ロブ・トムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロブ・トムソン
Rob Thomson
フィラデルフィア・フィリーズ コーチ #59
Rob Thomson 2011.jpg
ヤンキースでのコーチ時代(2011年)
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
出身地 オンタリオ州サーニア
生年月日 (1963-08-16) 1963年8月16日(54歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手三塁手
プロ入り 1985年 MLBドラフト32巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ロバート・ルイス・トムソンRobert Lewis Thomson, 1963年8月16日 - )は、カナダオンタリオ州サーニア出身の元プロ野球選手、野球指導者。2018年シーズンからはMLBフィラデルフィア・フィリーズのベンチコーチを務める。

経歴[編集]

1985年MLBドラフト32巡目(全体795位)でデトロイト・タイガースから指名を受け、プロ入り。4年間A級とルーキー級でプレー。1987年には投手も経験した。1988年に引退し、シーズン途中からタイガース傘下のマイナーチームでコーチに就任。

1990年ニューヨーク・ヤンキース傘下A級の三塁コーチに就任。

1998年、フィールド・コーディネーターに異動。

2000年、ヤンキースの選手育成ディレクターに就任。

2003年、マイナーリーグのヴァイスプレジデントに就任。同年11月にマイナーリーグのコーチに就任。

2006年9月27日トニー・ペーニャが父の死去に伴って休養をとったため、ヤンキースの一塁コーチに就任。4試合コーチを務め、10月1日にペーニャは復帰した。

2007年11月20日にヤンキースのベンチコーチに就任[1]

2008年4月4日タンパベイ・レイズ戦で監督のジョー・ジラルディが上部呼吸道感染症のため試合を欠場し、代行として指揮を執った[2]。試合は4対13で敗れた[3]。翌日の4月5日も監督を務め[4]、3対6で敗れた。オフの11月13日にヤンキースの三塁コーチへ異動した[5]

2015年1月12日にヤンキースのベンチコーチへ異動した[6]

2018年シーズンからはフィラデルフィア・フィリーズのベンチコーチを務める[7]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 59(2008年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Yankees announce 2008 coaching staff”. MLB.com Yankees Press Release (2007年11月20日). 2014年1月10日閲覧。
  2. ^ Rob Thomson #59 - Coaches & Staff List MLB.com
  3. ^ Kennedy, bullpen can't contain Rays MLB.com
  4. ^ Respiratory ills again sideline Girardi MLB.com
  5. ^ New York Yankees announce 2009 coaching staff”. MLB.com Yankees Press Release (2008年11月13日). 2014年1月10日閲覧。
  6. ^ Yankees announce coaches for the 2015 Season; Name Jeff Pentland, Joe Espada and Alan Cockrell to staff”. MLB.com Yankees Press Release (2015年1月12日). 2015年1月13日閲覧。
  7. ^ Todd Zolecki (2017年12月5日). “Phillies hire Thomson as bench coach” (英語). MLB.com. http://m.phillies.mlb.com/news/article/262731590/phillies-to-hire-rob-thomson-as-bench-coach/ 2017年12月7日閲覧。