ロベルト・リーフリンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロベルト・リーフリンク
RobertRiefling-OB.F06353e.jpg
基本情報
生誕 (1911-09-17) 1911年9月17日
出身地  ノルウェークリスチャニア
死没 (1988-07-01) 1988年7月1日(76歳没)
学歴 [[]]
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

ロベルト・リーフリンク(Robert Riefling, 1911年9月17日 - 1988年7月1日)は、ノルウェー出身のピアニスト[1][2]

経歴[編集]

ドイツからの移民の子としてクリスチャニアに生まれた。地元でニルス・ラルセンにピアノを師事し、1922年には地元のフィルハーモニー協会管弦楽団と共演。1925年に正式にデビューを果たした後、ドイツに留学し、カール・ライマーヴィルヘルム・ケンプエトヴィン・フィッシャーの各氏の薫陶を受けた。1936年にはコペンハーゲンで開催されたスカンジナヴィア音楽コンクールで優勝し、1938年にはイザイ・コンクールで六位入賞を果たした。

演奏活動の傍らで、1938年から教育活動も行うようになり、1941年には兄のライマー・リーフリンクと共にリーフリンク・ピアノ研究所を創設して1950年までそこで教えた。1950年からコペンハーゲンでピアノを教え、1967年から1973年までデンマーク王立音楽院のピアノ科教授を務めた。1973年からオスロに戻り、地元の音楽院の教授となった。1981年に引退。

オスロにて没。

脚注[編集]

  1. ^ bach-cantatas.com
  2. ^ [1]