ロヘリオ・フネス・モリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフネス第二姓(母方の)はモリです。
ロヘリオ・フネス・モリ Football pictogram.svg
Rogeliofunesmori.jpg
名前
本名 ロヘリオ・ガブリエル・フネス・モリ
Rogelio Gabriel Funes Mori
愛称 Mellizo, Fujimori,
El Pumita, Roger
ラテン文字 Rogelio Funes MORI
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1991-03-05) 1991年3月5日(28歳)
出身地 メンドーサ
身長 185cm[1]
体重 74kg[1]
選手情報
在籍チーム メキシコの旗 CFモンテレイ
ポジション FW
背番号 7
利き足 右足
ユース
2008 アメリカ合衆国の旗 ダラス
2008-2009 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 99 (35)
2013-2015 ポルトガルの旗 ベンフィカ 2 (0)
2013-2014 ポルトガルの旗 ベンフィカB 12 (13)
2014-2015 トルコの旗 エスキシェヒルスポル 29 (8)
2015- メキシコの旗 モンテレイ 50 (30)
代表歴2
2011 アルゼンチンの旗 アルゼンチン U-20 12 (4)
2012 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年3月19日現在。
2. 2012年10月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロヘリオ・ガブリエル・フネス・モリRogelio Gabriel Funes Mori, 1991年3月5日 - )は、アルゼンチンメンドーサ出身の元同国代表サッカー選手プリメーラ・ディビシオンCFモンテレイ所属。ポジションはフォワード

双子のラミロ・フネス・モリもサッカー選手で、現在はリーガ・エスパニョーラビジャレアルCFでプレーしている。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

フネス・モリは、アルゼンチンメンドーサ州メンドーサで生まれた。2001年に家族でアメリカ合衆国アーリントンへと引っ越し、双子のラミロ・フネス・モリと共にワークマン中学, アーリントン高校英語版へ通いサッカーをしていた。セントラル・ゴールド91というサッカーグループにラミロと共に数年所属。そこでロヘリオは、2008年にダラスカップトーナメントで40ゴールを記録し、チームは24勝2分1敗の成績で地区優勝とエリアファイナリストになった。また、チームの監督に1994 FIFAワールドカップ1998 FIFAワールドカップサッカーナイジェリア代表メンバーのウチェ・オカフォー英語版が務めていた。

スエノMLS英語版というテレビのコンテストで優勝すると、FCダラスからオファーが届きユースチームに入団した。

リーベル・プレート[編集]

フネス・モリは、2009年12月6日に1-3と敗戦したプリメーラ・ディビシオンCAベレス・サルスフィエルド戦でCAリーベル・プレートの選手として出場し、プロとしてのキャリアをスタートした。その年の最後2試合のホームラシン・クラブ戦とアウェーCAティグレ戦に出場し、ティグレ戦で初ゴールを決めた。

プレシーズンに伝統チームが参加するトルネオス・デ・ベラーノスペイン語版の1つ、マル・デル・プラタで行われたコパ・デサフィロでライバルのボカ・ジュニアーズ相手にゴールを決め3-1の勝利に貢献した。

2010年5月9日のクラウスーララシン・クラブ戦で、11試合ぶりにゴールを決めた。この試合は、わずか24分の間に3ゴールを決め、初のハットトリックを達成した。1-5と敗戦した最終戦のCAティグレ相手に唯一のゴールを決めた。

2010年アペルトゥーラの開幕CAティグレ戦でアリエル・オルテガのアシストから90分にゴールを決めて1-0で勝利した。また、同じチーム相手に3試合で3ゴール決めた。第3節CAインデペンディエンテ戦では、前半の間に2ゴールを決め3-2で勝利した。アルセナルFC戦で今季4ゴール目を前半に決め1-0で勝利した。このように序盤の間はコンスタントにゴールを重ねていったが、これ以降ゴールを決めることが出来ず、クラブ史上初の降格の瞬間に立ち会った。

翌年プリメーラB・ナシオナルの舞台では、第5節のCSDデフェンサ・フスティシアスペイン語版戦で初ゴールを決め、第7節のクラブ・デ・ヒムナシア・イ・エスグリマ・ラ・プラタ戦で2ゴール目を決めた。22日のスポルティーボ・デサンパラドススペイン語版戦では、自身と弟のラミロと共にゴールを決めるという特殊なケースを体験した。41年ぶりに開催されたコパ・アルヘンティーナのノックアウトステージでは、キルメスACCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロ相手に2ゴールを決め準決勝進出に貢献した。リーグ戦では、36日のCAボカ・ウニドススペイン語版戦での得点が通算4ゴール目にして最後のゴールだった。

B・ナシオナルの最終日では、後半頭にフェルナンド・カベナギと交代で出場すると、ヘディングでダヴィド・トレゼゲの1ゴール目をアシストした。ディフェンスをかわしマルティン・アギーレスペイン語版にボールを出すとアギーレが倒されPKを獲得するも、キッカーのトレゼゲが外してしまい得点には結びつかなかった。今度は相手と空中戦に競い勝つと、クロスを上げ再びトレゼゲのゴールをアシストと尽力した。2アシスト共にトレゼゲのゴールへ繋がった。

2012年プリメーラでの開幕CAベルグラーノ戦でPKを失敗し、チームは1-2で敗戦した。次戦のエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ戦では、2ゴールを決め2-0で勝利した。

ベンフィカ[編集]

2013年8月にプリメイラ・リーガSLベンフィカに5年契約で移籍。

2014年7月、買い取りオプション付きの1年契約でエスキシェヒルスポル期限付き移籍した[2]

モンテレイ[編集]

2015年6月にメキシコリーガMXCFモンテレイに移籍[3]。モレリアとの親善試合でデビューを果たし、91分に得点を挙げ、3-2で勝利した[4]

代表[編集]

U-18[編集]

2009年4月24日に双子のラミロ・フネス・モリと共に初招集された。ドロレススペイン語版で行われた初試合は1-0で勝利した。9月16日の試合で2キャップ目を記録した[5]。このカテゴリーで2試合プレーしたが、ゴールを決めることはできなかった。

U-20[編集]

セルヒオ・バティスタ監督の下、プンタ・デル・エステで行われるU-20国際大会に出場するメンバーに選ばれた。しかし、CAリーベル・プレートレオナルド・アストラーダ監督は、プレシーズンに帯同させるため参加を断った[6]

U-20代表としての初試合U-23フランス代表戦で2ゴールを決めた[7]

A代表[編集]

2012年9月10日にアレハンドロ・サベーラ監督の下、ゴイアニアで行われるブラジル代表とのスーペルクラシコ・デ・ラス・アメリカに向け初招集され[8]、19日に初キャップを記録した。

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

クラブ成績 リーグ カップ リーグ杯国際大会 通算
シーズンクラブリーグ 出場得点出場得点 出場得点 出場得点 出場得点
アルゼンチン リーグカップ リーグ杯 南米 通算
2009-10 リーベル・プレート プリメーラ 19 5 19 5
2010-11 25 4 25 4
2011-12 B・ナシオナル 21 4 3 2 24 6
2012-13 プリメーラ 9 5 9 5
総通算 74 18 3 2 77 20

タイトル[編集]

SLベンフィカ

脚注[編集]