(ラウラ・パウジーニ)- ミキシング
  • 2002年: "Greatest Hits"(ウィル・スミス)- リミックス・プロデューサー、エンジニア、ミキシング、プロデューサー
  • 2002年: "Twisted Angel"(リアン・ライムス)- ミキシング、エンジニア
  • 2003年: "American Idol Season 2: All-Time Classic American Love Songs"(オムニバス)- ミキシング
  • 2003年: "Best of the Corrs/Unplugged"(ザ・コアーズ)- リミキシング、ミキシング
  • 2003年: "Metamorphosis"(ヒラリー・ダフ)- ミキシング
  • 2003年: "Soulful"(ルーベン・スタッダード)- ミキシング
  • 2003年: Cherry Blossom松居慶子)- 作曲/編曲
  • 2004年: "American Idol Season 3: Greatest Soul Classics"(オムニバス)- ミキシング
  • 2004年: "Come Clean"(ヒラリー・ダフ)- ミキシング
  • 2004年: "Little Voice"(ヒラリー・ダフ)- ミキシング、リミキシング
  • 2004年: "You Made Me"(ジョシュ・トッド)- ミキシング
  • 2005年: "20th Century Masters - The Christmas Collection"(フォー・トップス)- エンジニア
  • 2005年: "Any Other Girl"(テモラ)- ミキシング
  • 2005年: "Live: Beautiful Soul Tour"(ジェシー・マッカートニー)- ミキシング
  • 2005年: "Ultimate Aaliyah"(アリーヤ)- ミキシング
  • 2006年: "Christina Aguilera/Stripped"(クリスティーナ・アギレラ)- ミキシング
  • 2006年: "What Love Is"(エリン・ボエーム)- 作曲
  • 2007年: "Collaborations"(ジル・スコット)- ミキシング
  • 2007年: "Naked Brothers Band [Bonus Tracks]"(ネイキッド・ブラザーズ・バンド)- ミキシング
  • 2007年: The Best of Me(ヨランダ・アダムス)[10]
  • 2007年: Moyo(松居慶子)
  • 2008年: The Sound(メアリー・メアリー)
  • 2008年: Bold Right Lifeキエラ・キキ・シェアード
  • 2008年: Best of Hilary Duffヒラリー・ダフ
  • 2008年: "In the Name of Love: Africa Celebrates U2"(オムニバス)- ミキシング
  • 2009年: "Skinny Jeanz and a Mic"(ニュー・ボーイズ)- ミキシング
  • 2010年: "Big Time Rush"(ビッグ・タイム・ラッシュ)- ヴォーカル・エンジニア、ミキシング
  • 2010年: "Charice"(シャリース・ペンペンコ)- ミキシング
  • 2010年: "Just Charlie"(チャーリー・ウィルソン英語版)- ミキシング
  • 2010年: シモレリ
  • 2010年: Too Cool To Care(ニュー・ボーイズ)
  • 2010年: The Road(松居慶子)
  • 2010年: ステラ・ムワンギ
  • 2011年: Hello Fearカーク・フランクリン
  • 2011年: HurtLoveBox(マーク・バラス)
  • 2011年: リズル・キックス
  • 2011年: Something Big(メアリー・メアリー)
  • 2011年: Shine On! Volume One(2011年9月30日リリース)[11]
  • 2011年: "American Idol: 10th Anniversary: The Hits, Vol. 1"(オムニバス)- ミキシング
  • 2011年: "Road..."(松居慶子)- ミキシング、エンジニア
  • 2011年: "Too Cool to Care"(ニュー・ボーイズ)- ギター(ベース)、Pro Tools、ミキシング、プロデューサー
  • リアン・ライムス
  • ルーサー・ヴァンドロス
サウンドトラック

グラミー賞[編集]

カテゴリー 楽曲/アルバム 分野 結果[12]
1996年 最優秀アルバム技術賞(クラシック以外) Q'sジューク・ジョイント 制作および技術 受賞(クインシー・ジョーンズ
1997年 最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞 メン・イン・ブラック ラップ 受賞(ウィル・スミス
1999年 最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム賞 マウンテン・ハイ・バレー・ロー R&B 受賞(ヨランダ・アダムス)
2000年 最優秀新人賞 クリスティーナ・アギレラ 全般 受賞 (クリスティーナ・アギレラ)
2009年 最優秀ゴスペル・アルバム賞 ザ・サウンド R&B ノミネート(メアリー・メアリー
2009年 最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞 メアリー・メアリー R&B 受賞(メアリー・メアリー
2009年 最優秀ゴスペル・アルバム賞 ボールド・ライト・ ライフ R&B ノミネート(キエラ・シェアード
2010年 最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞 レット・イット・ビー:ナティス・イン・ナッシュビル R&B ノミネート(ジョニー・マティス
2011年 最優秀ゴスペル・アルバム賞 ハロー・フィアー R&B 受賞(カーク・フランクリン
2011年 最優秀ゴスペル・アルバム賞 サムシング・ビッグ R&B ノミネート(メアリー・メアリー

著書[編集]

  • 『ザ・エレクトリック・ベース・バイブル:ボリューム1・デクスタリティ・エクササイゼズ』(2009年)

脚注[編集]

  1. ^ “The Biography of the Corrs in English”. ザ・コアーズ. http://www.geocities.co.jp/MusicStar/2373/corrs_e.htm 2011年6月30日閲覧。 
  2. ^ a b “Rob Chiarelli”. IMDB. http://www.imdb.com/name/nm0157046/ 2011年6月30日閲覧。 
  3. ^ a b “Rob Chiarelli: Mixer”. Music180. http://music180.com/pros/1489 2011年6月30日閲覧。 
  4. ^ a b “Robe Chiarelli: Ceo at Final Mix, Inc.”. LinkedIn. http://www.linkedin.com/pub/rob-chiarelli/11/124/3a5 2011年6月30日閲覧。 
  5. ^ a b Laskow, Michael. “Rob Chiarelli Interview”. Taxi.com. http://www.taxi.com/music-business-faq/ar/chiarelli.html 2011年5月28日閲覧。 
  6. ^ “Come and Mingle with Rob Chiarelli, Producer, Mixer, and CEO of Final Mix, Inc.”. Launch Mondays. (2010年3月18日). http://www.launchmondays.com/2010/03/rob-chiarelli-producer-mixer-ceo-of-final-mix-inc-los-angeles-california/ 2011年6月30日閲覧。 
  7. ^ “Rob Chiarelli (download needed)”. DocStoc. http://www.docstoc.com/docs/45883030/ROB-CHIARELLI---Engineer--Producer-Has-worked-with-artists-such 2011年6月30日閲覧。 
  8. ^ “Video: Advanced Record Production w/Rob Chiarelli, TAXI TV Live”. TAXI TV Live. (2010年6月21日). オリジナルの2012年10月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121019090100/http://www.ustream.tv/discovery/recorded/how-to-music?page=2&broadcast=3243683&top=day 2011年6月30日閲覧。 
  9. ^ “Guitar Center Introduces GC Pro Sales Division”. Business Wire. http://www.businesswire.com/news/home/20040316005267/en/Guitar-Center-Introduces-GC-Pro-Sales-Division 2004年3月16日閲覧。 
  10. ^ “Discography: Rob Chiarelli”. Final Mix. http://web.me.com/finalmix/Final_Mix,_Inc./Discography.html 2011年6月30日閲覧。 
  11. ^ Julian Lennon, Tin Cup Gypsy, Donna Burke, Mark Ballas, Maxi Priest, Wendy Parr, Monday Michiru, Amber Lily, Tierney Sutton, Rie Fu and Gordon Goodwin's Big Phat Band – Shine On! Songs Volume One”. Discogs (2011年10月7日). 2011年10月30日閲覧。
  12. ^ “Grammy Nominees and Winners”. Grammy.com. http://www.grammy.com/nominees 2011年6月30日閲覧。 

発展資料[編集]