ロベルト・プルッツォ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベルト・プルッツォ Football pictogram.svg
Roberto Pruzzo 1972.jpg
名前
ラテン文字 Roberto Pruzzo
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1955-04-01) 1955年4月1日(64歳)
出身地 クロチェフィエスキ
身長 178cm
選手情報
ポジション FW
ユース
1971-1973 イタリアの旗 ジェノアCFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1973-1978 イタリアの旗 ジェノアCFC 143 (57)
1978-1988 イタリアの旗 ASローマ 240 (106)
1988-1989 イタリアの旗 ACFフィオレンティーナ 13 (1)
代表歴2
1978-1982 イタリアの旗 イタリア 6 (0)
監督歴
1998-1999 イタリアの旗 ヴィアレッジョ
1999-2000 イタリアの旗 テーラモ
2000-2001 イタリアの旗 アレッサンドリア
2002 イタリアの旗 パレルモ
2004-2005 イタリアの旗 フォッジャ (アシスタント)
2005-2006 イタリアの旗 サンベネデッテーゼ (アシスタント)
2008-2009 イタリアの旗 SSDチェントブキ
2009 イタリアの旗 ジェノアCFC (ユース)
1. 国内リーグ戦に限る。年月日現在。
2. 年月日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ロベルト・プルッツォ(Roberto Pruzzo,1955年4月1日 - )は、イタリアリグーリア州ジェノヴァ県クロチェフィエスキ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。空中戦の強さを活かして多くのゴールを挙げ、同世代ではイタリア最高のストライカーの一人とされ、ASローマ最高の選手の一人とされる。プルッツォのキャリアにおいて、ハードワークをこなし、得点能力の高いセンターフォワードとして知られた[1]

選手経歴[編集]

クラブ[編集]

ジェノヴァ県クロチェフィエスキ出身で、1973年にジェノアCFCでプロデビューした。6シーズン在籍したジェノアでは、143試合57得点を記録し、1975-76シーズンにはセリエBで優勝し、そのシーズンのセリエBの得点王に輝いた。

1979年、当時のイタリア最高額となる移籍金3億リラASローマに移籍した。プルッツォは1980年代のイタリアで最も優秀なストライカーとなり、1982-83シーズンにセリエA制覇し、コッパ・イタリアも4度優勝を経験した。セリエA得点王に3度輝き、コッパ・イタリアでも得点王になった。ホームのオリンピコで行われたリヴァプールFCとのUEFAチャンピオンズカップ 1983-84決勝では、ゴールを挙げたがチームはPK戦で敗れた。

1986年のセリエA・USアヴェッリーノ1912戦において、イタリア人としては唯一となる1試合5得点を記録した。

1989年にACFフィオレンティーナに移籍した。チームのセリエA7位に貢献し、来シーズンのUEFAカップ出場権をかけた古巣ローマとのプレーオフでは、ロベルト・バッジョのアシストから決勝点を記録し、フィオレンティーナのUEFAカップ出場権獲得に貢献した[2]

代表[編集]

クラブでの実績にも関わらず、イタリア代表では1978年から1982年に6試合に出場したのみとなっている。イタリアで開催されたEURO1980のメンバーに選出され、イタリアは4位となり、1980 ムンディアリートにも出場した[3][4]1982 FIFAワールドカップは代表メンバーから外れ、出場できなかった[5]

指導者経歴[編集]

1990年代後半から指導者としてのキャリアをスタートさせ、ヴィアレッジョテーラモアレッサンドリアの監督を務め、フランコ・センシイタリア語版から新たにマウリツィオ・ザンパリーニがオーナーになったばかりのパレルモ でも監督を務めた。その後、フォッジャ、サンベネデッテーゼでアシスタントコーチを務めた。

2008年12月[6]から2009年3月まで、セリエDのアマチュアクラブのSSDチェントブキで監督を務めた[7]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ジェノアCFC
  • セリエB:1回 (1975-76)
ASローマ
  • セリエA:1回 (1982-83)
  • コッパ・イタリア:4回 (1979-80,1980-81,1983-84,1985-1986)

個人[編集]

  • セリエA得点王:3回 (1980-81,1981-82,1985-86)
  • コッパ・イタリア得点王:1回 (1979-80)[8]
  • ASローマ殿堂入り:2012[9]

脚注[編集]

  1. ^ Il personaggio: ROBERTO PRUZZO”. 2015年1月19日閲覧。
  2. ^ Il passato e' domani: Fiorentina in coppa Uefa” (Italian). Sport Mediaset. 2015年1月19日閲覧。
  3. ^ Roberto Pruzzo - National-Football-Teams.com
  4. ^ Nazionale in cifre: Pruzzo, Roberto” (Italian). figc.it. FIGC. 2015年4月22日閲覧。
  5. ^ Bearzot: 'Football is first and foremost a game'”. FIFA.com. 2017年3月9日閲覧。
  6. ^ “Pruzzo riparte dal Centobuchi” (Italian). La Roma 24. (2008年12月2日). http://www.laroma24.it/index.php?show=article&artid=514 2010年3月12日閲覧。 
  7. ^ “Bomber Pruzzo esonerato dal Centobuchi” (Italian). Il Tempo. (2009年3月28日). http://www.iltempo.it/sport/2012/12/12/bomber-pruzzo-esonerato-dal-centobuchi-1.221057 2010年3月12日閲覧。 
  8. ^ Italy - Coppa Italia Top Scorers”. RSSSF (2015年6月4日). 2015年6月15日閲覧。
  9. ^ Hall of Fame 2014: Ghiggia, Ancelotti, Voeller and Candela inducted”. asroma.it. 2015年4月22日閲覧。